• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

俳句

このテーマに投稿された記事:1638件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c230/5845/
俳句
このテーマについて
皆さんの作った俳句を載せてください。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「hotsuma2008」さんのブログ
その他のテーマ:「hotsuma2008」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26 >

紫川口句会

紫川口句会 「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。  毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で 午後1時から4時30分に開催しています。 各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。 次回は12月2日(日)です。 山崎十生主宰選   天 ひかりから形にもどる木の実独楽    ふさ江 地 誉められて覚ゆほめ方野菊晴れ     智恵 人 鵙の贄返し逸れた部屋の鍵       晴美   秀逸 虚と実と綯い交ぜにして銀杏黄葉    邦子 風狂を貫き通すか...

俳句スパイス | 2018.11.07 Wed 21:49

西谷剛周『句集 斑鳩』(幻俳句界)より

    1997年。 「幻」主宰。 鉄棒の両手の中の鰯雲 除夜の鐘撞く右腕に子の重み 冬かもめ舞えり造船所の余白 冬の月女の声の父子家庭 酔眼の左右がにじむ冬銀河 風花や墨絵の仁王動く刻 カレー皿キュンと鳴る啓蟄の風 花冷えの卓両膝に両拳 青りんご一人づつ減る死者の守 祝杯の中の春燈妻がいる 冴え返る鋼板薄き錆を持つ 冬海へ鳶流されて流されて 木枯らしや議事堂前右折禁止 大の字にGパン乾く女正月 向日葵の見ている方に腰掛ける どの秋も凱旋門に突き当た...

《本の出張買取》京都・全適堂 店主ブログ | 2018.11.06 Tue 21:40

津田清子『句集 葛ごろも』(圭の会)より

    前回に続き、津田清子句集。 同じ季語の連作が多い。 白木蓮咲き揃ふ日を共にして 春の雲把へて放つ電波塔 竹藪は筍のためほの暗し 百姓が声やはらげて螢呼ぶ 鱗翅目天蚕蛾(やままゆが)みめ美しく 月明るすぎて死ぬこと怖くなる 月を見てひとり死ぬ日も独りなり 人肌に戻るまで海女火にあたる 耕して耶蘇名パウロは顔上げず 昆布揚ぐ体も舟も傾きて 昼寝せり売れぬ西瓜に添寝して 陽炎立つ経典の路絹の路 祖父母ゐて父母ゐて屋根の雪厚し 雪積りやすし俯向きが...

《本の出張買取》京都・全適堂 店主ブログ | 2018.11.01 Thu 18:03

俳句ライフ

俳句ライフ   FM Kawaguchi で 紫主宰・山?十生の「俳句ライフ」放送中です。   今週の十生一句(11月1日放送分より) (注・原句表記不明のため俳句スパイスによる表記です)   天 今朝の露消さずに行かう病院へ          (詠み人知らず) 地 結んではいけない糸や星月夜           無印 人 夕星(ゆふづつ)は案山子の気持ち知ってゐる ふうりんこ   番組では山?主宰の添削や選評をお聞きになれます。 ぜひお聞きく...

俳句スパイス | 2018.11.01 Thu 09:41

『津田清子集(自註現代俳句シリーズ?期21)』(俳人協会)より

  昭和57年。 「沙羅」主宰。 私の結社の主宰の先生でもあります。 字余りのものが多く、すっと入ってこないのも多く。 キリスト教系の句も。 しかし、さすがと唸らされる句も多く。 ヴェール着てすぐに天使や聖夜劇 力一ぱい燈を搏ち叫びあげぬ蛾よ 寒き檻充たす孔雀の翼(はね)拡げ 命綱たるみて海女の自在境 下駄やトマト漂ふ海の親しさよ 断崖や滝の全重量を懸け 独奏や雷雨を厚き壁に絶ち 火口覗く生死の生の側に吾 噴水が噴き大都市の欝散ず 濡れし身は無敵荒布を抱き運...

《本の出張買取》京都・全適堂 店主ブログ | 2018.10.30 Tue 22:39

句会のご案内

2018年11月の句会予定  *予定は変更になる場合があります。  はじめてのかたは事前に事務局までご確認をお願いします。   11月6日(火) 万年青の会             午後1時30分 川口市立前川南公民館   11月7日(水)      秩父むらさきの会*            午後1時 秩父宮記念市民会館   11月3日(土)  土曜句会* 注意・今月は吟行会です          岩殿観音吟行句会              窓の会     &n...

俳句スパイス | 2018.10.30 Tue 12:37

ネット句会 11月のお題はこちら!

俳句スパイスインターネット句会   11月のお題はこちら! 想像・妄想の翼を広げて自由にお読みください。 これをとっかかりに、 とんでもないところへ飛んでいってしまっても大丈夫です。   次回締切 11月22日(木) 作品発表 11月23日(金)予定   作品5句(兼題・自由題含め5句以内、兼題のみ・自由題のみも可)     たくさんの方の参加をお待ちしています。 作品の送り先:contact@haiku-murasaki.jp    

俳句スパイス | 2018.10.26 Fri 08:23

桂信子『句集 彩(あや)』(ふらんす堂)より

    1990年。 「草苑」主宰。 著名な俳人の第8句集。 あとがきにもあるように、白を詠んだ句が多い。 前半に好きな句が多かった。 閂をかけて見送る虫の闇 白菊や一天の光あつめたる りんご掌にこの情念を如何せむ 逢ふところまでいくたびも枯木過ぎ ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 月の中透きとほる身をもたずして 窓の雪女体にて湯をあふれしむ 湯上りの身を載せ雪の夜の秤 ひとりひとりこころにありて除夜を過ぐ 薔薇挿せども空瓶になほ洋酒の香 鶏頭の一抹の朱...

《本の出張買取》京都・全適堂 店主ブログ | 2018.10.25 Thu 21:47

俳句ライフ

俳句ライフ   FM Kawaguchi で 紫主宰・山?十生の「俳句ライフ」放送中です。   今週の十生一句(10月25日放送分より)   天 賑わいの雷門や赤い羽根         仲佐 恵市 地 瞬きはしてはならない木の実落つ 一井千恵子 人 縦かっこ横カッコあり濃竜胆   浅野都   今回の放送は去る10月1日に 山?十生主宰が世話役となり開催した浅草吟行句会の様子でした。 吟行会の楽しそうな雰囲気がよく伝わってきました。 ふだんとはひと味違う句...

俳句スパイス | 2018.10.25 Thu 17:45

俳句スパイスインターネット句会

俳句スパイスインターネット句会 10月 結果   兼題:破   数字は得点 *はそのうちの特選の数     1 肌寒や「まんじゅうこわい」がラジオから    マヨマヨネーズ 2 2 赤とんぼ語りあう椅子満席に すみれ 4* 3 破れ蓮やいとも無口になるをとこ Rin 4 月天津ウオッカベースのひとり酒 蘭丸 1 5 支え合ふ関係池と破れ蓮 人見   6 揺るぎなき矜持新たに破れ蓮 はるくん 1 7 母の忌や茶柱ふたつ菊日和 玉子 2* 8 ...

俳句スパイス | 2018.10.25 Thu 13:04

このテーマに記事を投稿する"

< 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26 >

全1000件中 201 - 210 件表示 (21/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!