• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

オペラ

このテーマに投稿された記事:737件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c61/6927/
オペラ
このテーマについて
オペラ関連のことについて。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「prima44118」さんのブログ
その他のテーマ:「prima44118」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ロッシーニ 「タンクレディ」 シュヴェツィンゲン 1992

今日はロッシーニの「タンクレディ」を映像で鑑賞しました。ピエール・ルイジ・ピッツィの演出、ジャンルイジ・ジェルメッティ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団による演奏、1992年の収録です。   「タンクレディ」には悲劇的に終わるフェラーラ版とハッピーエンドのヴェネツィア版の二種がありますが、これは前者の演奏となっています。これは素晴らしいエンディングであり、大げさに言えば「トリスタンとイゾルデ」を彷彿させるような厳粛な趣があります。   ところが、アンコールとしてジェルメッティの紹...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.09.15 Sun 11:55

ロッシーニ 「アルジェのイタリア女」 ザルツブルク 2018

今日はロッシーニの「アルジェのイタリア女」を映像で鑑賞しました。モーシュ・ライザーとパトリス・コーリエの演出、ジャン・クリストフ・スピノジ指揮アンサンブル・マテウスによる演奏、2018年8月14、16、19日、ザルツブルクでの収録です。   冒頭、指揮者答礼の拍手が終わらないうちにアルジェの港町の音と声が聞こえてきます。そして、序曲が始まるとムスタファとエルヴィーラの滑稽な営みが演じられ、エルヴィーラはヤケ食いさえしています。   このように冒頭から風刺が効いた演出となっていますが、タ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.09.14 Sat 09:35

スメタナ 「売られた花嫁」 MET 1978

今日はスメタナの「売られた花嫁」を映像で鑑賞しました。ジョン・デクスターの演出、ジェームズ・レヴァイン指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、1978年11月21日の収録です。   レヴァインらしい陽気な指向性が見事に合致した演奏であり、テレサ・ストラータス、ニコライ・ゲッダ、マルッティ・タルヴェラ、そしてジョン・ヴィッカースといった名歌手とともに愉しい舞台となっています。   それにしても、なんと豪華な歌手陣でしょう!タルヴェラとヴィッカースとなれば、もっと重厚な作品に素晴らしい歌唱...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.09.08 Sun 08:50

ボロディン 「イーゴリ公」 MET 2014

今日はボロディンの「イーゴリ公」を映像で鑑賞しました。ディミトリ・チェルニアコフの演出、ジャナンドレア・ノセダ指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2014年3月1日の収録です。   冒頭の解説で、ドナルド・キーンが「不思議なイーゴリ公」と評していましたが、鑑賞してみると、METライブビューイング史上、最も難解な放映と思えました。レヴァイン指揮による「トリスタン」と双璧を成します。(いずれも映像を駆使した演出であることは偶然でしょうか。)   序曲はなく第1幕となり、全体的に暗く思い雰...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.09.07 Sat 18:10

ワーグナー 「ワルキューレ」 スカラ座 2010

今日はワーグナーの「ワルキューレ」を映像で鑑賞しました。ギー・カシアスの演出、ダニエル・バレンボイム指揮ミラノ・スカラ座による演奏、2010年12月7日の収録です。   バレンボイム2回目となる「ニーベルングの指環」の収録は、3年かけて行ったためでしょうか、バイロイトの際と異なり、主たる歌手陣が作品によって異なってきます。「リング」としての統一感はバイロイトに一日の長があるとしても、スカラ座盤は単独作品としても充実感があるように思えます。多分に、バレンボイムの円熟が加わってのことでしょう。 ...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.09.01 Sun 11:40

ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 チューリッヒ 2004

今日はワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を映像で鑑賞しました。ニコラウス・レーンホフの演出、フランツ・ウェルザー-メスト指揮チューリッヒ歌劇場による演奏、2004年6月の収録です。   レーンホフの演出が細部まで行き届いている印象があり、ことにミヒャエル・フォレによるベックメッサーの歌唱と演技は特筆すべきでしょう。なお、第3幕での「目覚めよ!」では、ベックメッサーも一緒に歌っていることは珍しい演出となるでしょうか。   なお、第2幕での演出では、青に染まった舞台奥に...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.08.31 Sat 08:20

シュトラウス 「アラベラ」 ウィーン国立歌劇場 2016

今日はリヒャルト・シュトラウスの「アラベラ」を映像で鑑賞しました。スヴェン・エリック・ベヒトルフの演出、コーネリウス・マイスター指揮ウィーン国立歌劇場による演奏、2016年の収録です。   これは、過日鑑賞したウェルザー-メスト指揮によるものと全く同一の演出であり、その4年後の収録となります。4年が経過したからでしょうか、より練れた演奏となっていました。   歌手陣もトマシュ・コニェチュニ(マンドリーカ)とヴォルフガング・バンクル(ヴァルトナー伯爵)が前回からの続投であり、演技にさら...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.08.25 Sun 23:05

お待たせしました!風の丘HALLたった80席の小空間オペラ、今年は、「トスカ」 #オペラ#トスカ#2019年10月#風の丘#大迫力#ワークショップ#子ども合唱

さてさて、、、トスカですよ「トスカ」!!!(^O^) まだ DM告知を送る前、[ぶらあぼ] 広告載せる前、の 「今」が  申込み 時 ですよ〜〜〜〜!! もう10年以上前から惚れていた けど、 なかなかご縁が無かった 小林厚子さんへ 念願かない トスカをお願いできました!!!! 祝祝!祝!祝!祝!祝!祝! ここに、 なんと、あの めちゃ 色気のある歌を聴かせてくれる カヴァラドッシ、所谷直生さんです〜〜〜〜〜!!!! そしてそこに、、今のりにのっているバリトン飯田裕之さん のスカルピア!!! この...

風の丘ひとりごと | 2019.08.24 Sat 09:53

シュトラウス 「エレクトラ」 MET 2016

今日はリヒャルト・シュトラウスの「エレクトラ」を映像で鑑賞しました。パトリス・シェローの演出、エサ-ペッカ・サロネン指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2016年4月30日の収録です。   指揮者登場の拍手はなく、幕が開いたままの舞台では箒で掃く音が続きます。なかなか衝撃的な冒頭が始まりません。なんと緊張を強いられるのでしょう。   サロネンの指揮は近代の古典といった趣であり、透明感さえ感じられます。これはサロネンが作曲家でもあることが、そのようなアプローチになっているのかもしれま...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.08.23 Fri 22:10

グノー 「ファウスト」 MET 2011

今日はグノーの「ファウスト」を映像で鑑賞しました。デス・マッカナフの演出、ヤニック・ネゼ-セガン指揮メトロポリタン歌劇場による演奏、2011年12月10日の収録です。   カーテンコールでは演出家のマッカナフに対して、”Bravo”と”Boo”が入り混じっていました。私としては、これを上演し、かつライブビューイングとして世界に配信したMETに喝采を送ります。   冒頭で、スクリーンには原爆ドームが映し出されます。そして、初老のファウストがハンカチで口を押さえながら登場し、ス...

オペラ鑑賞備忘録 | 2019.08.18 Sun 16:35

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全737件中 1 - 10 件表示 (1/74 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!