[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 歴史のブログ記事をまとめ読み! 全3,020件の14ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

歴史

このテーマに投稿された記事:3020件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c43/682/
このテーマに投稿された記事
rss

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

私戦の刑を適用されるべき歴史上の人物

JUGEMテーマ:歴史       真珠湾攻撃は山本五十六の私戦だとする説がある。     真珠湾攻撃は山本五十六の私戦だった? http://gendaishi.jugem.jp/?eid=126     私戦だとすると現在の法律ではどういう扱いとなるのか。 イスラム国関係で刑法第93条「私戦予備および陰謀」適用者が初めて発生した。   私戦予備・陰謀罪の解説 https://hamakado-law.jp/blog/news/442   刑法の趣旨に従うと、大東亜戦争にて、私戦の刑で裁かれる可...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.19 Wed 06:28

小説「坂の上の雲」が果たした役割

JUGEMテーマ:歴史   「坂の上の雲」あたりなどの、歴史小説を読まれている方は、明治・大正時代の歴史的事実に一切の疑義を持たないかもしれない。 歴史家も含め、あの小説のイメージのまま、あの時代を眺めているような気がする。 が、どうも重要な事実が、あの小説の背後に隠れているような気がする。 司馬遼太郎の小説は、明治維新と富国強兵策、日清・日露戦争時代までは肯定的、大東亜戦争については懐疑的視点である。 なぜ、そう決め打ちするのか?そういう疑問を持つのである。 また、明治維新での天...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 06:21

ヨハンセングループは外国の手先だった?

JUGEMテーマ:歴史 決定的証拠は伴っていないが、「吉田の生母の情報が全く不明、生母の氏名、出自が全く不明な総理大臣と言うのは、憲政史上吉田ただ一人」なのだそうだ。 吉田茂と言えば、戦中はヨハンセングループのメンバーだったが、「ユダヤは日本に何をしたか」(渡部悌治)によれば、英国のエージェントだったことが知られている。その吉田茂は、戦後は、マッカーサーの手下として、皇室破壊工作をデザインした人物のようだ。 吉田茂は戦前は英国のエージェント、戦後はアメリカのエージェントに...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 06:19

白洲次郎 一体何者なのか?

JUGEMテーマ:歴史   白洲次郎の情報を集めてみた。 歴史書に書かれているものと大違いである。 白洲次郎の正体が何であるのか、出自において、経歴において、戦前そして戦後において、調べ直す必要はないのであろうか? 白洲次郎本、テレビ番組として企画された白洲次郎ドラマは、一体誰が工作したものなのか、そういうところの調査も必要だろうと思うのである。     白州次郎は白州家の養子、ウオーバーグのエージェント説は確か? http://blog.goo.ne.jp/thinklive/e/5b537ed57d3972f34bca41f...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 06:10

『 英国機密ファイル 白洲次郎 隠された履歴 』で紹介されたGHQ民生局文書の存在

JUGEMテーマ:歴史    『 英国機密ファイル 白洲次郎 隠された履歴 』にてGHQ民生局文書の中で、白洲次郎のことが書かれているそうだ。     //////////////////////////////////   http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/50282676.html   今月号の文芸春秋(2007年12月号)に、  『 英国機密ファイル 白洲次郎 隠された履歴 』 という記事が掲載されました。  (徳本栄一郎さんという方が書かれています) ◎白洲次郎の国内コネクション  ...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 06:05

「戦前の白洲次郎」は戦後にやった程度の口利きをした可能性はないのか?

JUGEMテーマ:歴史   戦後、白洲次郎は、吉田茂の養父が所属した、ジャーデイン・マセソンの代理人として暗躍したことが、「英国機密ファイルの昭和天皇」(徳本栄一郎)の227〜229頁に書いてある。   //////////////////////////////////   人物の目利きとして白洲は、晩年までそのスタイルを貫き通したようだ。 その彼の人脈、判断力を求めたのが、戦後、日本に進出した英国系企業だった。そして、それが様々の事件や軋轢を生んだのだった。 日本製鉄の広畑製鉄所売却も、その一つだ...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 06:01

西園寺公一という人物 ダーテイな謎だらけ?

JUGEMテーマ:歴史     西園寺公一についてはゾルゲ事件の逮捕者として知られている。 「大東亜戦争とスターリンの謀略」(三田村武夫)にゾルゲ事件の摘発が遅れた理由が書いてある。   /////////////////////////////////////   136〜138頁   何故成功したかー謀略配置の問題に関連して、斯くの如き謀略が何故成功したかに付き一見しなければならない。   その第一は、思想犯事件の内容を総て秘密にして来たことである。前編で述べた三月事件、十月事...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.16 Sun 05:53

アヘン戦争の目的

JUGEMテーマ:歴史   「実録 アヘン戦争」(陳舜臣)によると、アヘン戦争の目的は二つあったとされる。     //////////////////////////////////   不義の戦い   たとえば日本の高校の世界教科書にも、アヘン戦争について、 ー清国の変則的貿易形式を打破するために、イギリス商人のアヘンが焼きすてられたのを口実に、イギリスが宣戦を布告した。 といった記述がみられる。 公行のみを通じる貿易形式は、あるいは変則かもしれない。だが、それを打破するのが、戦争の主...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.15 Sat 13:38

奈良東大寺再建に尽力した人達のために造られた「岸見の石風呂」

国指定重要有形民俗文化財 岸見の石風呂     今回は、山口県山口市徳地岸見にある重源上人ゆかりの「岸見の石風呂」をお届けします。   とても山深い場所に岸見の岩風呂があります。   文治2年(1186)俊乗房重源上人が奈良東大寺再建大勧進として、佐波川上流から用材を運んだとき、大変な難作業で病人やけが人が大勢出たため、治療・保養ために石風呂を各地に造らせました。   岸見の石風呂もその一つで、石風呂の中天井には梵字が書かれています。   平重衡の南都...

なかすからお届けデス | 2022.01.15 Sat 09:37

山本五十六のものの見方・考え方

JUGEMテーマ:歴史   山本五十六は、戦略的に稚拙な真珠湾攻撃、ミッドウエー海戦を主導、自ら立案した作戦どおりでないと辞任すると脅してまで作戦実施を迫り、実現した。 真珠湾攻撃それ自体は成功したかに見えるが、戦争忌避指向だったアメリカ国民が一体化、アメリカ人から見て、日本および日本人は憎悪の対象となった。 ミッドウエー海戦は、島と空母両狙いは作戦的にそもそも無理筋。それ以降は好んで消耗戦を主導、ボロ負け。特攻出撃の遠因となった。 戦争をどう幕引きするか考えず、山本五十六は自分の作戦...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2022.01.14 Fri 15:11

このテーマに記事を投稿する"

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

全1000件中 131 - 140 件表示 (14/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!