• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

昔話

このテーマに投稿された記事:491件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c224/6104/
昔話
このテーマについて
 日本の昔話から外国の昔話まで。子どものころに、両親やおじいちゃん、おばあちゃんに話してもらった、懐かしいお話。
 「むかし、むかし、あるところに……」で始まり、「めでたし、めでたし」で終わる昔話は、時代を超えて語り継がれてきた奥の深いお話。
 お気に入りの本やお話しを教えて下さい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「baniyannoki」さんのブログ
その他のテーマ:「baniyannoki」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

日本の昔話 4 より 『雁取りじい』 欲張り者に厳しい日本の昔話

むかし、ある川の川上に上のじいが、川下に下のじいが住んでいました。ふたりはいつも、川に竹のどっこ(漁に使う細長い道具、魚が入ると出てこれない)を仕掛けて、魚を取っていました。 ある日、上のじいが、どっこを引き上げてみると、どっこには木の根っこが入っていたので、「こんなものいらねえ」といって脇へ投げ捨てました。 そして上のじいは、下のじいのどっこを覗いてみると、こっちには雑魚がいっぱい入っているので、それをみんなとって自分のびく(とった魚を入れておく籠)に入れ、さっき投げ捨てた木の根っ...

'ものがたり'散策 | 2018.08.16 Thu 18:21

日本の昔話 4 より 『にぎりめしころころ』 確立された隣の欲張り者のお話

むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。 ある日おじいさんは、おばあさんに握り飯を作ってもらい、山へ芝刈りに行きました。お昼になったので、おじいさんは、木の切り株に腰を下ろして、握り飯を食べようと、握り飯を包んだ竹の皮を広げました。 ところが握り飯は、みんな、ころころと転がり始めました。おじいさんは握り飯を追いかけました。握り飯はどんどん転がって、とうとう洞穴へ入ってしまいました。そこでおじいさんも洞穴へ入っていきました。 洞穴の中には鬼がたくさんいて、恐ろしい声で...

'ものがたり'散策 | 2018.08.14 Tue 18:30

日本の昔話 4 より 『猿地蔵』 欲張り者ゆえに戒められるものの、同情を誘う物語

むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。ある日おじいさんはおばあさんに、のりもちの弁当を作ってもらって、山へ木を切りに出かけました。 ところが山では猿が出て、ちょろちょろ歩き回るので仕事がはかどりません。おじいさんは猿を脅かして、追っ払ってやろうと思いました。 おじいさんは弁当ののりもちを長く伸ばし顔にべたっと貼り付けると、木の切り株に腰をおろしてじっとしていました。 猿たちは、それを見て、「こんなところにお地蔵様がいらっしゃる。かついで山へお運びしろ」といいな...

'ものがたり'散策 | 2018.08.11 Sat 18:31

日本の昔話 4 より 『猿の恩返し』 命に関わる、正義の中の正義

短いお話です。 むかし、ある村に、腕利きの狩人がいました。狩人は、猿が山から降りてきて、何かと悪さをするので、握り飯を持って山へ猿を撃ちに行きました。 狩人は木の実を拾っている小猿を見つけました。小猿は撃たれると思って逃げようとしますが、優しい狩人は子どもには鉄砲を向けません。腹が減っているのであろう小猿に、握り飯をひとつ与えました。 小猿は握り飯をもらうと、木の上を見上げて登っていきました。木の上には親猿が座っていました。小猿はその病気の親猿に、握り飯を食べさせました。 狩人は...

'ものがたり'散策 | 2018.08.09 Thu 18:15

日本の昔話 4 より 『猿ときじの寄り合い田』 弔い合戦によく見られるモチーフ

むかし、猿ときじが一緒に田んぼを持ち、寄り合い田にしていました。 やがて春になって、田の畦塗り(くろぬり)の頃になりました。田んぼのへりを土でかためる仕事です。きじは猿にいいました。「猿どん、猿どん。よそでは田の畦塗りを始めたからおれたちもやろう」 すると猿は、「さてさて、きじどん。おれは足が痛くて、とても畦塗りはできないんだが」といいました。するときじは、「ああ、いいとも、いいともだいじにしてくれ、おれが畦塗りをしておくから」といって、一人で田の畦塗りをしました。 日が過ぎてやが...

