>
「終活」を考える 遺品整理・遺言など
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

「終活」を考える 遺品整理・遺言など

このテーマに投稿された記事:242件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c211/22893/
「終活」を考える 遺品整理・遺言など
このテーマについて
「終活」人生の終わりをどのように過ごし、生きた証をどのように残していくか。
後に遺された家族や知人に負担をかけないためにどうするかなど、より良い老後を送り、悔いのない末期を迎えるために考えてみましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「uttaeteyaru」さんのブログ
その他のテーマ:「uttaeteyaru」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ミカンの夢

  午後、いつものパソコンの前。少し、うたた寝など。   気付けば部屋は寒くなっている。その空気に神経を刺激されたか、夢を見る。   小さい頃、冬のある日に雪の中にミカンを埋めた。凍るだろうと思って放っておいたそのミカンのことは、そのまま忘れてしまった。   春になれば、出てくるかもしれない。気付いたかもしれない。   ささやかな、ワクワクするような思い出。   目を覚ましたあと、冷たさに身震いしながらふと考える。   ある子供が、雪の中...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.10.16 Tue 19:57

湿った藁

  意味産業というコンセプトを前々から持っています。   地域活性化で地産品をプロデュースする時などには、商品そのものではなく、商品の背景にある物語や作り手の存在感、そして商品を買うことによってできあがる買い手/売り手の繋がりやその先のストーリーなど、こうしたものを意識してブランドの価値を高めていくというのが基本的な考えです。   そういうブランド商品が安定生産品に勝ちうるのは、現代の私たちが、物そのもの、というよりもそこに宿る意味を求める存在に変わりつつあるから。 &n...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.10.13 Sat 11:11

見知らぬ人への遺言

  もしも遺言を残すとしたら、きっと誰でも、先ずは身近な人に宛ててそれをしたためることでしょう。   でも中には、こういう遺言があっても良いのではないでしょうか? 誰かに向けた目的のある文書、ではなくて、見知らぬ誰かに宛てたもっと「空っぽ」で「広がりのある」遺言があったとしても。   例えば、こんな風に。     こんにちは。見知らぬ友よ。   私は今、地球の人類史における西暦2018年、10月11日にこれを書いている。人類の誕生からすでにおよそ10万年ほどが...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.10.11 Thu 09:13

悟り売る人 − 「私」のこと

  「君は突然大胆なことをして周りを驚かせる」というご叱咤を、これまでも何度か。   そう見えるのも無理からぬことで・・・というのも、私は小さい頃から自分のパーソナリティを場面場面に応じて極単に使い分ける癖を持っているからです。   私はこの資質によって、例えば思春期の荒波の中でも、ある程度の現実適応レベルを保ちながら社会全体への途方もない絶望を保つ、という奇妙な状態を実現していたりしました。   社会人になって、そういうものがあまりバラバラだと生活上困りますので、...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.10.01 Mon 11:03

故人に耳なし

  悲嘆(ひたん)、とは、親しい家族やペットを失くしたときなどに感じる、深い悲しみのこと。   悲嘆を乗り越えることを「グリーフワーク」、それを援助することを「グリーフケア」と呼びます。   悲嘆には始まりから回復までいくつかのプロセスがあり、そのうちのひとつ"無力感”の状態は、抑うつ症状に良く似たものです。   ですが、一般的な抑うつが「私なんか」という「自己嫌悪」を特徴とするのに対して、悲嘆における無力感はあくまで「失った人を深く想う気持ち」が中心に...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.30 Sun 10:51

誰でもできる終活

  終活は、高齢の方だけのもの・・・何となれば、病気で余命宣告をされた末期の人にだけ必要なもの。そんな風に考えてはおられませんか。   いつ終活をはじめれば良いか。一般には65歳、75歳などで、身の回りの金銭状況が変わりはじめたりする時期・・・というような風潮がありますね。   しかし私は、そうではなくて、本質を考えれば終活を始める時期は「成人するとき」だと考えます。   もちろん、成人したからじゃあお墓を用意しようか、というような話ではありません。   「終活」...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.27 Thu 12:36

アロマ・ハーブ本ヤフオクにて断捨離中!

JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など   良くも悪くもいろんな機会に恵まれている私からのみなさんへの提言だ! 39歳の時に親父を亡くし、衣装持ちで、多趣味の親父の遺品整理… 途方に暮れて、業者に3万円だして整理してもらった。←兄貴が勝手になっ!   いやいやいやいや!! まじ博多の着物とか、鮎釣りのすごい竿とか、壺とか なんかガラス棚に洋酒いっぱいあったよね?   今でも腹がたつのだがっ!価値のわからない人にはただのゴミかもしれないけど...

ちこのアロマ館 | 2018.09.22 Sat 13:34

苦しみには意味がある

純粋に哲学的に言えば、「病気」というものは存在しません。   本質的には、私たちは「健全な人間」がどんなものかを厳密には規定できないからです。ただなんとなく「感覚的に」こうではないか、というガイドラインを消去法的に設けているだけなのです。   (単純な思考実験ですが、ある日突然、地球が太陽系の軌道を外れたとしたら、「一年」とか「一日」とかいう言葉は全く無意味になり、そのうち使われなくなるでしょう。病気も同様に、その生物種が進化する過程で、増えたり、減ったりしていくものだと思い...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.19 Wed 11:26

カウンセリングは心のエステティック

  そんなキャッチーなフレーズを思い浮かべる、2019年の秋。   ありがちだなぁ・・・実際にどこかよそで見たのかもしれない。   さて世の中には、身体の健康に関する情報は豊富に溢れていて、私たちは体調不良っぽい人を見かけるとすぐに「それ〜〜の症状じゃない?」「ちゃんと病院で見てもらった方が良いよ」などとお節介にも声をかけてくれるものだ。   一方、心の健康については?   これは何というか、はっきり言ってしまえば、アフリカやアマゾンの未開文明の人々が「生きたコ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.16 Sun 10:32

イヴァルステッドのグウィリン

  「エルダースクロール」という海外の伝統あるRPGシリーズがある。   細部まで作り込まれた世界観の中で自由にキャラクラーを作り、圧倒的な数のストーリーラインをプレイヤーの好きな順番で辿っていける、というのがこのゲームのウリ。   私はちょうど最初の会社を辞めた時期がこのゲームの5作目の発売時期に重なっていたのもあり、相当の時間をこのゲームの中で過ごしている。   今でも時々このゲームのことを思い出すのは、5作目「スカイリム」の中に特別印象深い台詞を言うキャラクタ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.11 Tue 12:41

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全242件中 11 - 20 件表示 (2/25 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!