• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

カテゴリー

アート

このテーマカテゴリーのURL:http://jugem.jp/theme/c83/
このカテゴリー内のユーザーテーマ
人気順▼新着順

ターナー

9件の記事

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー  (Joseph Mallord William Turner) 1775年~1851年 ロマン主義 1775年イギリス、ロンドン生まれのジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。 幼い頃からよく家の近くにあるテムズ川を描いており、若い時はよく旅をして、各地の風景をスケッチしていた。 当初は写実的な風景を描いていたものの、44歳のときに出掛けたイタリア旅行で、明るい陽光の色彩の絵画を見てから、作風が変わる。 ターナーの描く作品は、写実的に描くのではなく、雲、光、風、大気等をメインに描くようになった。 1851年、76歳で亡くなる。

アンリ・ファンタン=ラトゥール

3件の記事

アンリ・ファンタン=ラトゥール(Henri Fantin-Latour) 1836〜1904年 フランス・ロマン派 「花の画家」と言われるアンリ・ファンタン=ラトゥールは、 「薔薇を描かせたら、ラトゥールの右に出る者はいない」と言われるほど非常に美しく花を描くことで有名。 初期のころは、家族や仲間をモデルにした肖像画を多く描いていた。 当時、静物画の地位がそれほど高くなかった中、ラトゥールは静物画で成功し、ロイヤル・アカデミーのサロンにも招待されるようになった。

フランソワ・ミレー

10件の記事

ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-Francois Millet) 1814年〜1875年  ハルビゾン派 1814年フランス生まれのハルビソン派であるジャン=フランソワ・ミレー。 フランスのノルマンディー地方の農村に生まれ「農民画家」として 農民の日常生活や農作業風景を描き続けた。 そんなミレーも初期のころは、パリでお金を稼ぐために描きたくもない肖像画を描いていたと言います。 しかし、やはり農村の風景を描きたいということで、農村に移り住み、 午前中は畑仕事、午後は絵画制作という風に作品を描いていった。 そのため、農民を描いた作品が多く残っているのです。

コロー

8件の記事

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (Jean-Baptiste Camille Corot) 1796年〜1875年 写実主義 1796年フランス生まれのジャン=バティスト・カミーユ・コロー。 コローは風景画を多く描き、自然風景を光などの効果により、より美しく、よりリアルに作品に反映させることを得意とした。 コローの描く風景画はのちの印象派に多大な影響を与えた。 作品の素晴らしさもさることながら、彼の人柄は温厚で皆から慕われ、晩年には貧しい画家たちに援助もしていたとされている。

ユトリロ

9件の記事

モーリス・ユトリロ (Maurice Utrillo) 1883年〜1955年  1883年12月26日フランス、パリ生まれのモーリス・ユトリロ。 母、シュザンヌ・ヴァラドンは当時の名だたる画家ルノワール等の描く作品のモデルを務めていた。 17歳の時、アルコール依存症で入院。そこでその対症療法として絵を描くことを薦められ描くようになる。 そこから絵画の才能を発揮するようになるが、アルコールからは離れることが出来ず、お酒代を稼ぐためだけに絵を描くようになった。 ユトリロは1年間に600枚以上もの作品を描くようになり、独特の白色を用いてモンマルトルの空気を描いたこの頃は、後に「白の時代」と呼ばれるようになった。

カンディンスキー

7件の記事

ワシリ・カンディンスキー(Wassily Kandinsky) 1866年〜1944年 1866年12月4日ロシアのモスクワ生まれのワシリー・カンディンスキー。「抽象画の先駆者」と言われるカンディンスキーだが、画家の道に進むきっかけとなったのは、モネの「積みわら」を見て抽象画の原点がここにあると悟り、画家の道に進むことを決意したからである。 カンディンスキーは画家としてだけでなく、舞台芸術家、評論家、教授としても活躍した。 モスクワで活動後、次第に共産党の縛りが強くなるモスクワを去り、やがてはドイツ、そしてフランスへと移住。 1939年にはフランス国籍を取得し、ドイツの占領下のフランスで個展を開催するなどして、ドイツの占領体制に抵抗し続けた。 この頃にはドイツ国内で彼の作品は完全に批判の対象となっており、1937年ミュンヘンで行われた「退廃美術展」に出品された彼の作品は批判を浴びた。 1944年12月13日フランスで死去。

ルドン

3件の記事

オディロン・ルドン(Odilon Redon) 1840年〜1916年 象徴主義 1840年フランス生まれの象徴主義オディロン・ルドン。 ルドンと同世代を生きた印象派の画家が、見たまま美しさを作品に表現して描く中、ルドンの描く作品の主題は「幻想の世界」であった。 自身の心の中に映るものを初期のころはモノクロで描き、晩年になるにつれて、色彩豊かに描かれていくようになった。

クリムト

14件の記事

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt) 1862年〜1918年 象徴主義 1862年オーストリア生まれ象徴主義のグスタフ・クリムト。 若い頃から画家としての才能を発揮し、17歳でオーストリア皇帝の銀行式の祝祭計画にも参加するほどだった。 作品の特徴は、妖艶な女性を多く描いていることであるが、 ただ美しいだけの女性の表現方法ではなく、女性特有の色っぽさとけだるさが合わさったような、そして、女性の人生を生々しく表しているような作品に仕上がっている。

ポール・セザンヌ

9件の記事

ポール・セザンヌ(Paul Cezanne) 1839年〜1906年 印象派 1839年フランス生まれの印象派ポール・セザンヌ。 銀行家の父のもとに生まれ、経済的には裕福な家庭で育った。 法律を学ぶように父親から勧められて法律学校に入学するも、学業よりも絵画を学ぶことに力を注いだ。 結局、1861年に法律の勉強を放り出して画家への道を目指しパリへと向かう。 作品の特徴は、果物等を画題とした静物画が多く、ベタっと塗られているように見える絵の具も、そしてただ置かれているように見える静物の配置も、全て計算されて描かれているのだという。

ルソー

6件の記事

アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー (Henri Julien Félix Rousseau) 1844年〜1910年 1844年フランス生まれのアンリ・ルソー。 元々はパリの税関に勤めていたが、仕事の余暇を利用して絵画制作に打ち込み、独学で画法を習得した。 1885年に税関を退社後、本格的に画家の道を目指した。 彼の描く作品は、見る者をほっとさせるようなファンタジー溢れる作品が多い。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全200件中 1 - 10 件表示 (1/20 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!