'ものがたり'散策 | 2018.08.07 Tue 18:24

日本の昔話 4 より 『きつねと熊』 洋の東西を超えた共通のモチーフ

むかし、ある山に、狐と熊が住んでいました。ところで、お人好しの熊は、いつも狐に騙され、得をするのは狐でした。 ある時、狐は熊に言いました。「熊さん、熊さん。山のものを取って食うのもいいが、たまには二人で畑を耕して、何か作って食べようではないか」 熊は賛成し、その気になって一生懸命畑を耕しました。そこへ狐が大根と人参と長芋の種を植え付けました。 そして狐は言いました。「熊さん、熊さん。これが取れたら土から上のものは、みんなお前さんにやろう。俺は土の下のものだけでいい」 やがて大根と...

'ものがたり'散策 | 2018.08.02 Thu 18:17

常田富士男さんといえば・・・

JUGEMテーマ:昔話 やはり「まんが日本昔ばなし」ですな。 これは、それをモチーフにしたCM映像ですが この独特の味わい深い語り口 まさに「ミスター昔ばなし」と言っていいでしょう。 あと、思い出すのは 伝説のコント番組「巨泉前武ゲバゲバ90分」 おとぼけキャラでコントを演じていました。 今でも覚えてるネタ 「大は小を兼ねる」というタイトル 富士男さん、耳掃除をしようとしてますが 手に持ってるのは「おたま」 いくら頑張っても耳掃除はできません。 一言「ことわざの嘘つき!」 ご冥福をお祈...

くじらいだー@の [わがまま勝手なことばかり](JUGEM版) | 2018.07.20 Fri 22:19

日本の昔話 4 より 『かちかち山』 非常によくできた勧善懲悪の物語

おなじみの物語です。 むかしあるところに、じいさまとばあさまがいました。 ある日じいさまは、山の畑へ豆まきに行きました。じいさまは、「ひと粒の豆、千粒になあれ。ひと粒の豆、千粒になあれ」といいながら豆を蒔いていました。 それを見ていた山のたぬきが、「じいの豆、片割れになあれ。じいの豆、片割れになあれ」とはやしたてました。 じいさまは怒って、たぬきめがけて鍬を投げつけると、たぬきはころっと倒れてしまいます。じいさまはたぬきを縛り上げて、担いで帰りました。 そして、「ばあさま、ばあさま...

'ものがたり'散策 | 2018.06.10 Sun 18:29

日本の昔話 4 より 『若がえりの水』 良くも悪くも品格や外聞を大切にする日本文化

短いお話です。 むかし、あるところに、じいさんとばあさんがいました。 ある日じいさんは、いつものように山へたきぎを取りに行きました。ところがその日はどうしたことか、ちっともいいたきぎが見つかりません。 そこでじいさんは、段々と山の奥の方へ入っていきました。気づくと、まだ一度も訪れたことのない山奥まで来ていました。 じいさんは途方に暮れてあたりを見渡します。するときれいな池がありました。じいさんは早速そこへ行ってひざまずき、水をすくって飲みました。 その水の、なんと美味いこと美味いこ...

'ものがたり'散策 | 2018.06.07 Thu 18:25

日本の昔話 4 より 『酒の泉』 昔話の幸福は、天からの贈り物

短いお話です。 むかし、あるところに、父さんと母さんと男の子が暮らしていました。しかしやがて母さんが死んで、父さんと男の子だけになりました。 父さんはたいそうお酒が好きで、毎晩お酒を飲むことを楽しみにしていました。男の子は父さんのために、山へ行ってたきぎを集め、それを村の酒屋へ持っていってはお酒と取り替えてもらいました。 ある日のこと、男の子がいつものように山へたきぎを取りに行くと、賑やかな歌声が聞こえてきました。「親孝行、親孝行、ひやさっさ、よいさっさ、ひやさっさ、よいさっさ」 ...

'ものがたり'散策 | 2018.06.06 Wed 21:36

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全491件中 81 - 90 件表示 (9/50 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!