• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

童話

このテーマに投稿された記事:117件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c218/8685/
童話
このテーマについて
久々に童話を読むと、意外と内容を忘れていて新鮮ですよね。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「jac-chair」さんのブログ
その他のテーマ:「jac-chair」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治童話全集 11 より - 賢治童話の集大成

一、午後の授業 教室で先生は、星図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指して、みんなに問をかけました。カムパネルラが手をあげます。ジョバンニも手をあげようとしますが急いでやめました。 この頃ジョバンニは、教室でも眠く、どんなこともわからないという気持ちがするのでした。それを察した先生は、ジョバンニに、質問に答えさせようとしますが、彼は答えることができませんでした。ザネリが笑います。 しかしジョバンニは、確かに答えを知っていました。カムパネルラのお父さんの博士の家で雑誌を見た...

'ものがたり'散策 | 2018.02.14 Wed 09:27

『雁の童子』 宮沢賢治童話全集 11 より - 西域異聞三部作の代表作

一人旅のわたしは、流砂(るさ、タクラマカン砂漠)の南の泉で昼の食事をしていると、ひとりの巡礼のおじいさんが、やっぱり食事のためにそこへやって来ました。わたしは黙って軽く会釈をしました。 わたしは食事が済んでも、孤独な旅を思うと、にわかに老人との別れを惜しみ、ふと泉のほとりに祠があるのを見つけ、それを老人に尋ねます。 すると、老人は、それは雁の童子を祀ったものと言うので、引き続きわたしは、その童子の話を聞きました。 巡礼の老人は語ります。それは昔話のような話だと言います。 沙車(さ...

'ものがたり'散策 | 2018.02.06 Tue 18:28

『グスコーブドリの伝記』 宮沢賢治童話全集 11 より - 願望の物語、賢治の目指した理想自我

一、森 ブドリとネリの兄妹は、名高い木こりのナドリの子として、森の中の家で成長します。 ブドリが十歳のネリが七歳の夏と、その翌年の夏、続けて冷害になり、稲が実らず、飢饉となります。父と母は子供らに食料を残して家を出ました。 それから二十日も過ぎた頃、飢饉を救いに来たという男が現れて、町でパンを食べさせてやるからと、ネリだけを連れて森を去りました。ブドリもあと追いますが、疲れて倒れてしまいます。 二、てぐす工場 ブドリが目を開けると、てぐす(てぐす糸をとるための大型の蛾)工場を立...

'ものがたり'散策 | 2018.02.03 Sat 18:50

宮沢賢治童話全集 10 ポラーノの広場 リンク

『イーハトーボ農学校の春』 宮沢賢治童話全集 10 より - 賢治と音楽 『イギリス海岸』 宮沢賢治童話全集 10 より - 一連の随筆風農学校もの 『ある農学生の日誌』 宮沢賢治童話全集 10 より - 『グスコーブドリの伝記』序章 『耕耘部の時計』 宮沢賢治童話全集 10 より - 初々しい新しい農業の担い手 『ポラーノの広場』 宮沢賢治童話全集 10 より - 賢治の私塾「羅須地人協会」の理想 JUGEMテーマ:童話

'ものがたり'散策 | 2018.01.29 Mon 18:36

『ポラーノの広場』 宮沢賢治童話全集 10 より - 賢治の私塾「羅須地人協会」の理想

前十七等官レネーオ・キュースト著、宮沢賢治訳述。 その頃、わたし、キューストは、モリーオ(盛岡?)市の役所の博物局に勤めておりました。俸給は安くとも、好きな仕事でしたので、たいそう愉快に働きました。 その頃、モーリオ市では、競馬場を植物園に改装することになり、その敷地は、いっとき役所のものとなったので、わたしは早速、宿直という名目で届けを出し、そこに山羊一匹を飼い独居を始めます。 一、にげた山羊 五月の最後の日曜日、にげた山羊を探しに出かけ、わたしは山羊を捕まえてくれた、十七歳の...

