• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オペラ

このテーマに投稿された記事:798件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c61/6927/
オペラ
このテーマについて
オペラ関連のことについて。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「prima44118」さんのブログ
その他のテーマ:「prima44118」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

オペラ歌手男女各1名募集、締切12/10。風の丘HALL2月公演。#オペラ歌手募集

風の丘HALLvol.50公演で、男女各1名 歌手募集! *************** 出演公演は、2020年2月1・8日14時開演 風の丘HALL公演 となります。以下詳細。 役は補佐として 見習いバーテンダー(男性Tn.orBr.) 見習いグリゼット(女性Sp.orMs.)   *各1曲 自由選曲によるアリア **************** 小空間オペラvol.50 Franz Lehár メリーウィドゥ 日本語上演 飯田裕之座長公演 音楽監督・ピアニスト 巨瀬励起 ...

風の丘ひとりごと | 2019.12.01 Sun 18:51

フィラデルフィアの蝶々、ヤマドリがプリンス

来年の4〜5月、ソプラノの中村恵理さんが、アメリカのフィラデルフィアで蝶々さんを歌うそうです。初役(ロール・デビュー)だそうですよ。(オペラ・フィラデルフィア) 「オペラ・フィラデルフィア」というのが、どういう団体なのか、よく分からないのですが・・・。 バリトンの大西宇宙さんがヤマドリ役で共演するのですが、サイトの配役には「Prince Yamadori」と書かれている。ヤマドリがプリンス?ヤマドリってプリンスだったのか?!

ふくきち舞台日記 | 2019.11.29 Fri 23:48

椿姫、飽きたみたい

JUGEMテーマ:オペラ 一番好きなオペラというと真っ先に思い浮かぶのが《椿姫》だったのですが、最近、飽きてしまったみたいなんです。見ても感動しなくなった。本当にたびたび見てきた演目ですから、むしろ「今までよく飽きなかった」と言えなくもない。 ああ、ここが良くない、あそこが駄目、と減点法のように舞台を見ている。昔だったら、ここがすごい、あそこに感動した、と加点式だった気がする。 それでも、新しい興味の対象が次々に登場するので、困るわけではないのだけれど。

ふくきち舞台日記 | 2019.11.29 Fri 00:32

フランス人オペラ歌手

JUGEMテーマ:オペラ フランス人のオペラ歌手って、あまり出てこないじゃないですか。ずいぶん前、パリのCD屋に行ったら、ロベルト・アラーニャとナタリー・デセイのポスターがデカデカと張ってありました。他に誰かいましたかねえ?パトリシア・プティボンは、私はほとんど聞いたことがない。アニック・マシスはとても好きでした。バリトンではルドヴィック・テジエがいますね。みんなお年ですね。 アラーニャの録音を聞いていると、この美しいフランス語の発音は誰にも真似できないなと思う。(フランス人が聞いても本...

ふくきち舞台日記 | 2019.11.24 Sun 21:29

オペラカッフェマッキアート58《マリア・ストゥアルダ》

JUGEMテーマ:オペラ 今日は新宿のガルバホールで《マリア・ストゥアルダ》を見てきました。二期会オペラ研修所の第58期牧川クラス修了生が立ち上げた「オペラカッフェマッキアート58」の主催公演でした。 このオペラに接するのは、ずいぶん久しぶりのことでした。私はむかし、ベルリン国立歌劇場で見たことがあり、事前にいろいろ予習したものでした。CDもいくつか持っているのですが、時間がなくて、その後なかなか聞きませんね。今日は懐かしいメロディが満載で感動しました。名前はよく見かけるけれど聞く機会のなか...

ふくきち舞台日記 | 2019.11.24 Sun 20:45

ロッシーニ 「ランスへの旅」 ペーザロ 1999

今日はロッシーニの「ランスへの旅」を映像で鑑賞しました。ルカ・ロンコーニの演出、ダニエーレ・ガッティ指揮ボローニャ市立歌劇場管弦楽団によるペーザロ・ロッシーニ音楽祭での演奏、1999年の収録です。   この年、ペーザロでは「ランスへの旅」が3回上演されています。8月8日、12日、20日となりますが、これは最終日に収録されたものと考えられます。演奏前に、メリベーア侯爵夫人の交代がアナウンスされるのですが、それが8月20日となるからです。   https://www.rossinioperafestival.it/archivio/anno...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.11.24 Sun 00:20

2020年2月1日8日風の丘復活☆オペレッタ「メリーウィドゥ」日本語上演

JUGEMテーマ:オペラ オリンピック文化プログラム千葉 として 4月から開催される音楽芸術祭のプレステージ前夜祭として 風の丘HALLでオペレッタを上演。 日本語上演で大人の恋を描きます。 オペレッタはミュージカルの前身です。ワイン片手に鑑賞。素敵な大人の時間をお過ごしください。      オリンピック文化プログラム 》》OneStageOneChiba2020》》 リベラルアーツフェス2020 プレステージ☆前夜祭☆   小空間オペラvol.50 レハール「メリー ウィドゥ」 日本語...

風の丘ひとりごと | 2019.11.21 Thu 18:06

ベートーヴェン 「フィデリオ」 ウィーン国立歌劇場 2019

今日はベートーヴェンの「フィデリオ」を映像で鑑賞しました。オットー・シェンクの演出、アダム・フィッシャー指揮ウィーン国立歌劇場による演奏、今年2019年4月の収録です。   ウィーン国立歌劇場でのオットー・シェンクによる「フィデリオ」となれば、定番中の定番と言えるのではないでしょうか。そうなると、興味は自ずと歌手陣に移ります。「アラベラ」のヴァルトナー伯爵で好演を聞かせてくれたヴォルフガング・バンクルが、ここではロッコ役にて芸達ぶりを発揮していました。   他の歌手陣も好演してい...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.11.17 Sun 18:00

ブリテン 「グロリアーナ」 イングリッシュ・ナショナル・オペラ 1984

今日はブリテンの「グロリアーナ」を映像で鑑賞しました。コリン・グラハムの演出、マーク・エルダー指揮イングリッシュ・ナショナル・オペラによる演奏、1984年の収録です。   過日鑑賞した「ロベルト・デヴリュー」つながりで、「グロリアーナ」を観たくなりました。序曲から第2幕にかけては華やかさがあります。ことに第2幕では多彩さが際立ち、エリザベス?世戴冠の祝賀に書かれたオペラというのもうなずけます。ただし、第1幕の後半には厳しさがあり、それは第3幕になって顕著となります。   この第3幕の...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.11.16 Sat 20:55

《ドン・パスクワーレ》あれこれ

JUGEMテーマ:オペラ ドン・パスクワーレが、70歳にして突然なぜ結婚を思い立ったのかと言うと、自分の築いた莫大な財産をどうしようかと考えたからでしょう。どうやら甥っ子は遺産を相続させるに値しなさそうだ。だから若い奥さんをもらって自分の子をもうけようと思ったわけだ。 それにつけても、エルネストの不甲斐なさはどうだろう。「当てが外れて遺産がもらえなくなったから、君と結婚できなくなっちゃったよ」と嘆く情けないアリア。あの歌詞にわざわざメロディーをつけてみようと思う気持ちが分からない。あれは...

ふくきち舞台日記 | 2019.11.13 Wed 00:40

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全798件中 31 - 40 件表示 (4/80 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!