• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

日本語

このテーマに投稿された記事:205件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c129/2734/
日本語
このテーマについて
日本語の乱れ、日本語の美しさ、日本語の面白さについて。
日本語へのあらゆるメッセージをお寄せください。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

はじめのブログー私の日本語の先生

JUGEMテーマ:日本語先生    三年ぐらい私は日本語を勉強しました。私の友達は日本の会社が働いています。会社で勉強するの人余裕を与えるの事ありますから、友人は日本語を勉強します。私は日本の文化が大好きから、友人に日本語のクラスに参加しました。   私の最初の日本語先生はマレーシア人です。名前はFooさんです。Fooさんは私が会ったときに70歳だった。日本に住んでいることはありませんが、先生は50年以上日本語を教えています。私は1年半ぐらいそこで学んだ。しかし、クラスは人の不足のため...

My First JUGEM 5z3cand01 | 2017.07.11 Tue 00:47

「日本橋」のローマ字表記

JUGEMテーマ:日本語   日本橋をローマ字表記した場合、「Nihonbashi」と「Nihombashi」の二つの表記が存在するが、皆さんはどちらを使いますか?   もし、「N」を使ったら、あなたは日本人?(笑)。「M」を使ったら、あなたは欧米人?(笑)。 しかし、知らなかったなぁ。 http://folklore2006.jp/timei100/256.htm  

民俗学の広場のBlog | 2017.03.22 Wed 06:39

人種の坩堝

JUGEMテーマ:日本語   〜は人種の坩堝(るつぼ)と言ったり、東京は全国の道府県民の坩堝と言ったりする。 ところで、坩堝って「様々なものを溶融させて合体する」ためのものだよなぁ。 決して別々の物のままで存在しているわけではない。 しかし、「人種の坩堝」的な表現では、混じり合わないで混在しているというように聞こえるねぇ。  

民俗学の広場のBlog | 2017.03.05 Sun 07:48

「バカ」の語源

JUGEMテーマ:日本語 よく、「馬鹿者」とか書いたりしますが、語源は「馬」も「鹿」も関係無いようです。 【バカ】 諸説あるらしい。 ? 「おこ(愚者)woko」の関東方言を語源とし、音韻変化をした。woko → voko → vokko → bokko → bakko → bakka → baka。 ? 梵語の「無知(moha)」を語源とする。 ? 梵語の「老弱(mahallaka)」を語源とし、老衰によるボケ、もうろくを語源とする。 ??は中国語で「破家」の字をあてて、平安時代の留学生が日本に伝えたという。 【誰も知らない語源...

民俗学の広場のBlog | 2017.02.22 Wed 06:39

東京と九州では「スコップ」と「シャベル」の意味が逆

JUGEMテーマ:日本語 ・ 東京では両手で使う大型のが「スコップ」で片手で使う小型のものが「シャベル」だが九州では意味が逆転する。山形では東京型だなぁ。 ・ 元々、長崎に上陸した「片手扱いの小型のを指すオランダ語のschop(スコップ)が東進して、本来は、両手扱いの大型のを指していた英語のシャベルと競合している。従って西日本では本来の意味を表すが、東日本では意味が逆転した。 【日本語雑記帳 田中章夫 岩波新書】より

民俗学の広場のBlog | 2017.02.20 Mon 08:08

「『熱にうなされる』は間違い」の間違い

「熱にうなされる」は間違いで「熱に浮かされる」が正しいといっている者がいるが、全くの「バカ丸出し」である。 なぜなら、、、

α-Ring | 2017.02.02 Thu 21:06

「シカト」の語源

JUGEMテーマ:日本語   意味としては「無視する」ということなのかなぁ?「シカト」という言葉があります。 「シカト」とは花札用語で、十点の鹿の札の鹿がソッポ向いていることに由来するそうです。 ・ 鹿十→シカト。ホントか?!

民俗学の広場のBlog | 2016.12.28 Wed 08:00

都々逸の数え方(都々逸の助数詞)と‥‥

JUGEMテーマ:日本語   ■都々逸をどう数えるか    先日、Twitterで都々逸の数え方について少し話題になっていた。短歌は一首二首と数え、俳句は一句二句と数えるが、都々逸の場合はどう数えるのか。つまり都々逸の助数詞は何かという問題である。  これについては私も以前から気になっていたので、少し参加して呟かせていただいた。    さて、この問題について、中道風迅道著『新編どどいつ入門』276ページのコラムには下記のように書いてある。 私はラジオ放送の指導では「一句」と言っ...

娑婆以来 | 2016.12.24 Sat 17:13

「小豆」はなぜ、「あずき」か?

JUGEMテーマ:日本語    万葉集では豆のことを「麻米(まめ)」と表記しているた。   「豆」は古来は「つき・づき」と呼んでいた。小豆島(あずきじま)。

民俗学の広場のBlog | 2016.12.14 Wed 13:14

「よもつへぐひ」

JUGEMテーマ:日本語   「よもつへぐひ」とは、黄泉国の食べ物。   「よもつしこめ」とは、黄泉国のイザナミがイザマキに出した追っ手。   黄泉国(よみのくに)は「やみ」の国を意味する。

民俗学の広場のBlog | 2016.12.12 Mon 06:56

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全205件中 1 - 10 件表示 (1/21 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!