>
ミステリ
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1634件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

木乃伊男 (蘇部健一)

JUGEMテーマ:ミステリ   長野の大学生、布部正男(ぼく)は、毎年夏の恒例になっている療養生活をしていたが、ある日、隣りのベッドに全身包帯の木乃伊男が眠っていて驚いた。 木乃伊男自身から事情を聞いて安心する正男だったが、布部家には木乃伊男もまつわる恐ろしい言い伝えがあった・・・ 「絵で犯人がわかる全く新しいタイプの推理小説」と銘打たれているが、確かにその通りである。 蘇部氏は「動かぬ証拠」でもかなり実験的試みに挑戦していたが、その作品の出来はあまり良くないという印象がある。 しか...

物語の宝石箱 | 2018.11.12 Mon 23:38

スリープ

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 テレビ番組の人気リポーター・羽鳥亜里沙は、中学卒業を間近にした二月、冷凍睡眠装置の研究をする“未来科学研究所”を取材するために、つくば市に向かうことになった。 撮影の休憩中に、ふと悪戯心から立ち入り禁止の地下五階に迷い込んだ亜里沙は、見てはいけないものを見てしまうのだが。 どんでん返しの魔術師が放つ傑作ミステリー。     ○感想 あの傑作SFミステリの『リピート』を書いた乾くるみの待望のSFミステリであるわけだが、 ...

のーみそコネコネ | 2018.11.03 Sat 20:09

最高の銀行強盗のための47ヶ条/トロイ・クック ★★☆

 タラ・エバンズは22歳。とびきりの美女にして、名うての銀行強盗だ。父親のワイアットが考案した“47ヶ条の規則”を守りつつ、ふたりで全米を荒らしてきたが、最近は強盗ついでに殺しを楽しむ父親にうんざりしている。そんなふたりの次なる獲物は、さびれた田舎町にある小さな銀行。その町で、運命の出会いが彼女を待っていた…。驚異の新人が贈る、ノンストップ青春+強盗小説。 (「BOOK」データベースより)    元(今も?)映画監督トロイ・クックのデビュー作となるクライム・コメディ。解説にはウエ...

敬称略にてお願いします | 2018.11.01 Thu 17:34

合邦の密室

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 第9回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞準優秀作。 「わたしは母に毒を飲まされた」という不可解なノート、そして生首と崩れた顔……。 すべてあの日の三味線から始まっていた。新鋭による和テイスト満載の本格推理。     ○感想   『文楽』というものを知っているだろうか。 残念ながら私は寡聞にして知らなかったのだけれどWikipediaを見るとどうやら『人形浄瑠璃』のことを指すらしい。 厳密には人形浄瑠璃=文...

のーみそコネコネ | 2018.10.28 Sun 14:45

白楼夢

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 1920年代の英国領シンガポール。様々な勢力が入り乱れる街で顔役として名を馳せる青年・林田は、 大物華僑の娘・呂白蘭殺害の容疑者として、警察と呂一族双方から追われる身となる。 林田は執拗な追跡をかわしつつ、己を陥れた黒幕を捜す決意を固める。追う者と追われる者、各々が見出す驚愕の真相。 鮮やかなどんでん返しが相次ぐ、ミステリの名手が趣向を凝らした逸品、初の文庫化。     ○感想 多島斗志之はどうしてこんなに感情を揺さぶってくるの...

のーみそコネコネ | 2018.10.27 Sat 01:06

そして医師も死す/D・M・ディヴァイン ★★★

 診療所の共同経営者を襲った不慮の死は、じつは計画殺人ではないか―市長ハケットからそう言われた医師ターナーは、二ヵ月前に起きた事故の状況を回想する。その夜、故人の妻エリザベスから、何者かに命を狙われていると打ち明けられたこともあり、ターナーは個人的に事件を洗い直そうと試みるが…。英国本格黄金期の妙味を現代に甦らせた技巧派、ディヴァイン初期の意欲作。 (「BOOK」データベースより)    近年再評価が進み続々と初訳、新訳が出版されているディヴァイン。本作は長編第二作で初期の作品となる...

敬称略にてお願いします | 2018.10.24 Wed 17:35

「時計館の殺人」 (綾辻行人)

密閉された時計館旧館で繰り広げられる連続殺人。 新館では島田(鹿谷門実)たちが、館と十年前に死んだ少女の謎に迫る。 この設定、読み進むだけでわくわくしてくる。 十角館、霧越邸、この感覚、これぞ綾辻。 クライマックスの逆転劇は超スペクタクル。 ?質量共に、本格ミステリの醍醐味が満喫出来た。とにかく素晴らしい。 読者に対して非常に優しいのが綾辻氏の長所だ。さらに、真面目に向き合ってくれる。 メイントリックはある程度推測できるが、その理由には感動した。 また、ミスディレクションも用意され、この「落...

物語の宝石箱 | 2018.10.22 Mon 23:32

窓の外は向日葵の畑/樋口有介 ★★☆

 真鍮色の光におおわれる夏。松華学園高校、江戸文化研究会の部長・高原明日奈が姿を消した。部員の「ぼく」は後輩の紅亜に叱咤され、無理やり事件にまき込まれる。元刑事の「親父」も美人教諭への下心から、やはり事件を追う。東京の下町を舞台にくり広げられる爽やかで可笑しくて、ちょっと切ない青春ミステリー。(「BOOK」データベースより)    樋口有介久々の青春ミステリー。高校2年の夏に事件が起こるという作者王道の展開でデビュー作「ぼくと、ぼくらの夏」と被る設定、展開も多い。デビュー25周年、原点に戻っ...

敬称略にてお願いします | 2018.10.16 Tue 17:12

犯罪コーポレーションの冒険

JUGEMテーマ:ミステリ   ○内容 犯罪コーポレーション恐喝部門の長であるハリー・セクストンは、背任の汚名を着せられ投票により処刑が決まってしまう。 だがしかし、この投票は何者かに仕組まれたものだった! 混迷を極めるコーポレーションの幹部たち。そしてまたもう一つの殺人が――。 エラリー・クイーンが強大な犯罪組織と対決する表題作を始め、不可能犯罪、ミッシングリンク、色とりどりの事件が並ぶ、ラジオドラマ集第三弾!     ○感想 初めに断っておくと、この記事の日付が...

のーみそコネコネ | 2018.10.14 Sun 18:38

凍氷/ジェイムズ・トンプソン ★★★

 フィンランドはユダヤ人虐殺に加担したか―歴史の極秘調査ともみ消しの指令を受けたカリ・ヴァーラ警部。ヘルシンキで起きたロシア人富豪妻の拷問死事件の捜査においても警察上層部から圧力がかかる。さらにカリを襲うのは原因不明の頭痛。妻のケイトは彼を心配するが、臨月を迎えた妻をこれ以上不安にさせることはできない…。激痛に耐えながら挑んだその結末とは?好評極寒ミステリ第2弾! (「BOOK」データベースより)    カリ・ヴァーラシリーズの二作目。前作「極夜」が陰惨で鬱々とした内容だったので覚悟して...

敬称略にてお願いします | 2018.10.04 Thu 17:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!