>
ミステリ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1508件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

【本】生け贄 観察者

    最近、この「観察者シリーズ」の虜です。ももこです。   色々と映画も観たくて、 AmazonPrimeのウォッチリストにたくさん登録してるけど、 試験が終わって(まだ全く終わってないw)とにかくしたいのは、 本を読む事だったり。   これは結構前に読んだものですが、 またこのシリーズを読んでます。(「中空」)     さて、この「生け贄」は長編。 私の読む観察者シリーズでは初めての長編。 (順番に読んでないんで…)   ...

おしりピーチ | 2017.06.26 Mon 15:53

【本】憑き物 観察者

  面白い面白い、と興奮中の「観察者」シリーズ。 これは3篇…4編?収録されています。   やっぱり後味悪いんだけど、 やっぱり好きなんだ…( ◠‿◠ )    kindleで3冊買った後、さらに2冊買いました。 今週試験やのに何してんのって感じですよね!! 勿論まだ読んでませんが(*´σー`) 早く読みたいなっ   ミステリは 「現実じゃありえんだろ」という度合が難しいのですが (あんまりにも有り得ないと白けませんか&h...

おしりピーチ | 2017.06.23 Fri 00:33

リヴァトン館/ケイト・モートン ★★☆

 老人介護施設に暮らす98歳のグレイスの元に届いた手紙は新進気鋭の映画監督からのものだった。「リヴァトン館」で起きた悲劇を映画化するため、唯一の生き証人であるグレイスに取材したいのだという。手紙をきっかけにグレイスの前にはリヴァトン館でメイドとして過ごした日々の思い出が蘇る。そして誰にも話さなかったあの悲劇の真相も……。    「忘れられた花園」や「秘密」が評価されたケイト・モートンのデビュー作だが版元のランダムハウス講談社が倒産したために現在は絶版状態に。この版元からは...

敬称略にてお願いします | 2017.06.20 Tue 17:45

紙片は告発する

JUGEMテーマ:ミステリ   D・M・ディヴァイン作 創元推理文庫の新刊。   町の庁舎で働くルースは、 不正入札の証拠である紙片を見つける…   クリス警部補に話すことを 周囲に吹聴したその夜、 何者かに殺害される…   主人公は、ルースの姉ジェニファー。 誰よりも有能でありながら、 女性であるがために評価されない…   婚約者を亡くし、不倫に悩み、 妹の死の真相を知ろうとして、 自らも危険に巻き込まれる… ...

大河の一滴 | 2017.06.17 Sat 17:21

【本】時をきざむ潮

一気に読みました。 すごく良かった…。面白かった。     以前感想を書いた『地図にない谷』の作者、 藤本泉氏の作品。   これもすごかった…! 私は『地図にない谷』の方が好きですが、 これは好みの問題かと思います。         東北のある村で起こる事件。 これがどうやら連続殺人のようで…。 という、垂涎もののミステリーです。とびついちゃうぜ。   まあトリックというトリックは無いんだけど、 そ...

おしりピーチ | 2017.06.16 Fri 11:02

熊と踊れ

JUGEMテーマ:ミステリ   アンデシュ・ルースルンドと ステファン・トゥンベリの共作。   グレーンス警部シリーズではなく 同じストックホルムの警部である ヨン・ブロンクスが事件を追う…   武器強奪や銀行強盗を綿密に計画し、 冷徹に実行する、三兄弟の長男レオ…   三兄弟だけでなく、彼らを追う ブロンクスもまた、暴力の支配する 家庭に育っていた…   過去と現在を物語が行き来するうちに 暴力が加速していく… &n...

大河の一滴 | 2017.06.15 Thu 18:44

【本】物の怪 観察者

kindleで購入。 講談社のセールで半額ポイントバックになってたのを機会に、 シリーズ3冊をお買い上げ(*´ω`)           短編3つからなり、うち1つは読んだことがあるのですが、 (ミステリ傑作選で読みました) その時から、 ・後味の悪い感じ ・時折見える不気味さ がすごく気になっていたんですよね…。   感想としては、 ●伝奇的な掴みなのですが(河童が起こした事件だ!とか)、  スパ――――ンと気持ちよく解決す...

おしりピーチ | 2017.06.09 Fri 00:25

笑う警官/ペール・ヴァールー&マイ・シューヴァル ★★☆

 1967年。反米デモが行われていたその夜にストックホルムの市バスで八人が銃撃される事件が起きた。目撃者が存在せず、唯一生き残った被害者も謎の言葉を残して死亡。手掛かりの少なさから捜査が混迷する中、刑事たちは地道な捜査を続けるが……。    「女刑事の死(1984)」、「深夜プラス1(1965)」「ゲッタウェイ(1959)」と最近は古い作品ばかり読んでいるが本作も発行されたのは1969年。ヒラリー・ウォーやエド・マクベインの各作品と並んで警察小説の古典として知られるマルティン・ベックシリーズの第四...

敬称略にてお願いします | 2017.06.06 Tue 17:37

ゲッタウェイ/ジム・トンプソン ★★

 刑務所から出所したドク・マッコイは早速銀行強盗にとりかかる。仲間のルディを裏切り現金を独り占めにしたドクは妻のキャロルと共にメキシコへ逃げようとするが……。    監督サム・ペキンパー、主演スティーブ・マックイーンによる同名映画の原作だが現在は絶版となっている。よく表紙を見ずに買ったので表紙の男はマックイーンだと思っていたのだが、改めて見ると全然違うという。表紙の男は94年にリメイクされた映画でドク役をやったアレックス・ボールドウィンというらしい。リメイクされていたなん...

敬称略にてお願いします | 2017.05.31 Wed 17:09

三秒間の死角

JUGEMテーマ:ミステリ   アンデシュ・ルースルンドと ペリエ・ヘルストレムの第4作。   警察の潜入捜査員である ピート・ホフマン=パウラ   犯罪組織の中枢まで潜入して、 組織の解体作戦を進めていた。   ホフマンの殺人事件への関与を疑う グレーンス警部の捜査が迫る中、 警察上層部は、パウラを切り捨てる…   刑務所内で追いつめられるホフマンは 入所前からの計画を実行する…   グレーンスの救済という側面もあり、 ...

大河の一滴 | 2017.05.24 Wed 07:54

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!