[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ミステリのブログ記事をまとめ読み! 全1,793件の2ページ目 | JUGEMブログ

>
ミステリ
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1793件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

中山七里 特殊清掃人

JUGEMテーマ:ミステリ   新しいシリーズとなるのか、それとも単発か?帯には「護れなかった者たち」と書かれてあるのでその続編か?スピンオフか?   最近また中山節が戻ってきた。実に生々しい言葉を操るのが得意中の得意。死体とは事務的に接する「ハウスクリーニング」という職業を元刑事が行ったらどうなるかという発想には驚いた、そんな観点で小説を書くとはね。単に死体を後始末をするのではなく、ちょっと気になったところがあったら、昔取った杵柄でいろいろと聞き込みもする。その部下たちも刑事...

 vivahorn の図書館  | 2023.05.24 Wed 07:30

中山七里 殺戮の狂詩曲

JUGEMテーマ:ミステリ   御子柴弁護士シリーズ第6弾   実際に起こった大量殺人事件を題材にするその手法は既に定番化している。それに加えて池袋の事件で有名になった「上級国民」も使用し、だいぶ殺人鬼忍野の思考回路も明確になっている。洗脳・刷込みが人間をこうまで変えることができるなんて、言葉というのは本当に武器なのだと思い知らされた。少し頭が良ければその邪悪さに気づいて殺人までは行かないのだが、それを上回る狡猾さが加わった邪悪はまさに鬼に金棒である。   現行の法律では...

 vivahorn の図書館  | 2023.05.17 Wed 16:51

小川哲 君のクイズ

JUGEMテーマ:ミステリ   直木賞作家 小川哲の作品、前回の「嘘と正典」へのコメントで、次に読むのは「君のクイズ」か、それとも直木賞受賞作の「地図と拳」か迷ったと書いたが、結局ボリュームの少ない「君のクイズ」にした。   先日も書いたが、もう帯の紹介文がうるさい、王様のブランチなどで大反響、クイズのリアル、ミステリーとしても最高(伊坂幸太郎)、卓越したミステリーにして、新感覚なのにエモーショナルなエンターテインメント最前線!と褒めちぎりっぱなし。ほんまにそうなん?と突っ込み...

 vivahorn の図書館  | 2023.04.26 Wed 23:46

黒石(大沢在昌)

JUGEMテーマ:ミステリ  図書館本。読む前に前作を再読しておけば良かったと反省。前作の登場人物の名前が出てきても、ぼんやりとした記憶しかないので、焦点がぼやけた感じ。年齢的に記憶力がねぇ…。  内容は「安定」のひと言に尽きる。裏切らないもんね。公安の矢崎の再登場には驚いた。亡くなった桃井課長の後任の女性課長の色も出てきて良い感じ。一点だけ、石材工場を辞めた人物がいると聞いても、そこにストレートに調査をかけなかったのは何故だったのか。鮫島なら行くでしょ、直でそこに。あそこでちょっ...

本、読みました。 | 2023.04.19 Wed 20:52

ヤキ入れ

裕幸『雑魚カモ乞食。カス物狂いゴミ。時代遅れデブ地獄。やーい!やーい!イジメられっ子!(桂を殴りまくる)』 桂『ヘタレで腐れマンコの私は醜女です!ぶっ壊されて私は吐きました!(土下座)無才でどうもすんません!!落ちぶれて阿鼻叫喚の狂人になった知的障害者で腰抜けです!!雑魚のくせに下らないつまらない惨めで無様なうんこの遠吠えでした!へ、変になっちゃうよ!汚れて堕ちてマンカスな私の負けです!』 裕幸『殺された無才物狂い。内臓破裂淫売地獄。負けたイジメられっ子醜女。忘れられるのかよ 俺のチンポ(三浦を...

天才・裕幸のブログ | 2023.02.25 Sat 12:23

書楼弔堂 炎昼(京極夏彦)

JUGEMテーマ:ミステリ  シリーズ2冊目。これも六編を収録。今回の進行役は自分の進む道に悩んでいる旧家の令嬢。そして各話には1冊目同様、田山花袋、添田唖蝉坊、福來友吉、平塚らいてう等実在の人物を登場させ書店の店主が彼らの話を聞き、また考えを述べながら相手にふさわしい一冊を紹介する。ただ、六編のうち五編に顔を出している柳田国男と、その柳田が顔を出さない話の登場人物である乃木希典には、店主は厳しい。特に昔からの知り合いであるらしい乃木には叱責のような激しい言葉をぶつけつつ一冊の本を差...

本、読みました。 | 2023.02.14 Tue 20:57

書楼弔堂 破暁(京極夏彦)

JUGEMテーマ:ミステリ  六編を収めた連作集。「弔堂」をなんと読むのかと思ったが「とむらいどう」か。いかにも京極夏彦らしい。狂言回しがふわふわした生活を送っている元旗本の息子で主人公が書店店主とくれば作品の型としては京極堂シリーズと同じ。この作品では憑き物落としとして店主が客に本を紹介する。来店する客は月岡芳年、泉鏡花、井上圓了、岡田以蔵、厳谷小波といった実在の人物。ただ六作目だけは作者の別シリーズの登場人物の親族だがそれはそれで京極夏彦ファンとして嬉しい。    これらの客の悩...

本、読みました。 | 2023.02.05 Sun 17:52

中山七里 祝祭のハングマン

JUGEMテーマ:ミステリ   なんじゃこりゃあ!この作品は中山作品ではないぞ!中山七里の名前を騙った作品だ!なぜなら、一切どんでん返しがなかったからだ。もう九割がた読み進めたところで、来るか来るかと待っていても・・・結果的にどんでん返しは起こらなかった、一体どういうことだ。読み終わって、すぐに表紙の作家名を見返したぞ。この作品だけなのか?もしかしたら、どんでん返しのどんでん返しなのか?こんなのシリーズ化できるのか?これはもはや推理小説でも何でもない、こんな中山七里の仇討ち小説なんか誰...

 vivahorn の図書館  | 2023.01.25 Wed 20:29

BLAZING

裕幸『逃げんなよ お前は俺のオモチャだろ』 稲葉『壊れちゃう!壊れちゃうよ!』 Samael『ケッ ふざけんな』 美奈子『(一夫の写真を見ている)』 裕幸『何もわかんねーようだな』 志門『ヒィィィッ』 裕幸『そうこなくちゃな』 一夫『おまわりさ〜ん!』 裕幸『100万年はえーんだよ』 邦子『(放屁)』 裕幸『なに慌ててるんだ?』 伸次『吐いちゃう!吐いちゃうよ!』 裕幸『見破るのみ』 尚登『(宮沢の写真を見ている)』 裕幸『気持ちいいって言えよ』 稲葉『(女物の下着を穿いて四つん這いになる)』 イエス『もう ...

天才・裕幸のブログ | 2023.01.23 Mon 20:16

流星の絆(東野圭吾)

JUGEMテーマ:ミステリ  最近、ドラマがTverで放送されていた。14年ぶりの視聴だったが今見ても面白い。そういえば原作は読んでなかったな。というわけで読んでみた。ドラマの最後は原作と違うと聞いていたが、犯人が別人というわけでもなく、あれくらいの違いはあっておかしくないというか、脚本宮藤官九郎の腕だろう。私はドラマの方が面白かったな。小説の方は説明くさい描写が気になった。特に前半の方は全体的にストーリーというレールに読者を早く乗せようという著者の気持ちが漏れてくる感じ。東野圭吾にしては凡庸な作品...

本、読みました。 | 2022.12.28 Wed 22:47

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 11 - 20 件表示 (2/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!