• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オペラ

このテーマに投稿された記事:794件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c61/6927/
オペラ
このテーマについて
オペラ関連のことについて。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「prima44118」さんのブログ
その他のテーマ:「prima44118」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

ヴェルディ 「マクベス」 MET 2014

今日はヴェルディの「マクベス」を映像で鑑賞しました。エイドリアン・ノーブルの演出、ファビオ・ルイージ指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2014年10月11日の収録です。   METHDの「マクベス」となると、2008年のレヴァイン指揮によるものが衝撃的な印象を残しました。それまでMETのオーケストラには、オペラには合っても大味と感じることが多々ありました。ところが、その「マクベス」では、前奏曲を聞いた瞬間から、ヴィルティオーゾオーケストラの仲間入りをしたと思えたのです。それは同時に、初めてレヴァイン...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.06.02 Sun 16:50

ロッシーニ 「ラ・チェネレントラ」 グラインドボーン 2005

今日はロッシーニの「ラ・チェネレントラ」を映像で鑑賞しました。サー・ピーター・ホールの演出、ウラディミール・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団による演奏、2005年6月2、4日グラインドボーンでの収録です。   ピーター・ホールの演出となると、極めて伝統的なものとなります。写実的とでも言えば良いのでしょうか。しかし、それゆえに、妙に生々しい話に見えてしまいます。つまり、夢のお伽噺というよりは、現実がワイドショーで曝け出されているような趣です。   例えば、ドン・マニ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.06.01 Sat 17:50

2019年度総会を開催:サポート会員会費サービス等を改正・是非ご利用ください!#風の丘#TRIADE#オペラ#会員#改正

酷暑の5月下旬、みなさま、お元気ですか。 こんな急にアツくなると、心配です。 運動会が無事終わってくれることを祈りますね。 さて、外の暑さに比べ、風の丘HALLは、鉄筋コンクリート造のため、 まだひんやり涼しい室内の中。サポートの皆様とともに 2019年度の総会を5月25日に開催しました。 来年20周年を迎えるTRIADE(風の丘HALL)ですが 今年は、その新しい10年へ向けた世代交代、 つぎの時代へ送ることを目標に掲げて行くことになりました。 そこで、名称も改め今年より 風の丘TRIADEサポートメンバーシィプ ...

風の丘ひとりごと | 2019.05.27 Mon 19:20

ロッシーニ 「セビリアの理髪師」 グラインドボーン 2016

今日はロッシーニの「セビリアの理髪師」を映像で鑑賞しました。アナベル・アーデンの演出、エンリーク・マッツオーラ指揮ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団による演奏、2016年6月21日グラインドボーンでの収録です。   「セビリアの理髪師」、正直に言うと、この作品の良さが今もってよく分かりません。そして、その理由も全く分かりません。ロッシーニのブッファならば、「ラ・チェネレントラ」はとても好きな曲ですが、「セビリアの理髪師」となると、今もって「挑戦する」と身構えてしまう自分がいます。 &nbs...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.05.26 Sun 21:45

ロッシーニ 「湖上の美人」 ロイヤル・オペラ 2013

今日はロッシーニの「湖上の美人」を映像で鑑賞しました。ジョン・フルジェームズの演出、ミケーレ・マリオッティ指揮ロイヤル・オペラによる演奏、2013年5月27日の収録です。   過日、METの「湖上の美人」を映像で鑑賞しましたが、エレナ(ジョイス・ディドナート)、ジャコモ5世(ファン・ディエゴ・フローレス)、マルコム(ダニエラ・バルチェッローナ)という主たる配役が同一であり、しかも指揮者が同じとなっています。METが2015年の収録でしたので、このロイヤル・オペラの演奏はその2年前となります。  ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.05.25 Sat 16:35

「この曲がいいね」と君は言ってないけど、今日はみんなのD.G.記念日

JUGEMテーマ:オペラ   この表題のとおりに、 本日は「Don Giovanni記念日」略して「D.G.記念日」。 えっ、「全然略せていない上に語呂が悪い」って? 私のような凡人には、この程度のひらめきが限界です。 そうした才能は、 原作のロレンツォ・ダ・ポンテ先生にお任せすることにいたしましょう。    今から231年前の今日に、 偉大なる作曲家モーツァルト自身の手によって、本作は初演された。 この初演を元にして、さまざまな形式で敷衍され、 その時々の観客の嗜好や世相に寄り...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.05.24 Fri 23:20

ドン・ジョヴァンニの肖像――チェーザレ・シエピ

JUGEMテーマ:オペラ   多くの人に幾百年の時を経て愛聴され続ける「ドン・ジョヴァンニ」。 その映像化作品は数多あれど、 やはり名盤といえばこれだろうと思う。 最晩年のフルトヴェングラーが指揮を務め、 今なお「20世紀が生んだ最高のバス」と呼ばれ不動の人気を誇る、 チェーザレ・シエピを主演に据えるという、まさに最強の布陣をそろえている。     今こうして改めてスクリーンで観ても、これが名作と呼ばれるにふさわしい理由が分かる。 確かにカメラワークや演出には時...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.05.24 Fri 22:42

愛しのマリウシュ・クヴィエチェン

JUGEMテーマ:オペラ   最近になって、突然にオペラをこよなく愛するようになった。 これまでの人生の中で何度もオペラを観る機会に恵まれながら、 それを穿って来たっていうのに。     私にとってオペラっていうのは序曲がすべてで、その内容に惹かれたことなんてなかった。 「だって、話の筋がくだらくない?  あと、日本人が好きっていうアリアは軒並み受け付けない」。 そうずっと思っていたのに、ある日それが変わってしまった。その理由はこの人にあって、   ...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.05.24 Fri 19:16

モーツァルト 「フィガロの結婚」 ロイヤル・オペラ 2006

今日はモーツァルトの「フィガロの結婚」を映像で鑑賞しました。デイヴィッド・マクヴィカーの演出、アントニオ・パッパーノ指揮ロイヤル・オペラによる演奏、2006年2月13日、17日の演奏です。   序曲からパッパーノの指揮はヴィブラートを抑え、古楽器的な趣で快速に飛ばしていきます。第1幕以降も、アリアでもスピード感があるため、「歌劇」というより「音楽をともなった演劇」を観ている感が強くなります。   序曲からパントマイムでストーリーを展開するなど、この演劇的な要素はマクヴィカーの演出にも...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.05.19 Sun 13:10

シュトラウス 「ばらの騎士」 MET 2010

今日はリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」を映像で鑑賞しました。ナサニエル・メリルの演出、エド・デ・ワールト指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2010年1月9日の収録です。   METのHDでは「ばらの騎士」がこれまで2回放映されています。最初が2010年のメリルの演出、2回目が2017年のロバート・カーセンの演出によるものです。ともに元帥夫人はルネイ・フレミングですが、最初の他の配役がスーザン・グラハム、クリスティーネ・シェーファーということもあり、よりMET的(エンターテイメント的)な美しさがあ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.05.18 Sat 15:45

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全794件中 101 - 110 件表示 (11/80 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!