[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ミステリのブログ記事をまとめ読み! 全1,770件の2ページ目 | JUGEMブログ

>
ミステリ
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ミステリ

このテーマに投稿された記事:1770件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c216/456/
ミステリ
このテーマについて
本格も変格も、メタもライトも、国内も海外も。
ミステリ本の記事にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「virginity」さんのブログ
その他のテーマ:「virginity」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

濁り水(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ  図書館本。昨年11月に発行された消防士シリーズ最新作。これも文章のテンポが速い。それと伏線の配置の仕方。いかにも怪しげなランニング男は、やはりその通りの展開になったが、あの爺さんが重要なポイントになるとは、登場時には気づかんでしょ。ただの通りすがりとしか思えんもんね。その辺の意外性の上手い仕込み方に感心しますわ。  長さ的には、たぶん、シリーズの中で一番短いと思う。一気に読めたのはそれも理由のひとつだろうが、とにかく読んでいて快適。個人的には相性の良い...

本、読みました。 | 2022.03.29 Tue 20:56

啓火心(日明恩)

JUGEMテーマ:ミステリ  図書館本。久しぶりにこのシリーズ読んだ。つうか、これ7年前に出てたのね。1作目、2作目からの間隔が長いよ。警官の方のシリーズは3作目が9年前に出てたのね。全然知らんかった。あっちも間隔空けすぎ。急いで読まなくちゃね。  さて、本作の感想。相変わらず、現在形が上手く臨場感を生んでいる。また、短い文章で畳みかけていくからテンポが良い。初めの方に出てきた掏摸が終盤に登場。そういうことだったのね。136ページの固定資産税の話は聞きかじりだな。厳密にはちと違う。...

本、読みました。 | 2022.03.28 Mon 00:07

中山七里 鑑定人 氏家京太郎

JUGEMテーマ:ミステリ   今回は簡単すぎた。どんでん返しもなんのその、完勝だった。これ以上特にコメントする気が起こらないほど完璧に解き明かしたが、それでは申し訳ないので少しコメントする。   かなり早い段階で、解決の糸口となるキーワードに絞って読み進めた結果、私の思い描いた通りのストーリーに沿って流れ、最後にビンゴ。願わくば犯人の弁明が聞きたかったけど、ありきたりな説明をするくらいならカットしても良いだろう。   さて、本作品、私の大好きな科捜研関連のお話。あの沢...

 vivahorn の図書館  | 2022.02.28 Mon 20:05

中山七里 鑑定人 氏家京太郎

JUGEMテーマ:ミステリ   今回は簡単すぎた。どんでん返しもなんのその、完勝だった。これ以上特にコメントする気が起こらないほど完璧に解き明かしたが、それでは申し訳ないので少しコメントする。   かなり早い段階で、解決の糸口となるキーワードに絞って読み進めた結果、私の思い描いた通りのストーリーに沿って流れ、最後にビンゴ。願わくば犯人の弁明が聞きたかったけど、ありきたりな説明をするくらいならカットしても良いだろう。   さて、本作品、私の大好きな科捜研関連のお話。あの沢...

 vivahorn の図書館  | 2022.02.11 Fri 18:30

中山七里 おわかれはモーツァルト

JUGEMテーマ:ミステリ   中山七里の岬洋介シリーズは、恩田陸に並ぶほどクラシック音楽の演奏描写が秀逸。特にピアノ特有の繊細な表現はどの様に頭から湯水の様に湧き出てくるのだろうか。私が作家だったら、音楽評論家の著書・雑誌記事を地道に集め、そのスクラップを繋ぎ合わせて美辞麗句を紡ぎ出すという姑息な手段を使うかもしれない。   今回は第2章の最後でようやく死体が出てくるかなりのスロー・スタート。今回は殺人が無いミステリーなのかと思ったくらいだ。実際、複雑なトリックも影を潜め、ドロ...

 vivahorn の図書館  | 2022.01.24 Mon 23:04

恩田陸 薔薇のなかの蛇

JUGEMテーマ:ミステリ   理瀬シリーズは初めて読む。本来なら順を追って第1回目の理瀬シリーズから読むべきところ、古本でも入手できないので、諦めてこの最新刊から読むことになった。 読み進めると、やはり少しは予習は必要と痛感。この理瀬の役割があまり見えてこない。それが明確化されれば本筋への関わり合いも少しは敏感に察知できたのかもしれない。 一応、この小説のジャンルはミステリーなのだろうが、その点では面白みが欠けていた。死体の状況は文章的には残忍なのだが、いくら読...

 vivahorn の図書館  | 2021.06.29 Tue 22:14

中山七里 ラスプーチンの庭

JUGEMテーマ:ミステリ   今回の作品はとても読みやすかったが、前のめりになってどんどん読み進める心を抑えて、キーワードの取りこぼしが無いよう慎重に慎重に読んでいった。その甲斐あってか、めでたく犯人を当てることができた。あまりどんでん返しは無かったのではないか。 医療関係、カルト集団、教祖の設定もそれほど重くなく、いつもの入り組んだストーリ展開も軽めで、ちょっとだけ物足りない感じもした。次回作は、ちょっとこってりした作品を期待したい。   ラスプー...

 vivahorn の図書館  | 2021.02.04 Thu 21:32

それまでの明日(原?)

JUGEMテーマ:ミステリ ※ネタバレあり  前作から14年ぶりの作品。沢崎も50を過ぎたか。結局、殺されたのは一人だけ。典型的なハードボイルドより最近は本格物のほうが殺人は多いようだ。調査を依頼した人間の正体、既に死んでいた調査対象、調査の過程で巻き込まれた金融会社襲撃事件の真相等、何本もの線が絡みながら物語は進む。作者も年を取ったのか、介護の話まで出てくる。それにしても清和会の相良が介護とはなぁ。  穏やかな感じで最後まで。物語の最後は3月。桜待つ頃に読み終えたい内容だったなぁ、と...

本、読みました。 | 2021.01.26 Tue 20:17

たかが殺人じゃないか(辻真先)

JUGEMテーマ:ミステリ ※ネタバレあり  図書館本。最初に出てくるのが犯人というのは、辻真先らしい遊び心か。88歳でこれだけの作品を書けることに驚いた。二つの殺人が起きるが、後の事件で犯人の見当はつくよね。この手の話で動機は取って付けたものになるのはしょうがないが、あんな動機、明かされないとわかんないよ。カテゴリーで云うと本格学園ミステリーになるんだろうけど、とにもかくにも「辻真先らしさ」を楽しむべき作品。  ただ、これが「このミス」と「週刊文春」の一位というのがねぇ…。他の...

本、読みました。 | 2021.01.21 Thu 08:28

愚か者死すべし(原?)

JUGEMテーマ:ミステリ ※ネタバレあり  誤りだったと思われたものが実は誤りじゃなかった…。このシリーズに慣れたせいで、、若い刑事が容疑者を庇って撃たれた時も「これは誤射じゃなく、初めからこの刑事が狙いだったのでは?」という勘が働くようになった。言ってしまえば、彼に不都合な場面を見られた警察幹部が彼を取り込もうとして取り込みきれなかったため、彼を殺すことにしたというのが本筋だが、それに暴力団組長銃撃事件や老資産家誘拐事件が絡んで真相を見えにくくしている。  ただ、本筋とサイド...

本、読みました。 | 2021.01.20 Wed 21:08

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 11 - 20 件表示 (2/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!