• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

囲碁

このテーマに投稿された記事:510件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c146/3689/
囲碁
このテーマについて
囲碁に関することなら何でもOKです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kyohten」さんのブログ
その他のテーマ:「kyohten」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

『基本定石事典 上巻 小目の部』について

先月、『基本定石事典 上巻 小目の部』(日本棋院)を購入した。 500ページあまりの本で、小目の定石ばかりが載っている。 昔の定石書とは違って、かなり新しい打ち方が載っている。 一間高ガカリの定石(特に一間ばさみや大ナダレ)や二間高ガカリの定石に関しては、特にその印象を強くする。 この定石書の出版年は2010年となっている。 AIが飛躍的に強くなって、今後は隅の打ち方も更に多種多様性を増すだろう。 10年後、20年後に出される定石書は、どのようなものになるだろうか? JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.12.04 Mon 00:59

囲碁・隅の死活+サッカーワールドカップの組み合わせについて

↓この図をご覧いただきたい。隅の死活の問題で、白番である。 【問題図】白が生きるのは難しくないのだが、どれが一番得な生き方か? 【参考図1:実戦なら私なら・・・】 ↑私が実戦で打つなら、白1と打ってしまいそう。 これで白は生きているのだが、黒2,白3となると、白地は4目である。 【参考図2:これは少しまずい】 ↑白1と精一杯に大きく生きたいのだが、これだと黒2から黒4と打たれる。 これでも白は生きているのだが、「セキ生き」でゼロ目になってしまう。 【正解図:これなら5目の生き】 ↑...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.12.02 Sat 16:30

囲碁・第36期女流本因坊戦五番勝負最終局の結果

11月29日に、東京・日本棋院にて第36期女流本因坊戦第5局(藤沢vs謝)が行われ、謝挑戦者が黒番8目半勝ちを収め、通算3勝2敗でタイトルを奪還した。 女流本因坊戦サイトはこちら 白石六段ブログの関連記事はこちら 高尾九段のブログの関連記事はこちら 序盤は白(藤沢)が少し打ちやすそうかなと思っていたのだが、右辺黒の動き出しから黒(謝)が腕力を発揮、最後は左辺コウ争いで勝負を決めた。 プロの碁なので、私には内容を良く理解することは出来ないが、それでも並べていて楽しい一局だった。 JUGEMテーマ:囲...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.12.01 Fri 03:56

囲碁・天元戦五番勝負は井山が3連勝して防衛。一力、12月まで持ちこたえられず。

囲碁・第43期天元戦五番勝負第3局が11月24日に福岡県飯塚市で行われ、井山天元が171手までで黒番中押し勝ちを収めた。 ↓これが投了図(黒△まで)である。 左辺白一団は恐らく全滅している。 左上白一団は、もう一手備えが必要であろう。 右上黒一団は、全滅はなさそう。 右上黒一団も、全滅はなさそう。 ということは、地合で黒がかなり優勢なので、白が投了するのも無理はない。 これで、王座戦に続き天元戦でも井山が一力に3連勝して防衛達成である。 私はどちらのひいきというわけではないが、一力にはせ...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.11.26 Sun 04:35

囲碁・杉内雅男九段が死去、97歳。

2017年11月21日、杉内雅男九段が肺炎で死去した。97歳。 記事によると、11月2日の対局(vs小山栄美六段戦)が最後の対局ということだから、頭脳の方は死ぬ直前までしっかりしていたということだろう。すごいことだ。 棋士としても、一人の老人としても達人であった。合掌。 JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.11.23 Thu 01:59

囲碁・王座戦第3局も井山勝ち。3連勝で王座防衛

先ほど知ったのだが、昨日(11月20日)に王座戦第3局(挑戦者は一力)が行われ、白番の井山が中押し勝ちしたらしい。 これで3連勝で井山が防衛である。 ↓これが投了の図。右辺と中央の黒石がどちらも取られていて、挽回不可能な状態である。 ↑井山の次のタイトル戦は天元戦(相手はこれも一力、すでに2連勝)と来年初めの棋聖戦(相手は、これも一力)である。一力挑戦者の奮闘が期待される。 JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.11.21 Tue 05:13

囲碁・井山が世界戦で決勝進出

2017年11月15日に、LG杯準決勝が東京で行われ、井山が中国の柯潔九段に黒番中押し勝ちして、決勝に進んだ。 決勝の相手は中国の新鋭・謝爾豪五段(19歳)である。 28歳の井山にとって、世界一のチャンスは今後それほど多くない。是非勝ってほしい。 決勝三番勝負は来年の2月に行われる予定。 決勝戦の対局場所は、恐らく韓国だろう(韓国主催だから)。 JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.11.17 Fri 03:33

日馬富士の暴行事件について

日馬富士が貴乃岩に対して暴行事件を起こしたことが、世間の話題になっているようだ。 北海道札幌市の弁護士のタクシーでの暴行もそうだが、お酒には気をつけなければならない。 下手をすると、覚醒剤と同じくらいに社会に害をもたらしているのかも。 さて、今回は自分の囲碁対局を紹介する。私が黒番である(互先)。 【問題図】 ↓黒(私)が1と打ったところであるが、非常に危険な手で、敗着になってもおかしくなかった。 【参考図1】 ↑白1から白3までと打たれると、左上と中央の黒が分断されてしまう。 黒...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.11.16 Thu 19:23

囲碁・第42期名人戦は井山が4勝1敗で名人を奪回。再び7冠王

10月16日と17日に行われた第42期名人戦第5局は井山が黒番中押し勝ちをおさめ、通算4勝1敗で名人位を奪回した。 序盤から中盤にかけて、黒番(井山)が左上の大石を豪快に捨ててなおかつ勝つという、私からすれば「見て面白い碁」であった(内容は難しいのだろうが)。 第5局は高尾(白番)もかなり頑張ったと思うのだが、166手目あたりでミスがあったのかもしれない。 まあ、40代になるとミスは増える。これは、名人だろうとアマだろうと変わらないだろう。 今後井山から名人を奪うとすれば・・・やはり、今の10代20代に奮...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.10.19 Thu 07:32

自分の勝ち碁を振り返ること

半ば自己満足、半ば反省と今後の上達のために、自分の碁を振り返ることがある。 昔々、自分がまだ若かった頃は、自分の負け碁を並べて反省することが多かった。 だがしかし、時は流れ、自分が老いぼれてなおかつ上達が多く望めなくなると、自分の負け碁を並べるのがつらくなったのだろう、少なくなった。 一方、自分の勝った碁を並べることが多くなった。 負けた碁を並べて反省する方が今後の上達の糧になると思うのだが、ついつい勝った碁を並べてしまう。自分が情けなくなることもたまにある。 ただ、自分の勝ち碁...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2017.06.17 Sat 02:26

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全510件中 1 - 10 件表示 (1/51 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!