救急救命士
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

救急救命士

このテーマに投稿された記事:219件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c214/4533/
救急救命士
このテーマについて
救急システム崩壊が危惧される中の救急救命士、救急隊の現場の話

よく町で見かける救急車ですが、救急隊員、救急救命士たちの仕事はあまりよく知られていません。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「parapiero」さんのブログ
その他のテーマ:「parapiero」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

現場は迷いの中で

救急隊に求められていることは緊迫の現場であっても冷静沈着に判断し、そして安全に迅速に傷病者を医療機関へと送り届けることです。この判断が時には傷病者の生命、予後に大きく影響することだってあります。とは言え、救急隊員たちは医師ではありません。危険な病態を推測することはあっても診断することはないのです。病院前救護の担い手としては傷病者の利益を考えれば、判断に迷った時には危険側に立って判断する、結果、オーバートリアージになることはありますが、それは容認されて良いこととされています。迷ったら危険側に立...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.09.27 Tue 11:55

2次か?3次か?

救急隊に求められていることは緊迫の現場であっても冷静沈着に判断し、そして安全に迅速に傷病者を医療機関へと送り届けることです。この判断が時には傷病者の生命、予後に大きく影響することだってあります。とは言え、救急隊員たちは医師ではありません。危険な病態を推測することはあっても診断することはないのです。病院前救護の担い手としては傷病者の利益を考えれば、判断に迷った時には危険側に立って判断する、結果、オーバートリアージになることはありますが、それは容認されて良いこととされています。迷ったら危険側に立...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.09.26 Mon 13:20

そんなに緊急ってことはありません

救急車は緊急車両、119番通報は緊急事態の際に活用するSOSの手段です。とは言え、緊急事態とは思えない際に救急車が活用されていると言うことはこのサイトで数々紹介してきた通りです。適正な利用がなされていないことが救急要請が増大している大きな要因ですが、その要因のひとつに「入院目的」があります。救急車で医療機関にかかれば入院できると思っている方が多いのです。もちろん、そんな事はなく救急車で医療機関にかかろうが、自身でかかろうが、入院するかどうかは医師が診察し判断することです。「入院できる病院に連...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.06.17 Fri 16:14

震災を経て

お久しぶりです。パラメディック119管理人のパラ吉です。半年近くもの間、当サイト、ブログの更新を怠っていました。当サイトをご覧頂いている方には申し訳ありませんでした。様々な要因がありましたが3月11日に起こった大震災がその大きな要因です。この大震災で亡くなられた方、またそのご家族、今も避難所生活をされている方々、たくさんの苦しんでいる方々のご冥福を陰ながらお祈りいたします。この震災で私も改めて考えさせられるものがたくさんありました。私の仲間も被災地に派遣され、凄惨な現場を目の当たりにして帰っ...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.06.11 Sat 12:14

救急法のこと

あなたは、家族や大切な人がケガをしたり生命を失いそうな時に応急手当ができますか?止血法、心肺蘇生法、AEDの使用法骨折やケガの手当など、全般にわたり自信を持ってできることが大切ですよね。JUGEMテーマ:救急救命士

ウェルネス メッセージ | 2011.04.21 Thu 10:02

この町の先生になろうって人は…

 この夏の総選挙を控えて各党、各候補者たちが支持を訴えるために必死の活動をしています。数年前の選挙を控えた時期でした。政治家を名乗る人からの苦情は、演説をしているのに救急車のサイレンがうるさいとの内容でした。この町の先生になろうって人は…というお話を更新しました。 私たち消防官は町の住民のために日夜汗を流しています。そんな私たちの活動に住民の方々から励ましの言葉をいただくこともある一方で、サイレンがうるさいと苦情を受けることもあります。私たちからしてみれば緊急車両の要件にはサイレンを鳴らすこと...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.03.31 Thu 10:32

第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会

第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会のご案内 【テーマ】  救急における多職種の連携をいかに構築するか 【会長】    浅井康文 教授   札幌医科大学医学部 救急・集中治療医学講座 宿泊   会場(札幌コンベンションセンター)近くの宿・ホテル 日本臨床救急医学会 名称第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会日程2011年 6月2日(木) − 6月4日(土)託児所 -会場札幌コンベンションセンター住所北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1 アクセ...

学会の宿泊案内 | 2011.03.05 Sat 18:55

第26回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会

第26回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会のご案内 【テーマ】 新たなダイアライザの性能評価法を考える 宿泊    旅行ガイド【首都圏】 第26回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 名称第26回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会日程2011年 3月12日(土) − 3月13日(日)託児所 − (東京近郊の託児所のあるホテル)会場日本消防会館・ニッショーホール  住所東京都港区虎ノ門2-9-16  TEL 03-3503-1486 最寄り駅◆東京メ...

学会の宿泊案内 | 2011.02.27 Sun 09:30

続・何となく何かヤバイ…

 この記事をお読みになる前に何となく何かヤバイ…をご覧下さい。続編となります。【車内収容】Tさんを車内収容し受け入れ先の選定を始めました。隊長「さて、どうしたものかな?」隊員「肝硬変は間違いないとして…血圧は低いですがショックと言うほどではないし、3次選定するにはちょっと…」隊長「そうだな、オレもそう思うんだ、緊急度と言う点でどうだろう?」隊員「相談してみますか?」隊長「そうだな、迷った時には助言だな」私たち救急隊が判断に迷っていたのは緊急度に関してでした。肝硬変がかなり進行している、重症度...

救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ- | 2011.01.14 Fri 21:31

第48回救急隊員学術研究会

第48回救急隊員学術研究会のご案内  テーマ:救急医療における叡智と実践。  会長: 相馬一亥教授 (北里大学医学部救命救急医学)。 宿泊    旅行ガイド【首都圏】 救急隊員学術研究会 名称第48回救急隊員学術研究会日程2011年 2月4日(木)託児所 − (東京近郊の託児所のあるホテル)会場グリーンホール相模大野(相模原市文化会館) 住所神奈川県相模原市南区相模大野4-4-1 TEL 042-749-2200 アクセスガイド小田急線相模大野駅下車...

学会の宿泊案内 | 2011.01.08 Sat 15:04

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全219件中 101 - 110 件表示 (11/22 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!