[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 教会キリスト教のブログ記事をまとめ読み! 全713件の11ページ目 | JUGEMブログ

教会キリスト教
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

教会キリスト教

このテーマに投稿された記事:713件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c2/2919/
教会キリスト教
このテーマについて
イエス様の力ある技は、イエス様を心底受け入れた方、また、神様の道を通って受け入れた方には、だれにでもできます。神様の道から外れた普通の教会の信者さん、信じられますか?私は道です。本当の道を行けば、あなたにもイエス・キリストの癒しの奇跡はできるのです。神がなさるのですから。私は、私と言うたった一人で教会です。立派な大聖堂もありません。神様は大聖堂を見て信じなさいとは言ってはいません。聖句がその身に生きるために。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「auraacts」さんのブログ
その他のテーマ:「auraacts」さんが作成したテーマ一覧(9件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

エズラ記9章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   この世には悪があります。教会の中にも残念ながら見られます。私たちはその悪とどのように向き合っているでしょうか。 「第二の出エジプト」により、捕囚からの帰還を許された民たち。なぜ捕囚の憂き目にあったのでしょうか。それは、アッシリアやバビロンがイスラエルよりも強かったからではありません。彼らが神のみことばに従わず、約束の地に住んでいた人々と混じり合い、その罪深い習慣に倣うようになったからでした。ところが、折角あわれみによって再び約束の地に返されたの...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.28 Sat 10:57

エズラ記8章21−36節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   アハワ川のほとりでエズラは断食を布告します。それは、道中の無事を神に願い求めるためでした(21)。特に断食してまで祈ったのは、敵から自分たちの身を守ってくれる護衛部隊も騎兵もなかったからです。そうすればできたのに、エズラは王にそれを求めることを「恥じた」のでした。『みことばの光』が言うように、兵を願い求めること自体は悪いことではありません。でも、常々「私たちの神の御手は、神を尋ね求めるすべての者の上に幸いを下し、その力と怒りは、神を捨てるすべての者の...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.27 Fri 09:08

エズラ記8章1−20節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   エズラに率いられた第二次帰還民は、アハワの川辺で三日間宿営します。そこで気づきます。神殿礼拝に必要なレビ人がいない(1−15)。そこで11人の代表者がカシフヤ地方の「宮のしもべたち」のところにレビ人を送ってもらうべく遣わされます(16−17)。その結果、有能なレビ人たちと宮のしもべたちが大勢連れて来られました(18−20)。エズラはその一連の出来事の背後に「神の恵みの御手」を見ています(18)。 「神の恵みの御手」。それは、すべての御心を必ず成し遂げる全知全能の...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.26 Thu 07:01

エズラ記6章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   敵の16年間にもわたる妨害により、通算22年ほど掛かって神殿の再建工事が終了しました。 エズラはこの建築がペルシアの王たちの命令によって終えられたと言います(14)。強大な権勢を神の民の上に振るった王たちも、王の王である神の器に過ぎませんでした。 また、22節では「アッシリアの王の心を彼らに向けて」と、イスラエルを捕囚としたアッシリアのことが思い起こされています。 神殿の再建は、イスラエルの霊的再建の現れです。それはまず、アッシリアによるイスラエルの...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.24 Tue 09:31

エズラ記5章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   ハガイとゼカリヤを通して与えられた神のみことばに励まされ、神殿の再建が再開されます。そこで、総督たちが「待った」をかけます。誰の命令によって、権威によって、城壁を建て直すのか、と。 ユダヤ人たちは、これが実際キュロス王の命によって始められたのだということを含む回答をし、総督たちはダレイオス王にその旨を報告して本当にその通りかどうか公文書の調査依頼をします。そして、その調査が終わるまで工事は継続することになりました。 しかし、エズラはその工事継...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.23 Mon 10:54

エズラ記3章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   祝祭のために心一つに集まった帰還民たち。その礼拝を皮切りとして、神殿再建が始まります。健全な始まりです。すべては霊的な再建(再生)から始められなければなりません。 そしてついに、神殿の礎が据えられます。多くの者たちは喜びに溢れ、主を賛美して大声で叫びました。しかし、以前の宮を見たことのある多くの老人たちは、大声をあげて泣きました。「一人の人のよう」(1)なイスラエルの「悲喜こもごも」の叫び声です。エズラは、老人たちの悲しみに対しても否定的ではあ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.21 Sat 08:49

エズラ記2章59−70節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   神殿再建のために帰還した人々の中に、「歌い手」が特別に明記されていることに目が留まります(65。41も参照)。未だ神殿が再建されていないときです。『みことばの光』が言うように、彼らは信仰によって神殿再建を確信していたのです。また、神殿再建前にも礼拝は行われたでしょうから、そこでの賛美を導くためでもあったかもしれません。いずれにしても、祭司やレビ人といった人たちも然ることながら、「歌い手」が礼拝に欠かせない存在としてあったものと思われます。当時の礼拝にお...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.20 Fri 09:19

エズラ記2章1−58節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   私たちには退屈で聖書通読のつまずきとなるような系図も、捕囚のユダヤ人たちにとっては自分たちのアイデンティティに関わる大切な記録でした。 私は「族」という言葉を読むと、アマゾンやインドネシアの奥地に住んでほとんど互いに交渉を持たない「民族」「部族」を想像してしまいます。しかし、系図の真ん中辺りから祭司や礼拝の奉仕者たちが出て来るのを見る時、改めて彼らが信仰共同体の一員であり、礼拝の民を構成するのに欠かせない人々であったことを思い起こさせられます。...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.19 Thu 07:08

エズラ記1章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   ペルシアからユダヤの民たちがエルサレムに帰還します。神殿再建のためです。それは、『みことばの光』が言うように、「第二の出エジプト」と言ってもいい出来事でした。捕囚の憂き目に遭っていたユダヤ人たちにとっては待望の、救いの時です。 それは、バビロンを滅ぼしたペルシア王キュロスによることでした。彼の出現は、140年も前に、すでに名指しで預言者イザヤが予告していたことです(イザヤ45:1)。 ユダヤ人たちは王をこの上なくほめたたえ、私たちは「ああ、こんな...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.18 Wed 17:51

エステル記9章20節−10章3節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   ユダヤ人たちが未だに毎年記念し祝っているプリムの祭り。その祭りの制定過程が記されています。 「プル(プリムはその双数形)」は、ハマンがユダヤ人虐殺の日を定めるために投げたくじでした(3:7)。その虐殺はくじによって定められたこの日、ハマンとユダヤ人虐殺を目論んだ者たちの頭上に返されました。「プリムの祭り」は、この逆転劇をもたらした、歴史に現わされた神の摂理の御手を記念するものなのです。 イエス・キリストの十字架はそれ以上の逆転劇をこの歴史の中...

田舎牧師のモノローグ | 2022.05.17 Tue 07:18

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全713件中 101 - 110 件表示 (11/72 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!