[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] JUNE/BL/MLのブログ記事をまとめ読み! 全8,533件の10ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

JUNE/BL/ML

このテーマに投稿された記事:8533件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/5180/
JUNE/BL/ML
このテーマについて
JUNE/BL/MLなど言われる、男×男などの同性愛要素を含む創作小説テーマです。
※ R-18作品には必ず分かるように明記しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「yamiebi」さんのブログ
その他のテーマ:「yamiebi」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

家族の肖像 19

 縋るような思いでばあちゃんの消えていった先を見守っていると、とん、と背中に何かが当たった。 「奏」 「っ!」  そうだ。大雅がいるんだった……。 「えっと……。と、とりあえず、荷物、詰めちゃおうか……」 「ああ」  だが、「ああ」と返事をした割に、大雅はそこから離れなかった。 「……」  背中に当たる大雅の気配に、さっきの会話がよみがえる。  さっきの、大雅の台詞……。 『俺はあんたと一緒に暮らしたいだけなんだよ!...

真昼の月 | 2022.01.25 Tue 22:01

家族の肖像 18

「寧音のお婿さんの、お兄さんなんだ。その……」 「初めまして。六条大雅です。お騒がせしてすいません」 「いいえ、ご丁寧にどうも」  ばあちゃんはそれでもまだ心配そうな顔をして、大雅と奏を見比べた。 「今、奏さんに、この機会に一緒にうちに同居しないかと持ちかけてるんですが、俺がつい子供みたいに無理を言ってしまって」  だがその台詞を聞くと、ばあちゃんは少女のように頬を染めて、嬉しそうに手をぱちんと叩いた。 「あら、同居?寧音ちゃんと?良いじゃない、奏ちゃん!」 「え?いや...

真昼の月 | 2022.01.24 Mon 22:04

家族の肖像 16

「あの、そういう話、無理にしなくて良いんだぞ?こないだのことは、俺も大人げなかったし、もう気にしてないから」 「え?俺が言いたかったら話しただけだし。荷物、適当に詰めちゃって良い?」 「あ、うん。ありがとう。あ、俺の荷物は別によけておいてくれる?」 「なんで?取り敢えず一度うちに運んで、そこで分別すりゃ良いじゃん。あ、仕事の道具は別にしないと困るよな」    とんでもない美貌がリンゴや煎餅の段ボールに荷物を詰めていく様子に、なんだか申し訳なくなってくる。それに、何故か彼は奏を自分の部...

真昼の月 | 2022.01.24 Mon 15:52

家族の肖像 15

 でも、そろそろ向き合うときなのかもしれない。  寧音が一人前になって結婚するのだ。自分だって、ちゃんと姉と向き合わなければ。    奏は、姉の写真を手に取った。自分よりもずっと若い姉は、写真の中で幸せそうに微笑み、幼い寧音を抱きしめている。   「……姉さん。寧音、結婚するよ。花婿さんの大成君は、病院で癌細胞とかの検体検査っていう、立派な仕事をしてるんだよ。寧音もオペ看として、執刀医の先生方や同僚からも信頼されて、毎日勉強だって頑張ってるんだ。姉さんの娘は、...

真昼の月 | 2022.01.24 Mon 15:51

家族の肖像 14

  ◇◇◇  ◇◇◇      取り敢えず、奏は自分たちの部屋の荷物をまとめることにした。どのみち、近日中の立ち退きをお願いされているのだ。どこに住むことになっても、荷物はまとめておかなければならない。    この部屋は、寧音が生まれてから姉が亡くなるまで、二人が住んでいた部屋だった。姉が亡くなり、奏が大学を辞めて寧音を育てることになったとき、姉の相談に乗ってくれていたケースワーカーさんが、そのままここに住めるように取り計らってくれたのだ。    大家のばあちゃんも...

真昼の月 | 2022.01.24 Mon 15:50

家族の肖像 17

「でも、ほら、俺、ゲイだからさ。娘婿の兄貴がゲイでも気にしないかもしれないけど、一緒に暮らすとなると、話は別だろ?」 「は?いや、別に君が誰と付き合っても俺は気にしないし、そんなことで同居を嫌がってると思われるのは、ちょっといやなんだけど……」 「そう?じゃあ、なんでいやなの?」    大雅の濡れたような美しい目で見つめられると、どうして良いのか分からなくなる。肉食獣を前にした捕食動物というのは、こういう気持ちになるのかもしれない。   「……たまに会...

真昼の月 | 2022.01.23 Sun 22:03

家族の肖像 16

「あの、そういう話、無理にしなくて良いんだぞ?こないだのことは、俺も大人げなかったし、もう気にしてないから」 「え?俺が言いたかったら話しただけだし。荷物、適当に詰めちゃって良い?」 「あ、うん。ありがとう。あ、俺の荷物は別によけておいてくれる?」 「なんで?取り敢えず一度うちに運んで、そこで分別すりゃ良いじゃん。あ、仕事の道具は別にしないと困るよな」    とんでもない美貌がリンゴや煎餅の段ボールに荷物を詰めていく様子に、なんだか申し訳なくなってくる。それに、何故か彼は奏を自分の部...

真昼の月 | 2022.01.22 Sat 22:50

家族の肖像 15

 でも、そろそろ向き合うときなのかもしれない。  寧音が一人前になって結婚するのだ。自分だって、ちゃんと姉と向き合わなければ。    奏は、姉の写真を手に取った。自分よりもずっと若い姉は、写真の中で幸せそうに微笑み、幼い寧音を抱きしめている。   「……姉さん。寧音、結婚するよ。花婿さんの大成君は、病院で癌細胞とかの検体検査っていう、立派な仕事をしてるんだよ。寧音もオペ看として、執刀医の先生方や同僚からも信頼されて、毎日勉強だって頑張ってるんだ。姉さんの娘は、...

真昼の月 | 2022.01.21 Fri 22:10

家族の肖像 13

 大成が先頭に立って部屋の中を案内してくれるので、どうせならと色々覗かせて貰った。奏の真横はちゃっかり大雅がキープしている。  寧音と大成の新居だというフロアだけで3LDKだ。大雅の部屋は、これと同じタイプの物だという。どんだけ広いんだよ。リビングの広さが十二畳はあるだろうか。八畳一間に親子二人で住んでいる身としては、身の置き所がなさすぎる。   「こっちの部屋が私と大成の寝室で、こっちがパパの部屋。ほら、ベッドの他にデスクを置けるから、ここでも仕事できるよ?」 「いや…&hell...

真昼の月 | 2022.01.21 Fri 16:18

家族の肖像 14

  ◇◇◇  ◇◇◇      取り敢えず、奏は自分たちの部屋の荷物をまとめることにした。どのみち、近日中の立ち退きをお願いされているのだ。どこに住むことになっても、荷物はまとめておかなければならない。    この部屋は、寧音が生まれてから姉が亡くなるまで、二人が住んでいた部屋だった。姉が亡くなり、奏が大学を辞めて寧音を育てることになったとき、姉の相談に乗ってくれていたケースワーカーさんが、そのままここに住めるように取り計らってくれたのだ。    大家のばあちゃんも...

真昼の月 | 2022.01.20 Thu 22:16

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全1000件中 91 - 100 件表示 (10/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!