• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

囲碁

このテーマに投稿された記事:706件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c146/3689/
囲碁
このテーマについて
囲碁に関することなら何でもOKです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kyohten」さんのブログ
その他のテーマ:「kyohten」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

第3局

本日打たれた天元戦第3局、黒番一力・白番井山。 この碁はいきなり白の両三々から始まった。白は右下を概ね生きて、左辺は黒にポン抜かせる。自分は地を稼いで相手には模様は作らせないぞ、という強欲な打ち回しだ。黒は白の右下の大石を攻め上げて、ヘボアマ的には結構危なそうに見えたが、井山は不安なく打っていたのか。白中押し勝ち。 1-1から「改めて三番勝負」の初戦は井山の勝ち。うーん一力、令和三羽烏の中で井山からタイトルを奪ったことがないのは一力だけだぞ。井山も小四冠は令和三羽烏に譲れよとは思うが、王座に...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.11.27 Fri 17:55

第3局

本日打たれた王座戦第3局は、黒番許・白番芝野。 この碁は、まず白12のドライなノゾキが目を引く。カケツギの形ならアルファ碁も打ったが…カタツギではあまり良い形には見えないのだが。26のノビは横綱の貫禄。34もAI風で4年8ヶ月前までは無かった打ち方だ。下辺から戦いが始まり、芝野が愚形を厭わず黒を攻める。黒は多くに分断されて個別に生きるという効率の悪さで芝野優勢と思う。ところが許がカド番で踏ん張りを見せる。147から左下の白の大石をコウにした。そして延々とコウを争い、175から195に201と超絶損コウを連...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.11.17 Tue 21:22

河野臨が棋聖戦の挑戦者に

昨日打たれた棋聖戦挑戦者決定パラマストーナメント決勝変則三番勝負第2局は、河野が高尾山に半目勝ち。井山裕太棋聖への挑戦者は河野臨に決まった。 ていうか、たwかwおw…優勢の碁をジリジリと追い上げられてピッタリ半目負けとかヨーダの後継者かよ。そしてリンリン。棋聖戦はパラマストーナメントが導入されて今回で6回目だが、全てSリーグ1位が挑戦者になっている。順に、山下→河野→一力→山下→河野→河野、と来た。本来なら一力が来る順番だったのに、コロナ明けの弱い村川に負けおって&...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.11.13 Fri 11:09

第2局

本日打たれた王座戦第2局、黒番芝野・白番許。 この碁はねえ…芝野が堅実に堅実に打ち進め、それで勝った、という感じ。右辺の黒模様の中で白が動き出しても、芝野は慌てず騒がずしっかり繋がり、石が踊らない。白は中央は切断残りで左辺の大場に打つが、黒は中央白を睨んだカタツキから碁を決めていく。白は左下を地模様にして頑張るが、中央白に対しては兄弟喧嘩気味である。黒は左下に打ち込むが、白は中央で逆襲を開始した。左下の黒を無条件では取れないか、取っても負けということだろう。それで結局、左上の白をコウ...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.11.06 Fri 18:48

第1局

いよいよ始まった王座戦第1局、芝野虎丸王座に挑戦するのは許家元。握って、黒番許・白番芝野。 この碁は、とにかく若い!碁が若いとはこういうことか。右下の色々未確定な形から延々と戦いが続き、そのまま白中押し勝ち。 ついに令和三羽烏同士のタイトル戦の時代に突入した。令和三羽烏三番手の許は、令和三羽烏から脱落しないためにここで是が非でも令和三羽烏筆頭の芝野からタイトルを奪いたい。アマには理解しにくい碁だが、プロは結果が全てだ。若い許には番碁逆転の根性は十分にあるだろう。芝野の方がもっと若いのが恐...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.10.23 Fri 18:07

第2局

本日打たれた天元戦第2局、黒番井山・白番一力。 この碁はねえ…ちょうど第1局の逆になった。一力優勢でヨセが進んでいたのに一力がヨセで間違えて井山が逆転、僅差なれどあとは小ヨセのみというところで一力投了。 これでお互い、勝ち碁をヨセで逆転負けしたわけだ。改めて三番勝負というわけだ。王座戦は関係ないから年末をタイトル戦を打ちつつ過ごせるわけだ。なるほどねえ。まあ一力もこれで奪取すれば「井山が間違えたから奪取できた、わけではない」ということになるし。それにしても井山の最後まで諦めない姿勢...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.10.20 Tue 18:05

井山裕太が名人を奪還!三度目の大三冠!!!

芝野投了!井山4-1で名人奪還!!四冠で三度目の大三冠!!! いやーまじで終盤のあの複雑な捻じり合い、かなり危なく見えたけど読み切りだったのかよ。恐ろしい恐ろしい。大三冠はチクンは二度、井山は三度。また一つ、チクンの偉大な記録を上回ってしまったか…それに芝野は史上最年少三冠ということは、井山は芝野に最年少三冠記録を更新されたのだ。最年少四冠記録を更新されるわけにはいかないよなあ。芝野よ、タイトルは防衛して初めて一人前と言われる。井山に七番勝負で1勝は伊田でもできるんだよなあ(なお本木と一...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.10.14 Wed 21:13

第1局

いよいよ始まった天元戦、井山裕太天元に挑戦するのは一力遼。握って、黒番一力・白番井山。 この碁はねえ…一力が自信を持って打ち進めたよ。上辺の黒、あんなに平べったく受けて「これで打てる」とは秀和を彷彿させる。自信がないと決してできない打ち方だ。これで負けたら本当に弱いから。でもこれが地を大切にするAI流なんだよね。並の棋士はわかっていてもそれを採用できない。これで負けたら本当に弱いと思われるから。そして右上の2線のオキ。これで右辺をズラズラ這っていくのも自信がないと打てない。それで井山を追...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.10.08 Thu 18:36

第4局

昨日から本日にかけて打たれた名人戦第4局、黒番井山・白番芝野。 この碁はねえ…井山が上手く打ち回した。芝野はそれについていくだけの芝野流。白模様の中で黒が生きるか、というところで左辺でキカしにいった黒に白は手を抜いて黒の大石を攻めた。井山、キカしにいった所を連打したが、大石は生きている自信があったのか?本当に??結果的に生きて中押し勝ちだが… 井山、やはり火遊びをやめられないのではないか。左辺を連打せずに黒の大石を右辺にモタレつつ生きたらそれで終わりだろうに。あそこは連打した...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.09.30 Wed 19:14

世界の囲碁ルール

2019.09.16に書いたが、王メイエンの「こんなに面白い 世界の囲碁ルール」は大変面白く、かつ大変有意義な本である。 これは大変な労作であり、日本と中国の両方の囲碁ルールに詳しい王メイエンにしか書けない本でもある。全ての囲碁ファンに読んでほしい。今でも週刊碁で広告しているのは、日本棋院もこの本の意義を十分に意識しているということである。以前も書いたが、中共の覇権主義により不適切なことが世界を支配することは回避しなければならない。これは囲碁界に限らない。 こんな素晴らしい本は買った上で王メ...

貧乏庶民の法的思考3 | 2020.09.27 Sun 17:33

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全706件中 1 - 10 件表示 (1/71 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!