[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 教会キリスト教のブログ記事をまとめ読み! 全713件の9ページ目 | JUGEMブログ

教会キリスト教
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

教会キリスト教

このテーマに投稿された記事:713件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c2/2919/
教会キリスト教
このテーマについて
イエス様の力ある技は、イエス様を心底受け入れた方、また、神様の道を通って受け入れた方には、だれにでもできます。神様の道から外れた普通の教会の信者さん、信じられますか?私は道です。本当の道を行けば、あなたにもイエス・キリストの癒しの奇跡はできるのです。神がなさるのですから。私は、私と言うたった一人で教会です。立派な大聖堂もありません。神様は大聖堂を見て信じなさいとは言ってはいません。聖句がその身に生きるために。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「auraacts」さんのブログ
その他のテーマ:「auraacts」さんが作成したテーマ一覧(9件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

箴言17章17−18節(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「友はどんなときにも愛するもの。/兄弟は苦難を分け合うために生まれる。」(17) 本当の愛と本当に麗しい人間関係(友、兄弟、夫婦、家族)は、苦難の時に試されます。喜びや豊かさだけでなく苦難も自分のものとして分かち合うことができるかどうか。どんなときにも愛することができるか。 増え続ける離婚。そもそも結婚さえ望まれなくなってきました。家庭内不和、暴力、虐待、差別。侵略、紛争、戦争、テロ。この愛の冷え切った自己中心の人の世に、そして私の心に、キリス...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.20 Mon 09:02

雅歌1章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   夫婦の愛の、あるべきかたち、あるべき姿を教えられます。ことばを尽くして相手をほめたたえること。私も含め、日本人男性には一番苦手なことかもしれません。 5節に目が留まります。この女性は言います。「私は黒いけれども美しい。」彼女は日焼けした自分の容姿に自信がありません。それゆえ、他の人の目も気になります(6)。しかし、そういう人の評価や自分自身の評価さえも超えて、自分を「黒いけれども美しい」と言えるのは、自分の愛する人が「女の中で最も美しいひとよ」と...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.19 Sun 22:44

使徒の働き12章1−23節(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   教会に対する国家権力からの迫害。ヤコブは殉教の死を遂げ、ペテロは助け出されます。そして最後に、迫害者が死にます。 ヤコブとヘロデの「死」の間にペテロの「いのち」が挟まれているのは興味深いことです。ヘロデはヤコブを殺しましたが、神はヘロデを殺しました。ヘロデの死は神の裁きですが、ヤコブの死は御子の死であり、いのちです。死んだヤコブにも生き延びたペテロにも、キリストのいのちと神の国が満ち溢れています。 問われているのは、その人のいのちの在処です...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.18 Sat 10:33

ネヘミヤ記13章1−18節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   私たちは弱く、目を覚まして祈っていないとすぐに誘惑に陥ってしまいます。   ネヘミヤが留守の間にまたしても、民たちの間に霊的な綻びが生じてしまいました。人々は誓いを忘れ異邦人の妻を娶り、本来献げ物の保管場所であった部屋は、よりによって祭司であるエルヤシブが帰還民たちに敵対するトビヤに宛てがっていました。礼拝の奉仕者であるレビ人への支給は滞り、彼らはエルサレムから逃げ去ってしまいました。安息日も汚されていました。 ネヘミヤは再び改革を断行...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.18 Sat 09:18

使徒の働き11章(聖書通読箇所から)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   ローマの辺境、ユダヤの地に撒かれた福音の種が異邦人の地にまで遍く宣べ伝えられて行くようになるためには、色々な意味での非常に高い障壁を乗り越える必要がありました。しかし、先人たちはその障壁を乗り越えて進みました。それはまさに、神のみわざでした(17−18)。 「あなたは割礼を受けていない者たちのところに行って、彼らと一緒に食事をした」(3)は、ルカ15:2や19:7を思い起こさせます。いずれも罪人たちとの間の障壁をある意味簡単に乗り越えて行かれた主イエスに対...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.17 Fri 09:24

ネヘミヤ記12章1−26節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   「明治」「大正」「昭和」「平成」「令和」と、天皇の名で時代が区切られるこの国。憲法や政治体制、文化は大きな変遷を遂げ、時代の移り変わりを感じずにはいられません。 大祭司で区切られた帰還民たちの「時代」(7、12、22−23、26。『みことばの光』参照)。日本にはない、ユダヤ人たちの間に延々と引き継がれて来た普遍的な価値観を改めて学ばせられると同時に、引き継がれなければならなかった「職」とか「人」の有限性を感じさせられもします。その限界を弁えつつ変わること...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.16 Thu 08:52

ネヘミヤ記11章(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   子育てをしていていつも心掛けていることは、大切な大切な、本当の「自由」について教えることです。 エルサレムに住む人々が定められ、いよいよ町としての体裁が整います。 指導者以外の民たちの中から、くじによって十人に一人がエルサレムに住むようになります。しかし、選ばれた人たちは嫌々ながら住むのではありません。「自分から進んでエルサレムに住む」のです。民たちもまた、彼らのことを祝福します(1−2)。ここに、神の恵みによって本当に自由にされた人々の姿が...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.15 Wed 08:29

ネヘミヤ記9章38節−10章

JUGEMテーマ:教会キリスト教   悔い改めて神のあわれみを祈り求めた民たちは、「盟約」を結び、呪いの「誓い」を立て、律法に従うことを約束します。律法に違反して滅びを招き、今神のあわれみによって再び新たなスタート地点に立たされた民たちの、真剣な決意が伝わって来ます。特に礼拝に関する事柄についての詳細な誓いが並びます。それは『みことばの光』が言うように、「神の民全体のいのちが礼拝にかかっていると覚えたから」です。 私たちには、御子イエスの完全な律法順守と十字架の贖い、それに聖霊の恵...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.14 Tue 07:05

ネヘミヤ記9章16−37節(『みことばの光』誌によるデボーション)

JUGEMテーマ:教会キリスト教   第一歩が踏み出せなかったり、第一歩を間違ったりして、目的地に辿り着けないということがないでしょうか。   民たちの代表による、壮大な民族としての歴史における罪の告白がなされます。その歴史は、「あなたは真実を行われましたが、私たちは悪を行ったのです」(33)という一言にまとめることができるでしょう。そして、今ペルシア帝国の支配下にある困難と苦しみはその結果であり、彼らは「私たちに降りかかったすべてのことにおいて、あなたは正しくあられます」と言う...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.13 Mon 09:23

ネヘミヤ記7章72節後半ー8章

JUGEMテーマ:教会キリスト教   学者エズラにより律法の書が読まれ、レビ人たちがそれを説き明かします。そうしてみことばの意味を「明快に示したので」、民は読まれたことを理解しました(1−8)。みことばには、すべての人々に理解されるべき意味があります。そしてその意味が説き明かしによって明快に示されなければなりません。個人の経験にみことばの意味が直ちに還元されてしまう現代の聖書解釈(?)やキリスト理解は非常に危険です。この当たり前のことが当たり前になっていない私たちの時代を思います。 ...

田舎牧師のモノローグ | 2022.06.11 Sat 09:46

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全713件中 81 - 90 件表示 (9/72 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!