'ものがたり'散策 | 2018.01.28 Sun 21:09

『耕耘部の時計』 宮沢賢治童話全集 10 より - 初々しい新しい農業の担い手

一、午前八時五分 農場の耕耘部の農夫室には、農夫たちが食事を済ませ、仕事の準備をしていました。そこへ新入りとして、赤シャツの若くて血色のいい男が入ってきて農夫長に指図を受けました。 若い農夫は農夫長に脱穀の器械は八時三十分から動くから今すぐ向かえと言われます。若い農夫は、ふと、部屋の正面にかけてある舶来の上等らしいりっぱな柱時計をみました。 若い農夫は右腕を上げて自分の腕時計と見比べてその柱時計は自分の腕時計と比べて十五分進んでいるなとつぶやきます。若い農夫は自分の腕時計を合わせようと...

'ものがたり'散策 | 2018.01.23 Tue 20:40

『ある農学生の日誌』 宮沢賢治童話全集 10 より - 『グスコーブドリの伝記』序章

「ぼくは農学校の三年になったときから今日まで三年の間のぼくの日誌を公開する」という形式で、大正14年4月1日から、昭和2年8月21日までの出来事が物語られます。 「序」では、「どうせぼくは字も文章も下手だ。ぼくと同じようにほんきに仕事にかかった人でなかったら、こんなもの実にいやな面白くもないものにちがいない」と述べられます。 そんな自身の仕事に重ね合わせ、本当の仕事が地味で野暮であること、しかし、それを軽蔑するのは卑怯であること、そんな卑怯な行為を世界からなくしてしまおうではないかと語られま...

'ものがたり'散策 | 2018.01.21 Sun 18:41

『イギリス海岸』 宮沢賢治童話全集 10 より - 一連の随筆風農学校もの

夏休みの十五日の農場実習の間に、私たちがイギリス海岸とあだ名をつけて、二日か三日ごとに遊びに行ったところがあります。 場所は、北上川の西岸で、本当は海岸とは呼べませんが、イギリスあたりの白亜の海岸を歩いているようです。 わたしたちの学校は、そこに臨海学校などの機会を設けることができずにいたので、ぜひそこをイギリス海岸と呼びたかったのです。 また、第三紀と呼ばれる地質時代の終わり頃、そこは海の渚だったところのようで、ここを海岸と呼んでも何の不足があるでしょう。 私たちは、今年三度目...

'ものがたり'散策 | 2018.01.19 Fri 18:26

『イーハトーボ農学校の春』 宮沢賢治童話全集 10 より - 賢治と音楽

春の明るい太陽の日差しが降り注ぎ、太陽マジックのうたは、もう青空いっぱいひっきりなしにごうごう鳴っています。 実習服を着た、わたしと農学校生徒は、堆肥小屋で汲み上げた堆肥を、ふたりひと組になって、下台の実習田に運びました。 その際、安全のため、急な崖は避けて道を選びました。そして肥を麦にかけると、今度は崖を登り近道して帰っていきます。 あたりは、柳の木でも樺の木でも、燐光の樹液がいっぱい脈を打っています、と物語は結ばれます。 一連の農学校もののひとつに数えられます。童話という...

'ものがたり'散策 | 2018.01.17 Wed 18:29

宮沢賢治童話全集 9 風の又三郎 リンク

『北守将軍と三人兄弟の医者』 宮沢賢治童話全集 9 より - 賢治が物語る理想的な人の生き死に 『税務署長の冒険』 宮沢賢治童話全集 9 より - 探偵ものへの興味、複雑な人間観 『種山ヶ原』 宮沢賢治童話全集 9 より - 続、村童スケッチ 『風の又三郎』 宮沢賢治童話全集 9 より - 数々の村童スケッチの集大成 JUGEMテーマ:童話

'ものがたり'散策 | 2018.01.15 Mon 18:42

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全117件中 1 - 10 件表示 (1/12 ページ)

おすすめ「絵本・児童書」

おすすめその1
(税込)
おすすめその2
(税込)
おすすめその3
(税込)
おすすめその4
(税込)
おすすめその5
(税込)
[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!