• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

絵本紹介

このテーマに投稿された記事:2923件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/1258/
絵本紹介
このテーマについて
(田島征三さんの原画)
 絵本を通して心癒され、そんな絵本に出会えた感想や、作家さんや、本屋さん、イベントの感想を不定期に記録しています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「akizikan」さんのブログ
その他のテーマ:「akizikan」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

【絵本の紹介】「あ」【325冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。 書籍のタイトル付けは、そのまま売れ行きに影響したりしますので、出版社側としては頭の悩ませどころです。 とにかく目に留まらなければいけないので、インパクトを重視してるようです。 攻め過ぎてわけわかんなくなってるタイトルを見てると、苦労されてるなあと思います(恥ずかしげもなく売れた本の二番煎じタイトルを付けてるのもあるけど)。 絵本はそのジャンルの性質上、あまりタイトルは捻らないようです。 ほとんどの作品が「内容そのまんま...

えほにずむの絵本棚 | 2019.07.05 Fri 17:03

【絵本の紹介】「あおいめくろいめちゃいろのめ」【324冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   昨年逝去された日本絵本界の長老・加古里子(かこさとし)さん。 「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズ、そしてたくさんの科学絵本。   加古さんの一切の妥協のない仕事によって完成された絵本はどれも子どもの心を捉えて離さないクオリティであり、私自身も子どもの頃に加古さん絵本に親しんできた一人です。   ただ、そんな面白い加古さん絵本の中にたった一冊、子どもの私にとってトラウマとなった作品が存...

えほにずむの絵本棚 | 2019.07.01 Mon 12:20

雨の木曜パーティー

JUGEMテーマ:絵本紹介   模写と言っていいのだろうか? おなじみダヤンを筆ペンで書いてみた。   似てるような似ていないような、微妙な猫が出現!   この、「雨の木曜パーティー」はもちろん雨の物語。 梅雨に合わせて平積みされている絵本に手が伸びた。   なぜ、木曜日にパーティーなのかは絵本を二度読んでも謎のまま。 このパーティーがいかに楽しいかは、何度読んでも良くわかる。   ダヤンの性格が垣間見れる作品。 ちょっと、頭の良い猫のようだ...

葉っぱ鳥のあれこれ | 2019.06.30 Sun 16:06

大好評の大人向け絵本『羊の島のレストラン』紙の本も発売です。

大好評の大人向け絵本『羊の島のレストラン』紙の本も発売です。もちろんお子様への読み聞かせにもどうぞ。 絵本カテゴリー新着1位に輝いた電子書籍はこちらです。   こんなにおいしいものはたべたことがない!ほしくさとはおおちがいだ〜・・・春夏秋冬、四つの季節に分かれた村をもつ島を舞台に、新しい友達や美味しい食べ物との出会いの物語。 人間らしさ動物らしさって何だろう。4匹の羊たちは新しい大好きに出会えるのでしょうか? 悩みながらも協力しあって美味しい料理をつくる羊たち。きっとこの本...

表現者として、私だからできることを | 2019.06.25 Tue 23:30

雨からはじまる「なぜ?」にこたえる

今日の東京は天気予報を裏切ってまさかの大雨。 せっかくの休日なのにとがっかりしつつ、 雨が弱まった隙を見て、 子ども達と散歩がてらスーパーへ。   3歳の娘が傘を振り回しながら言いました。   「あめってどこからふるのかなぁ?」   私は反射的に 「うーん、雨雲じゃない?」と答えてしまったんですが、   (ああ、イカンイカン、簡単に答えを教えてしまっては!) とすぐに思い直して、   「どこから降るのかなあ?」 「ねえ、お兄ちゃんはどこか...

思い出の絵本をツクロウ | 2019.06.23 Sun 01:40

【絵本の紹介】「ロッタちゃんとじてんしゃ」【323冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   はじめて自転車に乗れた日のことを覚えていますか? 私は今でもはっきり覚えてます。 息子は6歳に近い5歳ですが、まだ自転車には乗れません。 というか、自転車そのものがない。   公園なんかでよその子が小さい自転車(ペダルのないやつ。正式名称不明)に乗ってたりすると、息子は近づいて行ってちょっかいを出します。 ちょっと借りて練習させてみますが、練習嫌いの息子はすぐにやめてしまいます。 ちなみに、三輪車はあった...

えほにずむの絵本棚 | 2019.06.20 Thu 12:57

【絵本の紹介】「だいちゃんとうみ」【322冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   今回紹介するのは、太田大八さんの「だいちゃんとうみ」です。 作・絵:太田大八 出版社:福音館書店 発行日:1979年8月1日(こどものとも傑作集)   海辺の村での夏休みの思い出を素朴に描いた作品です。 特に大きな事件が起こるわけではないのですが、非常に印象に残るロングセラー絵本です。   舞台となっている長崎県大村町は、太田さんが子どもの頃育った土地であり、主人公の「だいちゃん」は作者自身だと...

えほにずむの絵本棚 | 2019.06.17 Mon 10:31

夜の絵本屋『七夕と星の絵本』軽食付き読み聞かせ会

「子どもたちが帰った後、静かになった絵本屋に灯がともる。 そこでは大人たちが集まり、よなよな絵本を読むという... 夜の絵本屋、きんだあらんどへようこそ。」 閉店後の18時半から、大人限定の読みきかせの会を開きます。 第一回目となる今回は、『七夕と星の絵本』。 なつかしの星座表で、今どこに星があるのか、七夕の星がどこかをみながら、 七夕や星の絵本を、一緒に楽しみませんか? 軽食には、CHIERiYAさんのヘルシーでおいしい、 おばんざいorベトナムサンドイッチ(バインミー)をご用意。 夜の...

絵本屋きんだあらんどの船員ブログ | 2019.06.15 Sat 12:14

【絵本の紹介】「たまご」【321冊目】

  こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。   無限の解釈可能性を内包した絵本というものは数多くあります。 余分な表現を削っていく作業の末に、そうした作品が生まれます。   無意味なカット、冗長なテキストを切り捨てた末に、文そのものを失くし、物語の核だけを残した絵本。 それが今回紹介するガブリエル・バンサンさんの「たまご」(L’OEUF)です。 作・絵:ガブリエル・バンサン 出版社:ブックローン出版 発行日:1986年10月20日   前述...

えほにずむの絵本棚 | 2019.06.13 Thu 11:57

ちらりと見え隠れするお父さんを探せ!ー『とうさんまいご』五味太郎 作

こんにちは! 絵本担当Sです。 月曜恒例、#絵本紹介 の日です。   今日のオススメ絵本は、  📖『とうさんまいご』     ぼくがおもちゃを けんきゅうしているうち… いつのまにか とうさん まいご   はぐれてしまったお父さんを探してデパートをまわる男の子。 お父さんの背広や帽子を見つけて、 「いた、いた」とページをめくると… あれ、ちょっと違う?? 切り抜きのアイデアが楽しいしかけ絵本です。     ...

思い出の絵本をツクロウ・Café de Lien*の小さな絵本屋さん | 2019.06.12 Wed 23:51

このテーマに記事を投稿する"

< 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 >

全1000件中 121 - 130 件表示 (13/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!