• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

囲碁

このテーマに投稿された記事:618件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c146/3689/
囲碁
このテーマについて
囲碁に関することなら何でもOKです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kyohten」さんのブログ
その他のテーマ:「kyohten」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【囲碁】坂田栄男からみた昭和の各棋士たち(1)

勝つ―碁と根性 (1965年) という書物がある。昭和のタイトル王・坂田栄男の著書である。その中に、坂田からみた各棋士の印象が書かれているので、数回にわたって紹介しようと思う。 【注意】この本の発行年は「1965年(昭和40年)7月1日」である。つまり、坂田が名人本因坊であった頃の、彼が絶頂だった頃の本である。そのことを念頭においたうえで読む必要があると思う。 今回は、呉清源と木谷実についての坂田の感想を紹介する。 『勝つ』(坂田栄男・著 徳間書店 昭和40年7月1日発行)(104ページから110ページ)より ...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.07.23 Tue 00:42

【囲碁】アマの「碁を打たない」とプロ棋士の「碁を打たない」

2019年7月21日に行われた参議院選挙の結果、自民党は議席を減らしたが参議院内の過半数は確保した。憲法改正発議は困難かもしれないが、それにこだわらなければ以前とさして変わらぬ国会運営ができそうである。 私の投票先は「小選挙区:自民党候補」「比例選挙区:鈴木宗男(維新)」であった。 さて。最近私は囲碁(ネット対局)の調子が良くない。しばらくの間はパンダネットで「六段★」をキープしていたが、最近「六段」に落ちてしまった。要するに「弱い方の六段」になってしまった。 いろんな負け方があるが、「優勢(...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.07.22 Mon 04:50

【囲碁】仲邑菫初段がプロ初勝利=史上最年少の10歳4カ月

7月8日の対局「第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選」で仲邑菫初段(10歳)が田中智恵子四段(67歳)に勝利した。勝利の年齢としては、史上最年少らしい。 相手がどうであれ、内容がどうであれ、勝ちは勝ちだ。今後の成長と活躍を期待したい。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.07.09 Tue 01:34

【囲碁】本因坊戦第6局は井山が勝ち、本因坊8連覇達成

本因坊第6局は井山が中押勝ちで終局。これで通算4勝2敗で井山が本因坊を防衛。これで8連覇。 河野については、第3局の半目負けが惜しまれる。河野の囲碁人生を変える半目だったかもしれない。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.07.04 Thu 23:37

本因坊文裕が防衛!

いやーまじでわからんこの碁は。終盤の流れが全くわからん。投了場面もなぜここで投了なのかわからん。急に難易度が上がった感じだったが、文裕的には読み切りだったのか??週刊碁で詳しく解説してくれよ。それはともかく2連敗から4連勝で防衛は復活の文裕。お疲れさん、碁聖戦の間はゆっくり休むべし。あとは名人リーグを勝ち抜いて名人を獲り返すんだ。そして小四冠は若手に譲れ。それで大三冠で悠々自適に過ごすんだ(チクンの記録であと破ってないのは十連覇だしな)。もう30歳になったんだから全部を獲りに行くべきではない。...

貧乏庶民の法的思考3 | 2019.07.04 Thu 19:13

【囲碁】本因坊戦第6局1日目終了図

↓本因坊戦第6局(黒:井山、白:河野)の1日目終了図である。 ↑白が□と打ったところで黒が封じたようだ。 中央白が攻められっぱなしで、私の感覚だと黒が有利だと思う。 白がうまくしのぐか黒が攻めすぎてミスをするかしない限りは、黒番井山が押し切るのではなかろうか? 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ JUGEMテーマ:囲碁

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.07.03 Wed 22:22

第1局

本日打たれた碁聖戦第1局、許家元碁聖に挑戦するのは羽根直樹。握って、黒番羽根・白番許。 いやーまじで久しぶりの「井山が出ないタイトル戦」だが、管理人的には若手筆頭の許がサンタテすると予想してたんだよね。ところが今局は羽根が山下ばりの剛腕を炸裂させて生きるか死ぬかの捻じり合いの末、許の大石をブッ潰して中押し勝ち。羽根、本当に久し振りのタイトル戦で許に快勝、どうしちゃったの。ロートルの逆襲か…。そして許、一力が出てくるかと思っていたらロートルが出てきて調子が狂ったか。許防衛の予想は変えな...

貧乏庶民の法的思考3 | 2019.06.30 Sun 18:36

【囲碁】フマキラー囲碁マスターズカップについての無様な出来ごと

久し振りの更新になる。 下の碁盤を見ていただきたい。 ↑今年(2019年)5月末に行われたプロの対局の投了図である(黒:大竹英雄、白:小松英樹。フマキラーカップマスターズトーナメント)。黒の大竹先生がシチョウを間違えたのだろう、投了している。42手まで、白番小松の中押勝ちである。 プロとしては珍しいミスである。最近私は、自分がうっかりで負けた時は、この図を見るようにしている。 さて。上掲の対局を勝った小松は準決勝に進出して、6月29日に広島で依田九段と対局するはずだったのだが・・・。 ↓このよ...

囲碁・将棋についてつぶやくブログ | 2019.06.30 Sun 16:40

考えることの大切さ

囲碁というもの、つくづく思うのだが、一手で一局を失う。アルファ碁以前の囲碁ソフトウエアを相手に快調に打ち回して勝勢でも、AIはある程度は打ち続ける。それでこちらが読まずに感覚だけで雑に打っていると、一手の失着で「あれ!?」と潰れることが、稀によくある。AIは常に狙いを持って打っている。狙いとは要するに、こちらが間違えたら逆転する手だ。その手は、こちらが冷静に読めばすぐわかる簡単な狙いがある。人生もそういうもので、後から振り返ったら簡単なことでも、考えなしの言動で深刻な状況に陥ることがあるのである...

貧乏庶民の法的思考3 | 2019.06.20 Thu 17:55

第5局

昨日から本日にかけて打たれた本因坊戦第5局、黒番河野・白番文裕。 この碁は序盤に大フリカワリがあって、それ以降はジリジリとした侵食合戦で派手な動きは無く最後まで行って文裕の4目半勝ち。 井山、前局に続いての完勝か。大フリカワリで互いに大地が出来る場合の形勢判断は非常に難しい。それをこなしたということだから、復調の兆しは十分である。これで3-2である。あとは第6局で決めることと世界戦か…気を抜かずに頼むで井山!

貧乏庶民の法的思考3 | 2019.06.19 Wed 18:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全618件中 1 - 10 件表示 (1/62 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!