宝塚歌劇団
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

宝塚歌劇団

このテーマに投稿された記事:1014件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c141/1077/
宝塚歌劇団
このテーマについて
宝塚歌劇団に関する事なら何でもOKです(*・ω・*)
このテーマの作成者
作者のブログへ:「esu28」さんのブログ
その他のテーマ:「esu28」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

『ピガール狂騒曲』〜偽りのない人生の清々しさ

まずは今日のマチネのでき事。 ラヴィパリジェンヌのカンカンでのありちゃん、連続ピルエットで8回転くらいし、もうそろそろ拍手をしようと思ったら吹っ飛ばされたようにバランスを崩し転倒。一瞬驚いたようでな表情でしたが、すぐに長身男役たちと並んで踊り出し安心しました。 オーケストラピットから現れた珠城りょうを見て、これまで男らしい役がほとんどだったからか、初めて可愛いと思いました。   ここからは本日の感想です。ネタバレを含みます。   冒頭、ガブリエル(美園さくら)はウィリー(鳳...

宝塚的幻想雑記 | 2020.10.20 Tue 21:03

深化しているから期待どおりに楽しめる『WTT』と『ピガール狂騒曲』

全座席の販売が再開され日曜日の公演では周りの席が埋まっているものと思っていたら、A席は規制当時のままで、前方の視界が開けて舞台全体がストレスなく観やすかった。   『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』の第4条月の巻、月光に乗せた舞は、月光をボレロにアレンジしていることにまず惹きつけられる。そして、この団体での演技は、昨年の星組のショー『Éclair Brillant』での「ボレロ」や宙組の『アクアヴィーテ!!』の「誕生」に重なる。 月の男と月の女たちの寸分の狂いのない動き。それがピタ...

宝塚的幻想雑記 | 2020.10.11 Sun 22:09

美し、楽し、月組公演

1年ぶりになる月組、この環境の中で疲れた心が洗われ元気が湧いた。1年前と同じように足取り軽く劇場を出ることができる公演だった。   和物のレビュー『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』は、扇子の使い方が印象深い。広げた扇子、その振り方の生み出す表情が豊かだ。セットは、盆が回りセリが上がる。背景の満ちてゆく月。その下で艶やかな着物で舞う。どこを切り取っても、それはそれは美しい作品となっていた。   『ピガール狂騒曲』は、月組の演技の間の良さが笑い起こしテンポを生む、コミカル...

宝塚的幻想雑記 | 2020.09.26 Sat 22:56

『真彩希帆 1Day Special LIVE La Voile』は期待以上に楽しめた

仕事の後、夜のひと時をゆったり寛ぎながらの時間。新たな宝塚ホテルでのライブ中継。テーブルのディナーセット、グラスも見えて、普通なら席を取ることが難しいホテルのディナーショーの雰囲気を自然に感じられた。   ショーでは当然ながら真彩希帆の歌唱力を堪能できた。何を歌っても素直に全くストレスなく耳に入ってくる歌声。共演の男役たちの溌剌としたサポートがライブを明るくポップでライブを楽しい色に染めて、そこに歌の素晴らしかが彩りを添える。 同期の綾 凰華にはフラットな関係性を、後輩男役たち...

宝塚的幻想雑記 | 2020.09.07 Mon 22:46

ポルンカの兵士になって私は何をしたいのか〜『FLYING SAPA −フライング サパ−』

花組に星組と本公演が中止となる中、唯一宝塚歌劇団で公演が続く宙組の『FLYING SAPA −フライング サパ−』をこのタイミングで観劇することができたことは幸運なのだろう。   観劇して出演者がしきりにネタバレ禁止とコメントすることがよく分かった。 複雑に入り組んだ登場人物の消えた過去を辿り、時にはそれが暴かれることで物語が進む。たくさんの出来事が布石として散りばめられ回収されていく。ここで物語が終わっていても成立していると思っても、まだ許さないというように話がつながっていく。終盤、畳み掛けら...

