[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ミステリのブログ記事をまとめ読み! 全1,765件の1ページ目 | JUGEMブログ

>
ミステリ
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1765件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

中山七里 人面島

JUGEMテーマ:ミステリ   3か月ぶりに中山作品を読んだ。いつもの様に約1日で一気に読み切り、犯人捜し。今回は2勝1敗、録音は判ったが弓でちょっと迷ったのが完全試合を逃した敗因。まあ完全試合は大袈裟かな。   本作品、ちょっと内容薄いな。人面島というおどろおどろしい名前の割には恐怖が迫ってこない。また、人面瘡ジンさんの悪態も迫力ないし中途半端。それともこちらがそれになれてしまったのかは不明。   中山作品では犯人特定に当たってはあらゆる先入観を排除して推理しなければなら...

 vivahorn の図書館  | 2022.05.27 Fri 12:15

ゆえに、警官は見護る(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ ※ネタバレあり 図書館本。無骨で真面目な武本とやることなすこと警察の常識外のエリート潮崎のコンビが活躍するシリーズの4作目。個人的には武本の動きを描いている部分がハードボイルドタッチで気に入っているので今作のように潮崎パートが多いのはちょっと苦手。何するかわからないからスムーズに読み進められないのよ。しかも今回は、もう一人「奇人」が潮崎組に加わったのでホントに読みにくかった。でも、最後は武本がキッチリ締めてくれたので満足。次作は是非、武本パートを多めに...

本、読みました。 | 2022.04.28 Thu 12:50

ブラック・ヴィーナス 投資の女神(城山真一)

JUGEMテーマ:ミステリ ※ネタバレあり  図書館本。この著者の「看守の流儀」を借りようと思ったら貸出中だったので、こちらを借りてみたんだけど、何て言って良いかわからないくらい酷い。最近読んでいる日明恩は、文章を畳みかけるように繋げることでスピード感を出しているけど、この作品は文章に繋がりが無い。だから話がなかなか盛り上がらない。おまけに、敵だと思っていた上司が味方だったり危ない場面でヤクザが助けてくれたりといったご都合主義が目に余る。加えて、所々に薄っぺらい政治的メッセージのようなも...

本、読みました。 | 2022.04.16 Sat 00:32

やがて警官は微睡る(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ  凶悪犯グループのホテルジャックに巻き込まれた刑事が苦境を解決しようと活躍する…って、これはもう完全に「ダイハード」。実際、作品内でそれを認めてるしね。後半になると、それに犯人グループの内部崩壊の話が加わり更にスリリングになってくる。刑事の元バディも後半から出てくるが、やはり今作は、主人公の刑事のタフネスさがポイントかな。  犯人グループの身内殺害に至る過程がちょっと安易では? とも思ったけど、それが作品のスピード感の生む要因のひとつになっていたの...

本、読みました。 | 2022.04.03 Sun 21:38

淋しい狩人(宮部みゆき)

JUGEMテーマ:ミステリ  6編が収められている。これ、昔ドラマ化されたのが去年の9月に再放送されたんだけど、その時に、この作品をまだ未読だったことに気づき、ドラマは見ずに文庫本を買ったんだ。でも、そのまま積読状態になっていたのを、ようやくこの2日ほどで読んでみたってわけです。  内容は、読後に心がざわつく感じが残るという点で、いかにも宮部みゆきという印象。彼女の作品に出てくる探偵役って、強面の刑事じゃなくて、一見、小市民的な人物なので、作品から柔らかい印象を受けがちなんだけど、...

本、読みました。 | 2022.04.02 Sat 17:40

濁り水(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ  図書館本。昨年11月に発行された消防士シリーズ最新作。これも文章のテンポが速い。それと伏線の配置の仕方。いかにも怪しげなランニング男は、やはりその通りの展開になったが、あの爺さんが重要なポイントになるとは、登場時には気づかんでしょ。ただの通りすがりとしか思えんもんね。その辺の意外性の上手い仕込み方に感心しますわ。  長さ的には、たぶん、シリーズの中で一番短いと思う。一気に読めたのはそれも理由のひとつだろうが、とにかく読んでいて快適。個人的には相性の良い...

本、読みました。 | 2022.03.29 Tue 20:56

啓火心(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ  図書館本。久しぶりにこのシリーズ読んだ。つうか、これ7年前に出てたのね。1作目、2作目からの間隔が長いよ。警官の方のシリーズは3作目が9年前に出てたのね。全然知らんかった。あっちも間隔空けすぎ。急いで読まなくちゃね。  さて、本作の感想。相変わらず、現在形が上手く臨場感を生んでいる。また、短い文章で畳みかけていくからテンポが良い。初めの方に出てきた掏摸が終盤に登場。そういうことだったのね。136ページの固定資産税の話は聞きかじりだな。厳密にはちと違う。...

本、読みました。 | 2022.03.28 Mon 00:07

中山七里 鑑定人 氏家京太郎

JUGEMテーマ:ミステリ   今回は簡単すぎた。どんでん返しもなんのその、完勝だった。これ以上特にコメントする気が起こらないほど完璧に解き明かしたが、それでは申し訳ないので少しコメントする。   かなり早い段階で、解決の糸口となるキーワードに絞って読み進めた結果、私の思い描いた通りのストーリーに沿って流れ、最後にビンゴ。願わくば犯人の弁明が聞きたかったけど、ありきたりな説明をするくらいならカットしても良いだろう。   さて、本作品、私の大好きな科捜研関連のお話。あの沢...

 vivahorn の図書館  | 2022.02.28 Mon 20:05

中山七里 鑑定人 氏家京太郎

JUGEMテーマ:ミステリ   今回は簡単すぎた。どんでん返しもなんのその、完勝だった。これ以上特にコメントする気が起こらないほど完璧に解き明かしたが、それでは申し訳ないので少しコメントする。   かなり早い段階で、解決の糸口となるキーワードに絞って読み進めた結果、私の思い描いた通りのストーリーに沿って流れ、最後にビンゴ。願わくば犯人の弁明が聞きたかったけど、ありきたりな説明をするくらいならカットしても良いだろう。   さて、本作品、私の大好きな科捜研関連のお話。あの沢...

 vivahorn の図書館  | 2022.02.11 Fri 18:30

中山七里 おわかれはモーツァルト

JUGEMテーマ:ミステリ   中山七里の岬洋介シリーズは、恩田陸に並ぶほどクラシック音楽の演奏描写が秀逸。特にピアノ特有の繊細な表現はどの様に頭から湯水の様に湧き出てくるのだろうか。私が作家だったら、音楽評論家の著書・雑誌記事を地道に集め、そのスクラップを繋ぎ合わせて美辞麗句を紡ぎ出すという姑息な手段を使うかもしれない。   今回は第2章の最後でようやく死体が出てくるかなりのスロー・スタート。今回は殺人が無いミステリーなのかと思ったくらいだ。実際、複雑なトリックも影を潜め、ドロ...

 vivahorn の図書館  | 2022.01.24 Mon 23:04

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!