>
「終活」を考える 遺品整理・遺言など
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

「終活」を考える 遺品整理・遺言など

このテーマに投稿された記事:226件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c211/22893/
「終活」を考える 遺品整理・遺言など
このテーマについて
「終活」人生の終わりをどのように過ごし、生きた証をどのように残していくか。
後に遺された家族や知人に負担をかけないためにどうするかなど、より良い老後を送り、悔いのない末期を迎えるために考えてみましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「uttaeteyaru」さんのブログ
その他のテーマ:「uttaeteyaru」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

アロマ・ハーブ本ヤフオクにて断捨離中!

JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など   良くも悪くもいろんな機会に恵まれている私からのみなさんへの提言だ! 39歳の時に親父を亡くし、衣装持ちで、多趣味の親父の遺品整理… 途方に暮れて、業者に3万円だして整理してもらった。←兄貴が勝手になっ!   いやいやいやいや!! まじ博多の着物とか、鮎釣りのすごい竿とか、壺とか なんかガラス棚に洋酒いっぱいあったよね?   今でも腹がたつのだがっ!価値のわからない人にはただのゴミかもしれないけど...

ちこのアロマ館 | 2018.09.22 Sat 13:34

苦しみには意味がある

純粋に哲学的に言えば、「病気」というものは存在しません。   本質的には、私たちは「健全な人間」がどんなものかを厳密には規定できないからです。ただなんとなく「感覚的に」こうではないか、というガイドラインを消去法的に設けているだけなのです。   (単純な思考実験ですが、ある日突然、地球が太陽系の軌道を外れたとしたら、「一年」とか「一日」とかいう言葉は全く無意味になり、そのうち使われなくなるでしょう。病気も同様に、その生物種が進化する過程で、増えたり、減ったりしていくものだと思い...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.19 Wed 11:26

カウンセリングは心のエステティック

  そんなキャッチーなフレーズを思い浮かべる、2019年の秋。   ありがちだなぁ・・・実際にどこかよそで見たのかもしれない。   さて世の中には、身体の健康に関する情報は豊富に溢れていて、私たちは体調不良っぽい人を見かけるとすぐに「それ〜〜の症状じゃない?」「ちゃんと病院で見てもらった方が良いよ」などとお節介にも声をかけてくれるものだ。   一方、心の健康については?   これは何というか、はっきり言ってしまえば、アフリカやアマゾンの未開文明の人々が「生きたコ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.16 Sun 10:32

イヴァルステッドのグウィリン

  「エルダースクロール」という海外の伝統あるRPGシリーズがある。   細部まで作り込まれた世界観の中で自由にキャラクラーを作り、圧倒的な数のストーリーラインをプレイヤーの好きな順番で辿っていける、というのがこのゲームのウリ。   私はちょうど最初の会社を辞めた時期がこのゲームの5作目の発売時期に重なっていたのもあり、相当の時間をこのゲームの中で過ごしている。   今でも時々このゲームのことを思い出すのは、5作目「スカイリム」の中に特別印象深い台詞を言うキャラクタ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.11 Tue 12:41

納棺と長生き

  『こういう仕事をしてると、あんた長生きするよ』と、故人の奥様がおっしゃった。   ご自宅にてすでに亡き人の納棺を終え、しばし雑談をしている最中のこと。   「そうでしょうか?」と返すと、『そうよ。そういうもんよ。』と白髪の女性は屈託なく笑っておられた。   毎日を、己の生業として『死』に触れている納棺師たち。彼らは長生きするだろうか。   個人的には、その仕事を通して私の価値観は変わった。財布の中には、名刺用紙に印刷した「死亡時の手はず書き」を入れた...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.09 Sun 12:09

納棺と、今昔 家物語

  縁側は死の匂いがする。現代の家は、そんなものまるで縁が無いとばかりに、素知らぬ顔で取り澄ましているのだ。   と、まあ詩的な書き出しをしてみましたが、ひどく現実的な話です。納棺のこと。   納棺師は、割合にして半分くらいは葬儀会館で仕事をします。もう半分くらいは、ご自宅を訪問して湯灌(お風呂)やご納棺をするわけです。   ご自宅訪問の場合、お家に着いた瞬間に、その現場の難しさが結構わかるものです。家の作りが現代的かどうかで。   伝統的な間取りで縁側...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.09.01 Sat 20:21

それに価値なんてない

  裏でサイトのブラッシュアップ作業を進めながら、関連することを色々考えている。   web構築やアフィリエイト、個人ブログ、情報商材、ネットビジネスとコンサルタント、youtubeと音楽の著作権、電子書籍、モノの価値などについて。   音楽業界はなぜ行き詰まってしまったのだろう? それは音楽に価値が無くなったからだろうか。「経済的な価値」で言えば、確かに一昔前に比べて少なくなったような気はする。   違和感。   音楽ひとつひとつの価値が減っていったから、経済的な...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.08.28 Tue 09:25

納棺と夢

  どんな仕事にだってストレスはある。けれど納棺の場合は、そのストレスは泥のように拭いがたい実感を伴って、心の深い部分にまとわりついてくる。   だから納棺師は、時々印象深い夢を見る。きっと私だけではないはずだ。変わった仕事の後、矢継ぎ早に現場を終わらせて心身共に疲れきっている日、失敗した時、驚かされた時、などなど。   そうしたストレスを整理して心を回復させるために、深いリアルな夢を見るのだ。   例えば私は、『こんな夢を見た』。   一人での仕事で、...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.08.27 Mon 10:55

人が幸せになりたければ

  『でも、見たことも聞いたこともないその鳥を、どうやって君は捕まえるつもりなの?』   さて、どうしたら自分は幸せになれるのか、なんてことを、考えない人が世の中に居るだろうか。   いいや、そんな人は居ない。   だが一方で、どうしたら自分は幸せになれるのか、それをはっきり知っている人はどこにいるか。   それもまた、生憎どこにも居ないのだ。   「幸せ」とは、感想である。それは後になってわかる、というよりも、感じる。   幸せになる方...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.08.26 Sun 11:25

福祉政策のブレーキ

  今日は少し趣旨を変えて、経済と福祉のこと。   ふと思ったのだけれど、福祉政策というのは、田舎のショッピングモールみたいなものである。   ショッピングモールは地元商店街の小売店を駆逐し、営業が成り立つ間は良いのだが、人口が減少してくると縁の切れ目とばかりにそこから撤退する。   取り残された近所の人々は買い物難民になり、すでに商店街はもぬけの殻、その土地の生活圏はめちゃくちゃになる。   さて繰り返しになるが、国家全体で一律に進められる福祉政策やセ...

夜ルコト 営業日誌 | 2018.08.25 Sat 10:27

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全226件中 1 - 10 件表示 (1/23 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!