• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

絵本紹介

このテーマに投稿された記事:2484件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/1258/
絵本紹介
このテーマについて
(田島征三さんの原画)
 絵本を通して心癒され、そんな絵本に出会えた感想や、作家さんや、本屋さん、イベントの感想を不定期に記録しています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「akizikan」さんのブログ
その他のテーマ:「akizikan」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

「あかいりんご」わたしの歴史

JUGEMテーマ:絵本紹介     こんにちは。ゆきです。   昨日は絵本のお話をしました。 久しぶりの絵本でなんだかはまりそうです。   学生で一人暮らし初期のころは、寂しさを紛らわすためによく本屋へ行きました。 少女漫画もよく買いましたが、スルーするつもりでいても必ず足を止めてしまう絵本コーナー。 学生なのであたりまえに貧乏でした。 絵本ってけっこう高くていいな〜と思ってもなかなか買えませんでした。   そんな貧乏な私がよく買ったのが350円くら...

わたしの時間〜今から育てる老後のたのしみ〜 | 2017.10.21 Sat 18:41

【絵本の紹介】「フレデリック」【193冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回はレオ・レオニさんの作品の中でも「スイミー」に並んで人気の高い「フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし」を紹介します。 作・絵:レオ・レオニ 訳:谷川俊太郎 出版社:好学社 発行日:1969年   有名な絵本ですから、内容もご存知の方が多いでしょう。 これもまた、レオニさんらしい哲学的物語です(そのせいで一部の読者からは敬遠されたりもしてるようですが)。   なじみ深い「アリとキ...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.21 Sat 11:42

私の「わすれられないおくりもの」

JUGEMテーマ:絵本紹介   こんにちは。ゆきです。   秋の夜長・・・といえば読書でしょうか・・・   私は幼いころから本が大好きで、読み始めたら本の世界に没頭してしまい、母からストップがかからないとやめられなくなるほどの読書家でした。 小学生の中学年。 周りの友達が「キャンディ キャンディ」に夢中になっているとき、私は文学全集などを読みあさるちょっと変な子供でした。 そのまま大人になってれば「文学少女」になれたかもしれないのですが、 周りの友達が小説等を読...

わたしの時間〜今から育てる老後のたのしみ〜 | 2017.10.20 Fri 19:17

【絵本の紹介】「わすれられないおくりもの」【192冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   命、愛、死……秋になると自然とそんなテーマの絵本を選びたくなります。 今回紹介するのは「わすれられないおくりもの」です。 作・絵:スーザン・バーレイ 訳:小川仁央 出版社:評論社 発行日:1986年10月10日   私は幼い頃、死ぬことが恐ろしくて気が狂いそうな時期がありました。 「死んだらどうなるのか」 どんな大人に尋ねても、納得のいく答えは返ってきませんでした。   「死...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.19 Thu 12:43

【絵本の紹介】「ぼちぼちいこか」【191冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   最初の子は慎重派、などと聞きますが、我が家の息子も、小さな頃からちょっと臆病なところがありました。 公園の遊具、風船、花火、掃除機、ドライヤー……変なものを怖がります。   それだけでなく、根気がないというか、失敗を自分で許せないようなところもあります。 積み木遊びも、少しでも崩れるとやめてしまうし、絵を描いていても、線が上手く引けないと怒るし。   このまま行けば完璧主義者になってしまう...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.18 Wed 13:20

【絵本の紹介】「ババールのこどもたち」【190冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   回を重ねて4回目、「ぞうのババール」シリーズを紹介しましょう。 いよいよババールも父親になります。 「ババールのこどもたち」。 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ 訳:矢川澄子 出版社:評論社 発行日:1974年12月30日   これまでのババールの活躍は、過去記事をご覧ください。   ≫絵本の紹介「ぞうのババール」 ≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」 ≫絵本の紹介「おうさまババール」 ...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.17 Tue 20:56

【絵本の紹介】「ババールのこどもたち」【190冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   回を重ねて4回目、「ぞうのババール」シリーズを紹介しましょう。 いよいよババールも父親になります。 「ババールのこどもたち」。 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ 訳:矢川澄子 出版社:評論社 発行日:1974年12月30日   これまでのババールの活躍は、過去記事をご覧ください。   ≫絵本の紹介「ぞうのババール」 ≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」 ≫絵本の紹介「おうさまババール」 ...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.17 Tue 13:28

【絵本の紹介】「ジュマンジ」【189冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   秋の長雨。 外に遊びに行くこともできず、家でゲームばかりしている子どもたちもいるかもしれません。 今ではゲームと言えばスマホなどの電子ゲームですが、双六に代表されるボードゲームの面白さは不滅だと思います。   ああいうのは、ちょっと工夫すれば自分で新しいものを作れるところがいいですね。 「もっと面白いゲームにならないかな」なんて考えながら。   そんな限りない空想を、オールスバーグさんが圧倒的な画力...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.16 Mon 12:44

【絵本の紹介】「げんきなマドレーヌ」【188冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回紹介するのは「げんきなマドレーヌ」です。 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス 訳:瀬田貞二 出版社:福音館書店 発行日:1972年11月20日   「パリの、つたの からんだ ある ふるい やしきに」 で始まる、世界中で大人気「マドレーヌ」シリーズの第一作。   内容に入る前に、まずは作者のベーメルマンスさんについて。 ベーメルマンスさんは1898年オーストリアで生まれます。 6歳...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.12 Thu 12:32

【絵本の紹介】「100万回生きたねこ」【187冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回は「愛と死」という普遍的なテーマを描いた大ロングセラー「100万回生きたねこ」を紹介します。 作・絵:佐野洋子 出版社:講談社 発行日:1977年10月20日   紹介など不要かもしれないくらい有名な絵本です。   「100万年も しなない ねこが いました」 「100万回も しんで、100万回も 生きたのです」   という、印象的なフレーズで始まる物語。 何度でも転生するという...

えほにずむの絵本棚 | 2017.10.05 Thu 12:22

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

おすすめ「絵本・児童書」

おすすめその1
(税込)
おすすめその2
(税込)
おすすめその3
(税込)
[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!