宝塚的幻想雑記 | 2020.08.08 Sat 22:53

Stay Homeで過去と出会う 〜 デジタル・マジカル・ミュージカル 『出島小宇宙戦争』編

非常事態宣言はとっくに解除され、いよいよ今週末から大劇場では花組公演から再開となるこんな時期にStay Homeなどという言葉はふさわしくないかもしれないが、撮り貯めていた録画を見たので感想をまとめておきたい。   公演の解説にはコメディータッチと書かれているとおりの軽快で明るいタッチの作品だがストーリーは謎解きのような仕掛けがあって幕末の歴史を思いながら頭を巡らせ楽しめる。少し味わいの違った作品かもしれない。   ビデオ収録はシアター・ドラマシティと小規模劇場での公演だが、舞台で展開...

宝塚的幻想雑記 | 2020.07.14 Tue 22:05

Stay Homeで過去と出会う 〜 音楽奇譚『龍の宮物語』 編 〜

評判がすごく良かった昨年11月〜12月のバウホール公演音楽奇譚 『龍の宮物語』の千秋楽をスカイステージで放映。評判どおりの良い作品だった。   主人公の清彦(瀬央ゆりあ)と玉姫(有沙 瞳)は、それぞれの役どころが全く自然に受け止めることができて演技をしている感じはしなかった。舞台を自分の色に染めるというよりも、作品の空気の中に自然に存在している感じだった。 この二人に龍神(天寿光希)、山彦(天華えま)、火遠理(天飛華音)の芯のある芝居が加わってグッと締まった舞台になっていた。   ...

宝塚的幻想雑記 | 2020.05.17 Sun 13:35

Stay Homeで過去に出会う 〜 『The Lost Glory ―美しき幻影― 』『パッショネイト宝塚!』編

ゴールデンウィークが始まり、スマホがチケットを持っていた月組公演への出発時間ですよと知らしてくれる。ああそうだったのかと、宝塚の公演の楽しみを忘れているわけではなく恋しさが募っているわけでもない、そんな感情が湧き上がってきた。   そんな中、4月29日の午後、スカイ・ステージで『The Lost Glory —美しき幻影— 』『パッショネイト宝塚!』を見た。 2014年の作品ということで、今活躍するスターたちを見ることができ、芝居もなかなか見応えがあって楽しむことができた。 その芝居では、轟 悠...

宝塚的幻想雑記 | 2020.05.02 Sat 20:55

珠城りょうの退団を受けて

公演中止の延長が発表された。再開は今後の専門家会議や政府の方針などを踏まえて判断のようで、日常が戻ってくるのはいつになるのか、もやもやした日々は終わりそうにない。そんな中で先日、月組トップの珠城りょうが退団を発表、記者会見が行われた。このとても大きなできごとに、休演中で薄れていた宝塚歌劇への関心は蘇えってきた。   珠城りょうをひとことで言えばピュア。そして周りのスターたちを輝かせることができるトップだと思う。周りに合わせるのではなく、かといって並んで存在をかき消してしまうこともない...

宝塚的幻想雑記 | 2020.03.18 Wed 22:57

突然の前楽に戸惑いながら

何という日に観劇してしまったのだろう。 新型コロナウイルス感染の拡大防止ため予期せぬ休演、その前日となろうとは、観ることができたというより、演じる人たちの想いを想像して戸惑うばかりだった。   『眩耀の谷 〜舞い降りた新星〜』は、どちらかというと取っつきにくく遠くから観たくなるような作品だが、今回の客席にはこちらから積極的に近寄って観たいという雰囲気があった。一方、舞台は、丹 礼真役の礼 真琴を筆頭に丁寧かつ熱い芝居が展開され、さらに客席からの熱を受け感情が篭り分厚い舞台になっていた。...

宝塚的幻想雑記 | 2020.02.29 Sat 00:53

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!