[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 歴史のブログ記事をまとめ読み! 全3,460件の14ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

歴史

このテーマに投稿された記事:3460件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c43/682/
このテーマに投稿された記事
rss

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

明智光秀と織田信長の邂逅は幼少期だった? その1

JUGEMテーマ:歴史   織田信長の美濃攻めでは、明智光秀は登場しません。美濃の明智城の城主の親族だったと言われる光秀ですが、そのころは越前国にいました。長良川の戦いでは光秀は斎藤道三について戦いますが、敗者となります。主城の明智城は斎藤義龍の家臣、長井道利によって攻められ光秀は辛くも逃げ出します。光秀は明智城の親族の一人だと思われますが、確信できる一次資料はないようです。明智光秀をすこし調べようと『明智光秀と斎藤利三(桐野作人 著 宝島社新書)』を読んで見ました。    

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.08.10 Thu 22:48

北条時宗

私に対して神風(台風)を当てるのはヤメロ! ヤメテクダサーイ!   ダブル台風が来てるんだが、果たして私は今年度の元寇史跡巡りに行けるのか? ええい、狼狽えるな! この『北条時宗』を読んで落ち着くんだ! NHK大河ドラマ『北条時宗』の原作をさいとう・たかをがコミカライズした歴史漫画である。物語序盤は第五代執権北条時頼が主人公で何やら一族内で争っている。皆んな北条さんだし分家も多いので、家系図を確認しながら読まないと親戚の誰さんと戦っているのか理解が難しい。他の北条本と併読して、ようやく薄...

漫画を読む。 | 2023.08.10 Thu 07:09

男の肖像

『男の肖像』は古代ローマ史やイタリア史といった歴史小説で有名な塩野七生の作品である。実はあんまり塩野七生を読んだ事がない。何故ならば、私は西洋史に関心がないからだ。じゃあ、何でコレを読んだよ? ふふふ。ソレは塩野七生が北条時宗を語っているからだ。時宗を辛口批評というか、「斬る!(kill?)」とばかりにズタボロに書いているのではないかと危惧していたところ、意外や意外。時宗の武力防衛を高く評価していた。NHK大河ドラマ『北条時宗』以前の随筆らしいが、欧米にウケる日本のテレビ番組を製作するとしたら、「北...

漫画を読む。 | 2023.08.07 Mon 06:59

古代信仰の馬 〜紀伊風土記の丘夏期企画展

JUGEMテーマ:歴史   和歌山の紀伊風土記の丘資料館において夏期企画展『紀伊の地を馬が駆ける』が開催されています(〜9/3まで)。 日本列島に馬がもたらされたのが1500年程前の古墳時代中期とされます。 和歌山ではいくつかの遺跡で馬にかかわる遺物が比較的多く発見されることから、今回の展示もそのような特徴をアピールする目的があるようです。 《1》紀伊の「牧」  会場に入るとすぐ目の前に馬の全身骨格(東大阪・日下遺跡出土)が展示されています。  生物的な構造を知るための骨格標本ではなく、...

アルカイック・ハウス | 2023.08.07 Mon 00:20

稲葉山城の戦いを考える4 美濃攻略の地図2犬山城

JUGEMテーマ:歴史   織田信長が西美濃に侵攻した翌年の1562年(永禄5年)に、犬山城の城主だった織田信清が信長に反旗を翻します。信清は信長の父、織田信秀の弟織田信康の息子でした。信秀は清洲城の織田大和守家の奉行でしたが、信康は尾張の北東にある犬山城の城主で、岩倉城の織田伊勢守家の織田信安の後見役をしていました。信康は1544年(天文13年)の斎藤道三と戦った加納口の戦いで討ち死にし、息子の信清が犬山城を引き継ぎます。    

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.08.02 Wed 21:45

稲葉山城の戦いを考える3 美濃攻略の地図1

JUGEMテーマ:歴史   織田信長の美濃攻略を地形図的に理解したいと思い、城や武将の位置を確認しつつ、侵攻から攻略までを年代ごとにわかりやすくしたいと思いました。名古屋と岐阜あたりのGoogleマップを使い、信長が侵攻していく様をまとめてみました。まずは西美濃攻略の地図を作って見ました。 桶狭間の戦いの翌年1561年(永禄4年)5月13日に信長は西美濃に侵攻します。斎藤義龍が5月11日に死んだためです。長良川の戦いから5年後のことでした。義龍は病死だと言われていますが、信長は義龍の死期が近いこと...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.07.31 Mon 21:46

「異界」ということ・その2 〜その恐ろしさ

JUGEMテーマ:歴史   その1からの続き   《4》異界の多層性  小松さんは講演の中で“場”としての異界を網羅した図を使用されています。 「天上(天)、海上、海底、地底、山中」といった場所は、ふつうは「他界」とか「あの世」と呼ばれて自己(エゴ)とはもっとも遠いところにあります。 記紀(古事記、日本書紀)に登場する黄泉の国は、古墳の中に埋もれた石室内のような地下他界を思わせますし、姥捨山(うばすてやま)の昔話は単に口減らしのための悲惨な伝承というだけでなく山を「あの世、極楽」...

アルカイック・ハウス | 2023.07.31 Mon 01:09

稲葉山城の戦いを考える2 長良川の戦いと鶉田の戦い

JUGEMテーマ:歴史   稲葉山の戦いを整理していたら、その前の長良川の戦いが気になったので、少し整理してみました。1556年(弘治2年)4月に行われたものです。道三が、庶長子でしたが長男の義龍に家督を譲った後、次男の孫四郎と三男の喜平次をかわいがるようになり、弟たちは義龍を侮るようになります。義龍は仮病を使い、道三が城にいない隙を狙って、叔父(もしくは長兄)の長井道利を使わしても弟二人を呼び出します。そして二人を酔わせた後、寵臣の日根野弘就が二人を太刀で撫で斬りにして殺してしまいます。これ...

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.07.25 Tue 21:14

修験者の副業

JUGEMテーマ:歴史   古代、修験者たちが宗教的行為以外に何をビジネス的に得意としていたのか、言及した本がある。該当箇所から転載させていただく。   ////////////////////////////////// 「古代の鉄と神々」真弓常忠   修験者の呪術   修験道はその発祥の根源にさかのぼるとき、このように鉱物資源と密接に関わっていることが判明する。してみると、修験道は、じつは高山幽谷に鉱床や鉄砂を求めて探査して歩いた、採鉱者集団の宗教ではなかったか。かれらがきびしい苦行・練行...

にきみたまの道 日本史探訪 | 2023.07.25 Tue 17:01

稲葉山城の戦いを考える1 稲葉山城の戦い

JUGEMテーマ:歴史   桶狭間の戦いで今川を破った織田信長の次のターゲットは美濃でした。美濃といっても、まずは尾張北部の美濃方の勢力を駆逐することが手始めでした。美濃の斎藤道三は、信長にとって岳父でしたが、1555年に息子の斎藤義龍と戦い討ち死にしました。そのとき、美濃は信長に譲ると述べたと言われています。今川を打ち破り三河徳川家康と同盟して、東からの脅威が薄らいだとき、信長は北に向かい美濃に侵攻を開始したのです。  

上高地 仁の真・百斤の黄金 | 2023.07.21 Fri 19:42

このテーマに記事を投稿する"

< 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 >

全1000件中 131 - 140 件表示 (14/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!