>
ミステリ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1559件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

アルバトロスは羽ばたかない

JUGEMテーマ:ミステリ   〇内容 児童養護施設・七海学園に勤めて三年目の保育士・北沢春菜は、仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる。 そんな慌ただしい日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、校舎屋上からの転落事件が影を落とす。 これは単なる「不慮の事故」なのか? だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した、 学園の子どもたちに関わる四つの事件に、意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。 鮎川哲也賞受賞作『七...

のーみそコネコネ | 2017.12.16 Sat 21:33

地上最後の刑事/ベン・H・ウインタース ★★

 半年後に迫る小惑星と地球の衝突と人類の滅亡。その事実がわかった日から徐々に社会の機能は麻痺し始め、街では略奪が横行し自殺者が増加していた。そんな中、ファーストフード店で発見された首吊り死体。ありふれた自殺だと思われたが、刑事に就任したばかりのヘンリーは首吊りに使われたベルトが他の衣類に見合わない高級品だったことに違和感を覚え、他殺を疑う。同僚たちに呆れられながらも地道な捜査を開始するヘンリーだったが……。    MWA最優秀ペイパーブック賞受賞作。本作は三部作の一作目で次...

敬称略にてお願いします | 2017.12.11 Mon 20:58

フロスト気質

JUGEMテーマ:ミステリ   フロスト警部シリーズ〜今回は 女性部長刑事のリズ・モードと 警部代行のジム・キャシディが登場…   少年の誘拐と身代金要求 幼児を襲う変質者 少女の誘拐と身代金の要求 母と3人の子の殺人事件 水道修理人に見せかけた泥棒 そして、また腐乱死体…   事件は次々に起こり、 相変わらず、寝る暇もなく、 直観に従って、走り回る…   責任はとらないヒラメ上司の署長や いいところだけ持っていく同僚に ...

大河の一滴 | 2017.12.09 Sat 21:21

転落の街

JUGEMテーマ:ミステリ   マイクル・コナリーの ボッシュシリーズ   20年以上前の殺人の被害者の遺体に 当時8歳の少年のDNAが発見された 事件の再捜査を命じられる…   さらに、宿敵とも言える市議 アーヴィングの息子の死亡事件も 併せて捜査することに…   相棒のデイヴィッド・チュー 元相棒のキズミン・ライダー 更生施設医師のハンナ・ストーン そして、娘のマデリン   ボッシュを取り巻く人々との 関係も描かれます。...

大河の一滴 | 2017.12.05 Tue 18:52

七つの海を照らす星

JUGEMテーマ:ミステリ   〇内容 家庭では暮らせない子どもたちの施設・七海学園で起きる、不可思議な事件の数々。 行き止まりの階段から夏の幻のように消えた新入生、少女が六人揃うと“七人目”が囁く暗闇のトンネル… 子どもたちが遭遇した奇妙な事件を解明すべく、保育士の北沢春菜は日々奮闘する。 過去と現在を繋ぐ六つの謎、そして全てを結ぶ七つ目の謎に隠された驚くべき真実。第18回鮎川哲也賞受賞作。     〇感想 11月末に文庫で発売する『アルバトロス...

のーみそコネコネ | 2017.12.04 Mon 00:48

夜のフロスト

JUGEMテーマ:ミステリ   フロスト警部シリーズ第3作 今回の相棒はギルモア部長刑事   昇格して意気揚々と赴任して フロストに振り回されます。   折しも、デントン警察署は 流感で欠勤者続出で大混乱…   老女連続殺人事件から 少女の行方不明事件 匿名の中傷の手紙を受け取って 自殺を図る人も…   フロストの適当な捜査 マレット署長の激怒 ギルモアの当惑   そして、いつの間にか 事件は解決していく… ...

大河の一滴 | 2017.12.02 Sat 11:52

逃げる幻/ヘレン・マクロイ ★★★

 休暇でスコットランドのハイランド地方を訪れていたダンバー大尉が聞かされたのは家出少年が開かれた荒野で突然消え失せたという不思議な話だった。その夜少年を偶然見つけたダンバーはその目に異様な恐怖を見る。精神科医でもあるダンバーは恐怖の正体を探ろうとするが二日後に再び少年は消え失せ、ついには殺人が……。    ヘレン・マクロイはアメリカの女流作家。90年代末ぐらいから始まった古典作品の掘り起こしブーム(と言えないぐらい継続してるが)によって再評価が進んだ作家で、年末のミステリラ...

敬称略にてお願いします | 2017.11.30 Thu 17:00

天国でまた会おう/ピエール・ルメートル ★★☆

 1918年11月。休戦も間近と噂される西部戦線でアルベールは上官プラデルの悪事を目撃する。口封じのために戦場で生き埋めにされたアルベールは年下の青年エドゥアールに救出されたもののその代償にエドゥアールは顔に大怪我を追ってしまう。終戦後、戦前の生活を失った彼らは苦しい日々を過ごしていたが前代未聞の詐欺計画を思い付き……。    近年の各種年末ランキングで中心的存在になっているピエール・ルメートル。本作はその第六長編。ゴンクール賞受賞の非ミステリ小説という触れ込みだが、日本のジ...

敬称略にてお願いします | 2017.11.21 Tue 17:21

天啓の器

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 いまなおアンチ・ミステリーの傑作とされる中井英夫の『虚無への供物』は、最初塔晶夫の名前で発表された。 もしこの塔晶夫が実在していたとしたら? 作品にとって作者とは何か。 作者とは、光眩い天啓を受けとめようと差し出される、粗末な器にすぎないのではないか。 『供物』を果てしなく変奏しつつ、この問いを問うメタ・ミステリー     ○感想 人を選ぶ本だ。 内容が尖ってるとかそういうことではなく読者に要求する事前知識が多いのだ。 『...

のーみそコネコネ | 2017.11.18 Sat 19:45

フロスト日和

JUGEMテーマ:ミステリ   フロスト警部シリーズ第2作 前回よりも、さらに多くの事件が〜   相棒は、上司を殴って降格された 元警部のウェブスター巡査   マレット署長やアレン警部、 ウェルズとジョンスン巡査部長に 下院議員や実業家、浮浪者…   登場人物も多く、謎が謎を生み、 この事態をどう収拾するの?   相変わらず、行き当たりばったり、 思いつきで動き、不潔で下品、 事務処理作業が不得意…   でも、なぜか憎め...

大河の一滴 | 2017.11.17 Fri 07:43

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!