教会キリスト教
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

教会キリスト教

このテーマに投稿された記事:471件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c2/2919/
教会キリスト教
このテーマについて
イエス様の力ある技は、イエス様を心底受け入れた方、また、神様の道を通って受け入れた方には、だれにでもできます。神様の道から外れた普通の教会の信者さん、信じられますか?私は道です。本当の道を行けば、あなたにもイエス・キリストの癒しの奇跡はできるのです。神がなさるのですから。私は、私と言うたった一人で教会です。立派な大聖堂もありません。神様は大聖堂を見て信じなさいとは言ってはいません。聖句がその身に生きるために。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「auraacts」さんのブログ
その他のテーマ:「auraacts」さんが作成したテーマ一覧(9件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

2020年9月6日(月)聖霊降臨節第15主日

JUGEMテーマ:教会キリスト教 【おことわり】 この説教記録は、原稿段階のものと、説教後に、校正したものが含まれるほか、訂正もあります。 実際の現場では、説教原稿を読み上げることは不可能なので、記憶ちがいで固有名詞等間違えることがりあります。   今回の固有名詞の誤りは以下の通りです ?大岡昇平の作品『野火』の冒頭の言葉ではなく、『俘虜記』の冒頭の言葉でした。 歎異抄の言葉です。実際の説教の時は、忘れてしまって意味の説明だけしました。 わが こころ の よく て ころさ ぬ には あら ず 歎...

日本基督教団 川谷教会  | 2020.09.08 Tue 14:36

2020年8月16日聖霊降臨節第12主日『イエスの時の刻』

JUGEMテーマ:教会キリスト教                     主イエスの時の刻 聖 書 ヨハネによる福音書 第7章1節〜17節 その後、イエスはガリラヤを巡っておられた。ユダヤ人が殺そうとねらっていたので、ユダヤを巡ろうとは思われなかった。 ときに、ユダヤ人の仮庵祭が近づいていた。 イエスの兄弟たちが言った。「ここを去ってユダヤに行き、あなたのしている業を弟子たちにも見せてやりなさい。 公に知られようとしながら、ひそかに行動するような人はいない。こういう...

日本基督教団 川谷教会  | 2020.08.20 Thu 16:21

ルカの福音書19章41−48節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   神の都エルサレムが、神の訪れの時を知らず、神の家である宮が、神への祈りを忘れ「強盗の巣」と化していることの衝撃。いずれもそれは、本来神のものであるものを人が私物化していることに根本的な問題があるでしょう。   教会は主の教会です。でも、コロナで神の民たちの集いが行われないと、段々牧師の私物が増えていくような。。 そこに主がおられることを、いつも覚えていたいと思います。そして、この国が、私たちの教会が、主のものとして主のご支配に服することが...

田舎牧師のモノローグ | 2020.08.19 Wed 09:06

ルカの福音書19章28−40節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   前半に注目します。   イエスはなぜ直接、通りすがりにろばの子を所望されず、先に遣わした二人の弟子たちによってそうされたのでしょうか。 それは弟子たちに、何かを教えようとされたからでしょう。   主が教えようとされたことを三つばかり挙げてみたいと思います。   第一に、すべては主のご計画の中にあるということです。 ろばの子をお用いになったのは偶然ではありませんでした。たまたまそこにいたのを用いられたというのではないのです...

田舎牧師のモノローグ | 2020.08.18 Tue 09:35

2020年8月9日聖霊降臨節第11主日

                    聖餐の信仰 ヨハネによる福音書第6章41節〜59節 ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から降って来たパンである」と言われたので、イエスのことでつぶやき始め、こう言った。 「これはヨセフの息子のイエスではないか。我々はその父も母も知っている。どうして今、『わたしは天から降って来た』などと言うのか。」 イエスは答えて言われた。 「つぶやき合うのはやめなさい。わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのも...

日本基督教団 川谷教会  | 2020.08.09 Sun 19:38

2020年8月2日聖霊降臨節第十主日・平和主日  『渇望ではなく満腹のため』

          JUGEMテーマ:教会キリスト教 清水与志雄 聖句 ヨハネによる福音書6章22節〜27節 その翌日、湖の向こう岸に残っていた群衆は、そこには小舟が一そうしかなかったこと、また、イエスは弟子たちと一緒に舟に乗り込まれず、弟子たちだけが出かけたことに気づいた。 ところが、ほかの小舟が数そうティベリアスから、主が感謝の祈りを唱えられた後に人々がパンを食べた場所へ近づいて来た。 群衆は、イエスも弟子たちもそこにいないと知ると、自分たちもそれらの小舟に乗り、イエスを捜...

日本基督教団 川谷教会  | 2020.08.03 Mon 16:01

ルカの福音書11章37−54節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「とにかく、内にあるものを施しに用いなさい。そうすれば、見よ、あなたがたにとって、すべてがきよいものとなります。」(41)   食事の前に、きよめの洗いをなさらなかったイエスを見てパリサイ人たちは驚きました。そのパリサイ人たちを、主は厳しく非難されました。   主は、確かにきよめの洗いを必要となさらない方です。その心に、延いては行いや言葉に、罪も汚れもない方だからです。でも、パリサイ人たちは行いを気にします。その一方で、イエスの心が見...

田舎牧師のモノローグ | 2020.07.25 Sat 10:13

ルカの福音書11章14−26節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「汚れた霊は人から出て行くと、水のない地をさまよって休み場を探します。でも見つからず、『出て来た自分の家に帰ろう』と言います。帰って見ると、家は掃除されてきちんと片付いています。そこで出かけて行って、自分よりも悪い、七つのほかの霊を連れて来て、入り込んでそこに住み着きます。そうなると、その人の最後の状態は、初めよりも悪くなるのです。」(24−26)   『みことばの光』が言う、「不十分な悪霊追放」ということに目が留まりました。   「不十...

田舎牧師のモノローグ | 2020.07.23 Thu 11:06

列王記第二17章24−41節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   サマリアに蔓延したシンクレティズムの問題が取り上げられています。もし、他の神々と聖書の神が混同されるなら、たとえ本当の神を表面上拝んでいても、本当の神を拝んでいることにはなりません。なぜなら、聖書の神は、この天と地とを創造された唯一の、比類なき、聖なる創造主だからです。   「慣わし」という言葉が何度も登場することに気付かされます(26、27、33、34、40)。習慣・因習としての信仰の危険性を思わされます。習慣・因習はすぐに偶像化し、真の神とその御...

田舎牧師のモノローグ | 2020.07.17 Fri 09:26

列王記第二15章23−38節

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「そのころ、主はアラムの王レツィンとレマルヤの子ペカを、ユダに対して送り始められた。」(37)   いよいよ北の大国アッシリアの脅威が迫って来ます。アッシリアに押されたアラムとイスラエルは南下し、ユダの脅威となります。ユダはあろうことかアッシリアに頼ってこれを自国に引き入れてしまい、結局アッシリアは北王国を滅ぼし、アッシリアの後に興ったバビロンによって南王国も滅ぼされてしまいます。   すべては地政学や大国のパワーバランスによって説明...

田舎牧師のモノローグ | 2020.07.14 Tue 09:44

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全471件中 1 - 10 件表示 (1/48 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!