• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オペラ

このテーマに投稿された記事:794件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c61/6927/
オペラ
このテーマについて
オペラ関連のことについて。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「prima44118」さんのブログ
その他のテーマ:「prima44118」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

マリウシュ・クヴィエチェン降板に寄せて、

JUGEMテーマ:オペラ   今朝、何気なくtwitterのTLを追っていたら、唐突に目に飛び込んで来たこのニュース。 「マリウシュ・クヴィエチェンが膝の怪我のため松本フェスティバルを降板」とのこと。 そのリンク元にも記述がありますが、今月上旬に出演したバイエルン国立歌劇場の 『フィガロの結婚』の公演中に負傷した膝を手術し、その療養のための降板だそう。   ただ、こちらの既報では「マリウシュ・クヴィエチェンは病気による降板」とされ、 さらには「7月下旬の『愛の妙薬』で復帰する予...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.07.24 Wed 23:32

ロッシーニ 「オリー伯爵」 藤原歌劇団 2014

今日はロッシーニの「オリー伯爵」を映像で鑑賞しました。松本重孝の演出、デニス・ブラセンコ指揮東京フィルハーモニー交響楽団による演奏、2014年1月31日、東京文化会館での収録です。   題名役にシラグーザを迎えており、もはや独壇場と言えるでしょうか。それでも、ランボー、教育係といった男衆を巧みにまとめ上げていることは流石です。アデルの佐藤美枝子がシラグーザと渡り合っていることも特筆すべきでしょう。   シラグーザが日本語で「分かった、分かった」、(イゾリエの名を当てる際に)「ちょっ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.24 Wed 22:20

プッチーニ 「蝶々夫人」 二期会 2014

今日はプッチーニの「蝶々夫人」を映像で鑑賞しました。栗山昌良の演出、ダニエーレ・ルスティオーニ指揮東京都交響楽団による演奏、2014年4月26日、東京文化会館での収録です。   冒頭の弦楽器によるフーガ、とても分離が良いのですが、ここから期待が高まりました。プッチーニのスコアは濃厚さがあると思いますが、それも充分に愉しめました。ルスティオーニの指揮も、第3幕の前奏で顕著であったように、明快さとタメが流麗に奏でられていました。カーテンコールで、オーケストラのメンバーから盛大な拍手を受けている...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.21 Sun 18:30

運命のメヌエット

JUGEMテーマ:オペラ   昨日の記事で、実母との関係性について触れたけれど、 これまでだって彼女と私のそれは決して悪いものではなかったと思う。 私たち兄弟を育てる時分において、 誰も反抗期を迎えなかったのは彼女にとって誇らしいことだったようだし、 その兄弟の中で最も音楽的影響を受けたのは、ほかならぬ私だからだ。   先日、私と母のどちらも大好きな「名曲アルバム」を見ながら、 その曲に関する四方山と共に並々ならぬ感想を母親にぶつけてしまった。 普段は他人の話に碌...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.07.20 Sat 01:47

プッチーニ 「ジャンニ・スキッキ」 ロス・アンジェルス 2015

今日はプッチーニの「ジャンニ・スキッキ」を映像で鑑賞しました。ウッディ・アレンの演出、グラント・ガーション指揮ロス・アンジェルス・オペラによる演奏、2015年9月24日・10月3日の収録です。   ウッディ・アレンによる演出ということで、スパイスが効いたシニカルな笑劇になるだろうと身構えていました。身構えるといっても不安ではなく期待をこめてのことです。確かに細かい仕掛けは随所に散りばめられていますが、最後にスキッキがツィータに刺されて死ぬこと以外、伝統的な演出の一種となるのではないでしょうか...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.20 Sat 00:15

ヴェルディ 「ナブッコ」 MET 2017

今日はヴェルディの「ナブッコ」を映像で鑑賞しました。エライジャ・モシンスキーの演出、ジェームズ・レヴァイン指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2017年1月7日の収録です。   レヴァインは既に歩行困難になっており、指揮台は地下からのエレベーター、椅子も電動式となっています。インタービューでもパーキンソン病の兆候を窺うことができるでしょう。HDでは、この後、同年3月の「イドメネオ」、10月の「魔笛」のみとなっています。   「ナブッコ」は、歌手陣の力量、濃厚なオーケストラ、そして分厚い...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.15 Mon 12:35

ヴェルディ 「ドン・カルロ」 ザルツブルク 1986

今日はヴェルディの「ドン・カルロ」を映像で鑑賞しました。ヘルベルト・フォン・カラヤンの演出ならびに指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団による演奏、1986年ザルツブルク音楽祭での収録です。   「ドン・カルロ」は5幕版、所謂「モデナ版」を好んでいますが、4幕版にも素晴らしい記録がありますね。サンティーニの旧盤、ムーティ盤、そしてこのカラヤン盤がその代表格となるでしょうか。サンティーニ旧盤は、まさに「ドン・カルロ」を聴く醍醐味があり、ムーティ盤は、ゼッフィレッリの豪華絢爛な舞台とスカラ座...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.14 Sun 10:40

「誰も寝てはならぬ」(寝たいとは言ってない

JUGEMテーマ:オペラ   さっき母親に「母さん、俺殺っちゃったよ……」から続く全歌詞をメールで送ったら、 すぐさま返信を寄越して来た。 「いくらQueenが好きだからって、こんな時間にやめなさいね。  あなたは洒落にならないんだから」と書いてありました。 我が母の中で、私は一体どんな位置付けなのか。 ちなみに、自分の名誉のために言っておきますが、もちろん前科はありません。 ね!ん!の!た!め! ええ、Queenが好きです。その中でも"Bohemian Rhapsody"は、殊更...

起臥のならいにオペラがあれば | 2019.07.13 Sat 20:58

カーライル・フロイド 「スザンナ」 サンフランシスコ 2014

今日はカーライル・フロイドの「スザンナ」を映像で鑑賞しました。マイケル・カヴァナーの演出、カレン・カメンセク指揮サンフランシスコ歌劇場による演奏、2014年9月の収録です。   フレミングとラメイによる「スザンナ」の映像は遺されているでしょうか。存在しなくても嘆くのはやめることにしました。こうして、代替品といっては失礼になるような立派な「スザンナ」の映像があるのですから。   前奏曲では、舞台で年老いた女性がライフルを持っています。そして、第1幕が近づくと、背中合わせでパトリシア...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.07 Sun 16:55

ブリテン 「ピーター・グライムズ」 MET 2008

今日はブリテンの「ピーター・グライムズ」を映像で鑑賞しました。ジョン・ドイルの演出、ドナルド・ラニクルズ指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2008年3月16日の収録です。   ピーター・グライムズは有罪なのか無罪なのか。分かりません。プロローグでの徒弟について無罪ならば、孤児のジョンについても無罪でしょう。しかし、両方ともに有罪であるかもしれません。   しかし、ブリテン(とピーター・ピアーズ)にとっては、それは重要なことではなかったのかもしれません。それゆえに、明確な答えを用意...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.07.06 Sat 00:35

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全794件中 81 - 90 件表示 (9/80 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!