宝塚歌劇団
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

宝塚歌劇団

このテーマに投稿された記事:1016件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c141/1077/
宝塚歌劇団
このテーマについて
宝塚歌劇団に関する事なら何でもOKです(*・ω・*)
このテーマの作成者
作者のブログへ:「esu28」さんのブログ
その他のテーマ:「esu28」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

シトラスの風と宙組の核

宙組のショー『シトラスの風』は一直線に突き進み気持ちの良いものでした。昔のショーを連想するような古さ、ノスタルジーは微塵も感じないショーだったとの印象ですが、一方で昭和の香りがする古いショーだと周りから聞こえてきました。   新トップ真風涼帆の門出にふさわしい”Sunrize”を花組からやってきた芹香斗亜が力強くストレートに歌うところなど、ビジュアルの映える真風涼帆の存在感が際立つように2番手芹香斗亜の力強い歌がしっかり支えて新生宙組の船出にふさわしい場面でした。   ...

宝塚的幻想雑記 | 2018.04.08 Sun 11:33

ポーの一族が終わって

明日海りおの千秋楽の舞台あいさつは言葉数がが少なかったと、数々のブログから伝わってきました。正月から3月下旬までのロングラン公演を毎公演ごとに工夫しながら作り上げた花組トップとして、エドガーとしてやり切った感だけではない様々な思いがあったのだと思います。 この作品の舞台から伝わってくるものの大きさや重たさは、これまでに観た作品を上回っていました。原作が有する重厚なテーマと花組の作品への理解と高い演技力によるものと言えるでしょう。この作品を高いクオリティで千秋楽まで上演し作り上げた出演者たち...

宝塚的幻想雑記 | 2018.03.27 Tue 23:04

宙組は変わらずエネルギッシュです

新生宙組の本公演、ミュージカル・オリエント『天(そら)は赤い河のほとり』、ロマンチック・レビュー『シトラスの風−Sunrise−』〜Special Version for 20th Anniversary〜を観てきました。 真風涼帆のトップとしての佇まいはとてもナチュラルに、星風まどかとのコンビも何の不安もなく映りました。これまでの宙組ではトップはトップとして輝き、2番手も際立っているように感じていましたが、宙組に移ってきた芹香斗亜もトップと並び立つ2番手としてエッジの効いた存在感で、以前からいた2番手のようでとてもナチュラルで...

宝塚的幻想雑記 | 2018.03.18 Sun 18:56

暖かい気持ちの帰り道

  3回目の月組の『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』の観劇でした。 終演後に周りからいろいろと聞こえてきました。 ちゃぴちゃん(愛希れいか)が可愛いくて演技が素晴らしい、れいこさん(月城かなと)が美しい、ありちゃん(暁 千星)のダンスだけでなくさわやかな魅力があふれていた、たまさま(珠城りょう)はトップ2年目に入り安定感があってトップらしくなってきた、そ...

宝塚的幻想雑記 | 2018.03.03 Sat 23:05

Baddyは構えず素直に楽しみたい

ショー『BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』の感想はまた別の機会にまとめることにして、いよいよ書き始めたのですが頭の中でまとまりません。ショーの展開はシンプルで宝塚のショーの形式は踏襲しているけれど、何というかここからの感想が続いていかないのです。 なんだかこれまで観たショーと違うけれどこれってどうなんだろう。楽しいけれど楽しんでよいのだろうか。上田久美子先生の作品なので何かメッセージが潜んでいるはず、それはこんなことだろうか。そのようなことばかりが浮かんで巡ります。 &n...

宝塚的幻想雑記 | 2018.02.27 Tue 22:47

心に刺さる暖かさ

  かの夏目漱石が "I love you." を最初に日本語訳したときに、Loveに相応しい日本語がなくて『今夜は月が美しいですね』と訳したと、青柳(珠城りょう)が高崎(愛希れいか)に語る場面がありました。 この時の背景には美しい満月が出ていていました。このセリフが後の決め言葉となったのは予想どおりでした。しかし、このメンバーで自然に受け止められる芝居が展開されて、これは舞台での芝居作りの巧みさかもしれません。 ”無理難題を言われるうちがサラリーマンは華”というセリフは、会社勤め...

宝塚的幻想雑記 | 2018.02.18 Sun 20:21

美しさが増していた

「ポーの一族」の市民貸切公演が3度目の観劇でした。明日海りおのエドガーはさらに美しくなっていました。容姿と歌の美しさに惹きつけられました。舞台のセットに出演者ひとりひとりが原作の漫画に描かれているとおりの美しさで、宝塚が有する美の技術がふんだんに注ぎ込まれたようでした。   この作品に流れるテーマは哲学のように感じます。愛されない存在だから愛されない者どおし愛で繋がりその愛を生き続ける支えとする。愛されないが故に永遠の命が与えられる。ヒトであってヒトでない。ヒトではないのにヒトを...

宝塚的幻想雑記 | 2018.01.27 Sat 23:34

愛希れいかの退団発表に想う

そろそろ退団だろうとブログなどに書かれていたので、そうなのか程度に思っていましたが、実際、この発表は心穏やかに受け止めることはできませんでした。   これまで観た中でナンバーワンの娘役トップの退団は本当に残念だと、ヅカダン歴2年の分際で恐れ多いコメントしかできません。 「Grand Hotel」のクルージンスカヤは衝撃的でした。落ち目のスターバレリーナの心情が客席まで迫ってきました。「All For One」ではルイ14世の苦悩と夢多き女心に心寄せてしまいました。憑依の演技と言われたとおり、この2作品では立...

宝塚的幻想雑記 | 2018.01.16 Tue 23:07

ポーの一族の美しさと陰

1週あけずに2度目の「ポーの一族」の観劇でした。   美術作品の絵画が立体的になったような美しい舞台、それぞれの出演者によって醸し出される色々な美しさが織り交ぜられたお芝居が展開されます。 明日海りおのエドガーには強さがあるけれど屈折した悲しさが滲み出る美しさ。華 優希のメリーベルは見た目も健康面も弱々しく消え入りそうななかに存在する美しさ。仙名彩世のシーラの永遠の愛を求めてヒトを捨てた悲しさを押し殺した美しさ。 そんな一族を率いる瀬戸かずやのポーツネル男爵を交えた4人が並んで...

宝塚的幻想雑記 | 2018.01.07 Sun 23:40

『ポーの一族』の初日

初日を初めて観劇しました。カーテーンコールが4回もあって、最後は花組ポーズで締めていました。観劇されていた『ポーの一族』の作者萩尾望都先生の紹介にあの明日海りおの挨拶と初日にしか味わえない挨拶に雰囲気と何とも貴重な経験ができました。 その挨拶で2次元の作品を3次元で表現する重大さに今朝気がついて緊張したと言っていたとおり、芝居が始まってしばらく続く歌にダンスの場面では、観ているこちらがどんな芝居か緊張しているところに舞台上からも緊張感が伝わってくるという、初めての経験をしました。 ...

宝塚的幻想雑記 | 2018.01.01 Mon 21:00

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全1000件中 91 - 100 件表示 (10/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!