[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 歴史のブログ記事をまとめ読み! 全3,460件の18ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

歴史

このテーマに投稿された記事:3460件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c43/682/
このテーマに投稿された記事
rss

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

縄文の隻眼信仰・その3 〜片目のシャーマン

JUGEMテーマ:歴史   その2から続く   《6》シャーマンのイニシエーション  文化人類学の古典ともなっている『生と再生〜イニシエーションの宗教的意義』(堀一郎訳 東京大学出版会1971年刊)の中で著者のミルチャ・エリアーデは、イニシエーションの3つのケースをあげています。 ?少年から成人へ移行させる目的で社会成員すべてに義務付けられた儀礼 ?秘密結社などへの加入を目的とし個人的に、または比較的小集団で行われる儀礼 ?呪医やシャーマンなどの宗教的職能者の地位を取得するための儀...

アルカイック・ハウス | 2023.05.28 Sun 23:31

尾張、信長探訪記 その4桶狭間

JUGEMテーマ:歴史   翌日、午前中は別件で半田に出向いていたので、昼から桶狭間に行くことにしました。まずは桶狭間の南にある「大衆鰻の店 うな大」でひつまぶしを食べました。折角なので、一番大きいのを頼みました。まる一匹のメニューでした。熱田神宮に有名な鰻屋さんがあるそうですが、結構高くて並ばないといけないらしくて、もう少し手頃がところがいいと思っていたので、ちょうどいい具合でした。うまかった。    

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.05.27 Sat 20:16

ウクライナ独立派は親日?

JUGEMテーマ:歴史   ゼレンスキー大統領の来日、そして、原爆資料館での記帳報道をきっかけにウクライナの歴史に関心を持つ人が増える状況にある。 ウクライナに関する歴史書については、とりあえずの歴史書として「物語 ウクライナの歴史 ヨーロッパ最大の大国」(黒川祐次)がある。 この本の中に、ウクライナ独立派と日本軍との接触があったことを示す記述があるので転載させていただく。ゼレンスキーが比較的親日なのは、血筋的にウクライナ独立派の一派と考えると説明がつきそうだ。   //////////...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2023.05.27 Sat 15:02

織田信秀はやっぱり天文18年に死んだに違いない

JUGEMテーマ:歴史   織田信長の父、織田信秀が死んだのは、1552年(天文21年)だと言われています。葬儀がその年の3月3日にあったからです。しかし一般に後世に書かれた資料では1552年(天文21年)ではなく、1549年(天文18年)3月3日とされることが多いのです。江戸時代の『織田系図』や『寛政重修諸家譜』などの系図類、そして小瀬甫庵『信長記』によるものです。実際に信秀が臨終した日はよくわかりません。『信長公記』には年代は記されず、3月3日に葬儀あったとのみ記されています。死因は流行病でした。 &nbs...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.05.24 Wed 23:21

善通寺へ

月初めに香川の善通寺へ行ってきました。弘法大師空海生誕の地です。 今年は空海さんが生まれて1250年だそうです。様々特別展も開催されており、香川県立ミュージアムの空海展も一緒に行きました。 空海さんは関西にいると時々名前が出てくるので親しみがある反面、人間離れした、何だか空想の人物のように感じていましたが、今回展覧会で直筆の書物を見たり、生まれた場所へ行ったりしてみると、本当に生きていた人なんだと初めて感じました。改めて興味が沸いたのでまたいろいろ調べてみたいです。 五重塔も特別公...

いなはら鍼灸院 | 2023.05.23 Tue 14:10

縄文の隻眼信仰・その2 〜シャーマニズムとイニシエーション

JUGEMテーマ:歴史   その1からの続き   タイトルに使用した“隻眼信仰”という言葉は少々不正確すぎたかもしれません。 言いたかったのは、縄文が呪術性の高い世界だとするなら、土偶や人面装飾の片目やひとつ目を通じて縄文人たちが“見よう”としていたのは「神」の姿でばなかったのかという思いが私の中に強いからです。 もちろんこれは私の単なる“妄想”でしかない面が強いのですが。   《4》「トランス」と「エクスタシー」  前回紹介した『縄文土偶ガ...

アルカイック・ハウス | 2023.05.21 Sun 00:37

ダヴィンチコードを感じるビール

ジャケ買いキーリングのコーナーからオーダー頂いた、マルタ共和国のチスクビール。 色々あるラインナップの中でも、かっこいいデザインのビールだと思います。  

ガロンのハンドメイドとアトリエの日常 | 2023.05.19 Fri 18:01

歴史観構築の一手法

JUGEMテーマ:歴史   「歴史の方法」(色川大吉)という本にて、民衆史研究者による歴史観構築手法が示されている。 見出しの一部はこうなっている。   //////////////////////////////////   二 歴史における価値認識 ー歴史叙述の方法(一)ー なぜ歴史理論が必要か 全体像への志向 歴史家の禁欲と価値意識 典型的人物の発掘 根拠地への開眼 冒頭の一句と詩的イメージ   三 歴史像の構成の仕方 ー歴史叙述の方法(二)ー 全体像の把握 史料の価値選定ー史料批判 歴史...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2023.05.18 Thu 09:06

言い触らし団右衛門

Audibleアプリ内を「司馬遼太郎」で検索、『言い触らし団右衛門』が引っ掛かった。ずいぶん前に読んだな。あんまり面白くなかったような記憶だが、ナレーターは『開運!なんでも鑑定団』でお馴染みの銀河万丈だもん。銀河万丈の野太い声質は塙団右衛門にピッタリ適役でしょ。再び読んで…聴いてみよ。聴きながら昔のブログを探ると… 2011.02.11 Friday 武士は大きい名前が良いから、ばん!だん!右衛門。『言い触らし団右衛門』は加藤嘉明 (<1:彡) の元家臣、塙団右衛門直之を主人公にした短編小説である。口...

漫画を読む。 | 2023.05.15 Mon 07:15

縄文の隻眼信仰・その1 〜人面把手2例

JUGEMテーマ:歴史   顔面(人面)装飾とは、土器の縁に付けられた人の顔を象った装飾部のことを指します。 人面把手(じんめんとって)とも言うようです。 今からちょうど1年前の2022年5月5日の『ウインクする土偶』という記事で隻眼(片目)の土偶と人面装飾を扱いました。 その後『縄文土偶ガイドブック』(三上徹也著 新泉社 2014年刊)ではそれ以外に3つの“片目”が紹介されています(p.153 図35)が、そのうちの2つを見ることができたので、あらためて考えてみたいと思います。   《1》武蔵...

アルカイック・ハウス | 2023.05.14 Sun 23:32

このテーマに記事を投稿する"

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

全1000件中 171 - 180 件表示 (18/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!