[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 日本文学のブログ記事をまとめ読み! 全601件の11ページ目 | JUGEMブログ

>
日本文学
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

日本文学

このテーマに投稿された記事:601件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/12487/
日本文学
このテーマについて
日本に生まれた我々が、
最も身近な文学。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「utawo2009」さんのブログ
その他のテーマ:「utawo2009」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,10/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介   vol,10/19     こういう経過をたどって、本署から浦粕町へ連絡が有り、駐在所の巡査が一応大蝶丸を調べた。   その船はもう古いので、舳先の水切には無数の傷があったけれども、これが源太の船と衝突した跡だ、などと立証できる個所は無かった。   船長も一応尋問されたが、あたまから否定した。 「おらあ五番の澪木なんぞに近寄ったこたあねえ」 と船長は答えた。   「あの時は東京へ缶詰を送り出した帰りで...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.09 Fri 21:25

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,9/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学     ★全文紹介 vol,9/19     いしとは汝(なんじ)とかお前とか言うほどの意味であるが、厳太は怒って巡査駐在所へ行き、次に市の本署から、県の警察本部まで訴えに行った。   しかしどこでも彼のために動いてはくれなかった。   「証拠はあるのか」 とかれらは云った。   「大蝶丸だというはっきりした証拠があるなら取り調べてやるが、証拠の無いものはだめだ」   厳太は船を調べればわかると云った。大蝶丸の舳...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.09 Fri 21:16

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,8/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,8/19     厳太は船宿「千本」の忠なあこに発見され、その舟に助けられて帰った。   「あの穴場は深えからな」 と忠なあこは話を聞いて云った、 「とても機械を揚げるこたあ無理だな」   そして大蝶丸の事には触れなかった。   大蝶丸は町で一番大きな缶詰工場の持ち船であり、 「大蝶」の旦那は町で指折りの顔役であった。   「よし」 と厳太は自分に誓った、 「うんとふんだくってくれるぞ」 ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.06 Tue 18:55

三国志演義朗読第114回vol,6/11

JUGEMテーマ:日本文学   ユーザーさん、よく来てくれたねえ💓 (*´ε`*)チュッチュ ドゾーーーーーーーーーーー!! 🍶🍣🍸🍍👧📳💋チュ     三国志演義朗読第114回vol,6/11       動画リンク https://youtu.be/sQuj0YJfnzk             【 アスカミチル関連情報 】 👧💄㈘...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.06 Tue 18:16

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,7/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,7/19     「おーい」 と源太は叫んだ、 「ここに舟があるぞ、たのむよう」   エキぞスの音で大蝶丸だとわかった。 大蝶丸なら安心であった。   この辺が釣りの穴場で、いつも釣り舟が居るということを、大蝶丸の者なら知っているはずだから。   源太はじっと舟の変(か)わるのを待った。   けれども先方はまっすぐに近寄って来、突然、霧を押し分ける様にして、 源太の目の前にあらわれ、その大...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.05 Mon 22:13

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,6/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,6/19   お繁の父は源太といい、釣り船の船頭であった。 源太は鱸(すずき)釣りの名人で、どんな漁師も鱸釣りでは彼にかなわなかった。   ある年の事、某県の知事が来て、源太の船で鱸釣りをした。   知事はもと某省の大臣であり、魚釣りと俳句が巧いので知られていたが、一度で源太が好きになり、機械船、(発動機を備えた釣り船)を買って与えた。   源太がいかに鱸釣りの名人であったかということを、適切に表す言葉が在っ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.09.04 Sun 21:47

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,5/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,5/19   それは決して誇張ではなかった。 私もかなり前からお繁を知っていたし、道で会えばたいてい呼びかけたものである。   彼女はいつも垢だらけで、近くへ寄るとひどく臭かった。 それにもかかわらず、彼女の体の一部は信じられないほど美しかったのだ。   両の内股は少女期を抜けようとするふくらみをみせていた。 両股のなめらかな肌が合って、臀部へと続く小さな谷間は、極めて新鮮に色づいていたし、膝がしらから踵(くびす)...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.08.31 Wed 22:53

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,4/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,4/19     「鼠(えずみ)にかじられるぞ」 「つまんねえ」   お繁は肩をすくめ、それからそこへしゃがんだ。   すると垢じみた継ぎだらけの裾が割れて、 白い内股が臀の方まで露わに見え、私はうろたえて眼をそらした。 私は信じがたいほど美しいものを見たのだ。   繁あねは町じゅうでもっとも汚い少女だと言われていた。 親無しで家無し。   墓場に供えられる飯や団子を食う餓鬼、それがお繁で...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.08.30 Tue 19:42

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,3/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,3/19     「蒸気河岸(がし)の先生よ」 と云う声がした、   「釣れっかえ」 私は驚いて振り返った。   見渡す限り人影もなかったのに、突然そう呼びかけられたので、 振り換える拍子にタバコを落とし、それがあぐらをかいている膝の間に落ちたので、   取って棄てるまでに、腿と脛を慌てて叩いたりこすったりしなければならなかった。 そこにいるのは繁あねであった。   年は十二か三、多分十三...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.08.29 Mon 20:55

「青べか物語」『繁 (しげ ) あね』 vol,2/19山本周五郎・新潮文庫刊

JUGEMテーマ:日本文学   ★全文紹介 vol,2/19     この土地では松が育たないそうで、それは「堀の三本松が一本だけにされた報い」だともいわれているが、確かに、芳爺さんの家に近い、堀端にある老松の外に松らしい松は一本も見当たらなかった。   そのひねこびた松並木を挟んで、枯れた芦の茂みがところどころに見える、それらはみな沼か湿地で、川獺(かわうそ)や鼬(いたち)が棲んでいると言われ、私も川獺は幾たびか見かけたし、それを捕獲して毛皮屋へ売ってもうけようとしたこ...

「3分読むだけ文学通」新URL http://bungakutuu.net/   | 2022.08.27 Sat 20:10

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全601件中 101 - 110 件表示 (11/61 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!