[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 教会キリスト教のブログ記事をまとめ読み! 全708件の1ページ目 | JUGEMブログ

教会キリスト教
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

教会キリスト教

このテーマに投稿された記事:708件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c2/2919/
教会キリスト教
このテーマについて
イエス様の力ある技は、イエス様を心底受け入れた方、また、神様の道を通って受け入れた方には、だれにでもできます。神様の道から外れた普通の教会の信者さん、信じられますか?私は道です。本当の道を行けば、あなたにもイエス・キリストの癒しの奇跡はできるのです。神がなさるのですから。私は、私と言うたった一人で教会です。立派な大聖堂もありません。神様は大聖堂を見て信じなさいとは言ってはいません。聖句がその身に生きるために。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「auraacts」さんのブログ
その他のテーマ:「auraacts」さんが作成したテーマ一覧(9件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ヨハネの福音書10章31−42節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   イエスを「冒瀆」の一点張りで殺そうとするユダヤ人たち(33)。しかし、『みことばの光』が言うように、「冒瀆」の実態がイエスには見られません。しかも、ことばの上で、イエスはご自分を「神」だと明言されませんでした。ここでのように「神の子」とは言われましたが、それは聖書の教えに反してはいません(34−36)。 むしろ、なぜ主はご自分が神なのに、それを明確な言葉にされなかったのでしょうか。いろいろと考えられますが、一つには、明言せずともイエスには...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.08 Mon 10:12

ヨハネの福音書10章31−42節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   イエスを「冒瀆」の一点張りで殺そうとするユダヤ人たち(33)。しかし、『みことばの光』が言うように、「冒瀆」の実態がイエスには見られません。しかも、ことばの上で、イエスはご自分を「神」だと明言されたことはありませんでした。「神の子」とはここで言っておられますが、それは聖書の教えに反していません(34−36)。 むしろ、なぜ主はご自分が神なのに、神であるとはっきり主張されなかったのか、と思います。それは、イエスと出会った人々がイエスの人格と...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.07 Sun 22:48

ヨハネの福音書10章19−30節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「あなたがたは信じません。あなたがたがわたしの羊の群れに属していないからです。わたしの羊たちはわたしの声を聞き分けます。・・・わたしと父とは一つです」(25−30) イエスのことばによってもわざによってもイエスを信じることができなかったユダヤ人たち。その彼らに対し、イエスは、信じないから群れに属していない、とは言われません。群れに属していないから信じない、と言われます。信じることは、その人自身によることでなく、羊飼いである神のご計画とみわざによるこ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.06 Sat 22:34

ヨハネの福音書10章1−18節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   イエスだけが御国の「門」であり、神の民の「牧者」です。幸いなことに、神の民はイエスの「声を聞き分ける」とあります。イエスの声を知っているからです(3,4)。 この「門」を通らずに羊を連れ出そうとする人たちのことを、「門番」として、これまでとても警戒してきました。イエス以外の人たちに対して門を閉ざすことは、彼らの任務です。でも、思い煩うことは全く必要ないのですね。イエスの前には門番も羊に過ぎません。また、囲いの中の羊たちは、イエスの声を聞き分け、イ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.06 Sat 10:28

詩篇27篇8−14節(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   信仰による確信に満ちた詩篇です(ヘブル11:1参照)。 ダビデは1節で、それを高らかに表明していた。「主は私の光 私の救い。だれを私は恐れよう。/主は私のいのちの砦。だれを私は怖がろう。」 仲間が増えた訳ではありません(7−10)。敵がいなくなった訳でもありません(11−12)。ダビデにあるのはただ、主の救いを待ち望む信仰だけです。「待ち望め 主を。/雄々しくあれ。心を強くせよ。/待ち望め 主を。」(13−14)その信仰が、ダビデをこれほどまでに強くするのです。 ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.06 Sat 08:45

ヨハネの福音書9章24−41節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   パリサイ人たちは、イエスが「罪人であることを知っている」と言います(24)。彼らは自分たちに霊的なものが「見えている」と主張しているのです。しかし、彼らの言っていることには根拠がありません。安息日に人を癒してはならないという律法はなく、それを禁止したのは彼ら自身だからです。後のイエスの裁判においても、イエスに罪があることを彼らは証明できませんでした。 一方、盲目を癒された人は正直に、イエスが罪人であるかどうかは「知らない」と答えます。そして、ただ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.05 Fri 07:52

コリント人への手紙第一1章1−17節(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「神は真実です。その神に召されて、あなたがたは神の御子、私たちの主イエス・キリストとの交わりに入れられたのです。」(9) パウロはこれからコリントの教会に生じた様々な問題を指摘することになります。その前に当たり、問題だらけのコリントの教会の人々を「キリスト・イエスにあって聖なる者とされ、聖徒として召された方々」と呼び、すでに彼らが神の者として取り分けられていることを確認します(2)。 罪を犯したからクリスチャンでなくなる訳ではないのです。パウロ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.04 Thu 16:19

歴代誌第二33章14節−34章(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「王は律法のことばを聞いたとき、自分の衣を引き裂いた。」(34:19) 「あなたがこの場所とその住民について神のことばを聞いたとき、あなたは心を痛めて神の前にへりくだって自分の衣を引き裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。」(34:27) ヨシヤ王はこのときすでに、国内の宗教改革に立派に取り組んでいました。しかし、見つかった律法の書に欠けや至らないところを示されたとき、心を痛め、悲しみました。彼の悔い改めがいかに真摯なも...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.03 Wed 10:52

ヨハネの福音書9章1−12節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「イエスは答えられた。『この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。この人に神のわざが現れるためです。』」(3) 広い意味で、病気や障碍の原因は罪です。しかし、ヨブの例に見られるように、病気の原因がその人自身の罪にあるとは限りません。生まれつきの障碍についてはいわんやです。それに、すべての人には罪があります。人はその罪のゆえに、例外なく死ななければなりません。ですから、病気や障碍の原因を詮索することにはあまり意味がありません。むしろ、有害...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.03 Wed 10:41

歴代誌第二32章−33章13節(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「彼ら(アッシリア)は、人の手のわざである、地上の民の神々について語るのと同じように、エルサレムの神について語ったのである。」(19) 真の神は、「エルサレムの神」であり、この天地の造り主であり、イエス・キリストにおいてご自身を最高度に啓示された神です。その神について、「地上の民の神々について語るのと同じように・・・語」ることは断じて許されません。真の神は、八百万の神でもなければ、Something Greatでもありません。真の神は、「エルサレムの神」として...

田舎牧師のモノローグ | 2022.08.02 Tue 10:17

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全708件中 1 - 10 件表示 (1/71 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!