>
ミステリ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1622件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

カナリア殺人事件

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 ブロードウェイで男たちを手玉に取りつづけてきた、カナリアというあだ名の美しいもと女優が、密室で無残に殺害される。 殺人事件の容疑者は、わずかに四人だが、犯人のきめ手となる証拠は皆無。 矛盾だらけで不可解な犯罪に挑むのは、名探偵ファイロ・ヴァンス。独自の推理手法で犯人を突き止めようとするが……。 『ベンスン殺人事件』で颯爽とデビューした著者が、その名声を確固たらしめたシリーズ第二弾。     ○感想 「もういい! ...

のーみそコネコネ | 2018.09.24 Mon 12:46

乱歩や宮崎駿があこがれた小説『幽霊塔』黒岩 涙香

乱歩や宮崎駿があこがれた黒岩涙香の翻訳小説『幽霊塔』を読了。宝が隠された塔を巡る冒険活劇ミステリ。「幽霊塔」は少年時代の江戸川乱歩や宮崎駿も憧れた小説で、後に江戸川乱歩によりリライトされ、宮崎駿の「カリオストロの城」にも影響を与えてます。 いわくつきの時計塔、宝の謎、暗号、首無し死体、からくり屋敷など、ミステリの要素がたっぷり詰まっています。 ・パブリックドメイン(0円)デジタル書籍版「幽霊塔」。明治時代の描写そのままなので読みづらいところも。 幽霊塔 『幽霊塔』あらすじ 丸部道九郎は...

日々の書付 | 2018.09.16 Sun 19:13

追跡犬ブラッドハウンド

JUGEMテーマ:ミステリ   ヴァージニア・ラニア作 アメリカ南部ジョージア州が舞台   行方不明者や麻薬の捜索にあたる ブラッドハウンドのケンネルを 経営するジョー・ベス   前夫からの暴力に怯えつつ、 旧弊な男性至上主義と戦う…   父の不可解な遺言の謎から 自らの出生にも謎が…   捜査の過程で危険な目に遭ったり、 殺人未遂事件の容疑者になったり、 新しい恋に踏み出そうとしたり…   強くたくましい主人公の...

大河の一滴 | 2018.09.01 Sat 09:09

エラリー・クイーンの冒険

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 大学に犯罪学の講師として招かれたエラリーが、その日起きたばかりの殺人事件について三人の学生と推理を競う「アフリカ旅商人の冒険」を劈頭に、 「一ペニー黒切手の冒険」「七匹の黒猫の冒険」「いかれたお茶会の冒険」など、多くの傑作を集めた巨匠クイーンの記念すべき第一短編集。 名探偵による謎解きを満喫させる本格ミステリ全11編に加え、初刊時の序文を収録した完全版。     ○感想 「アフリカ旅商人の冒険」 応用犯罪学のクイーン先生として...

のーみそコネコネ | 2018.08.30 Thu 22:17

罪悪/フェルディナント・フォン・シーラッハ ★★★

 ふるさと祭りの最中、突如としてブラスバンドのメンバーが少女を暴行する。メンバの一人が警察に通報し事件が発覚するがメンバー全員が黙秘し……。(「ふるさと祭り」)。全十五編の短編集。    「犯罪」に続くシーラッハの第二短編集。前作は普通(でもなかったが)の人々が犯罪を犯すまで、犯罪者となるまでを描いた話を集めた短編集で、言わばbefore/afterの一線を越える瞬間がテーマ。本作は行った犯罪が表に出てくるかどうか、犯罪(者)が認識されるか否か、そもそも犯罪、罪悪とは何かという境界線がテ...

敬称略にてお願いします | 2018.08.28 Tue 17:17

青チョークの男

JUGEMテーマ:ミステリ   フレッド・ヴァルガス アダムスベルク・シリーズ第1作   パリで、深夜、青いチョークで 円が描かれ、中には、小さな物が 置かれていることが続いた…   第5区警察署長のアダムスベルグは ただのイタズラではないと感じていた。 そして、連続殺人が起こる…   部下の刑事ダングラールは、 感覚で事件を解決する署長のやり方に、 納得がいかないが…   海洋学者のマチルダ 手伝いのクレマンス 屈折...

大河の一滴 | 2018.08.09 Thu 13:44

死者を起こせ

JUGEMテーマ:ミステリ   フレッド・ヴァルガス著 パリのボロ館に住む3人の歴史学者 愛称はマルコ、マタイ、ルカ   マルコの叔父の元刑事とともに、 隣家の元オペラ歌手の失踪事件の 謎を追う〜シリーズ第1作   先史時代が専門のマティアス 中世専門のマルコ 第一次世界大戦が専門のリュシアン それぞれ個性的で、金がない…   元刑事のヴァンドスレールは 当時のツテを利用して、謎に迫る…   3人の会話が面白く、 容疑者がそ...

大河の一滴 | 2018.08.09 Thu 13:31

死の演出者/マイクル・Z・リューイン ★★☆

 高圧的な電話で呼び出された私立探偵アルバート・サムスンは電話の主とその娘から娘の夫の無実を証明して欲しいと依頼される。娘の夫はガードマンとしての勤務中に人を射殺したとして殺人罪に問われていた。夫の無実を信じる娘の気持ちに心を打たれたサムスンは依頼を引き受けることにしたが……。    「A型の女」に続くアルバート・サムスンシリーズの二作目。    美点も欠点も「A型の女」と同じなので書くことがあまりない。後半に派手な立ち回りこそあるが、全体的に「A型の女」より地味な...

敬称略にてお願いします | 2018.07.19 Thu 17:30

失踪者/シャルロッテ・リンク ★★

 5年前にヒースロー空港周辺で失踪した幼ななじみのエレイン。彼女が失踪したのはロザンナの結婚式に出席するためにジブラルタルへと向かう途中だった。結婚後、ジャーナリストの仕事から離れていたロザンナはエレイン失踪事件の記事で復帰するが、次第に仕事を忘れて事件にのめり込んでいき……。    作者シャルロッテ・リンクはドイツのベストセラー作家。本作も2008年のペーパーブック小説の年間売上1位だったとか。    確かにベストセラー作家らしい作品ではある。ミステリー的な仕掛けや...

敬称略にてお願いします | 2018.07.09 Mon 18:00

彼は残業だったので

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 情報処理会社に勤める中井は、残業中、魔術の本を読みふけっていたら、 オフィスのオートロックがかかり、閉じ込められてしまった。 時間をもてあました彼は、“憎い相手を呪い殺す”呪術を試してみることに…。 日頃、憎らしく思っている同僚野村裕美子と佐藤輝明の人形を厚紙でつくり、火をつけた! 二人は前日から無断欠勤していたが、はたして三日後、佐藤の部屋から男女の焼死体が発見された。 二つの死体は、バラバラに切断され、あやつり人形の...

のーみそコネコネ | 2018.07.07 Sat 10:33

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!