• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

JUNE/BL/ML

このテーマに投稿された記事:8287件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/5180/
JUNE/BL/ML
このテーマについて
JUNE/BL/MLなど言われる、男×男などの同性愛要素を含む創作小説テーマです。
※ R-18作品には必ず分かるように明記しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「yamiebi」さんのブログ
その他のテーマ:「yamiebi」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

薔薇の盛りの頃に 29

「……新婚旅行はともかく、家の方はどうするんだ?まだ今迄のマンション、残してるだろ?」 「え?まだ一緒に暮らしていないの?」  驚いた一同に、なんと答えて良いか分からず、宮嶋は「あ〜、通い婚的な?」と言葉を濁した。  ほとんど是枝の家で過ごしてはいるのだが、愛着のあるマンションも手離し難く、今もまだ仕事場と称して部屋は残してあるのだ。 「手放すのがいやなら、不動産屋にかけて、賃貸に回せば?あの部屋なら相当稼げるだろ?」 「でもそうしたら、仕事場はどうするんだよ」 「塾長室で...

真昼の月 | 2020.05.24 Sun 08:08

薔薇の盛りの頃に 28

「設楽君は昨日どこにいたんだ?」  手持ち無沙汰な宮嶋が、なんのてらいもなく設楽に声をかけると、設楽は一瞬目をぱちくりとさせた。だがすぐに「悠斗さん達のホテルにお邪魔してた」と返事を返し、牛乳とオレンジジュースのボトルをテーブルに運んできた。 「どっちにする?」 「じゃあオレンジジュースで」  設楽とこうして当たり前のように会話をしている自分が、少しだけ不思議だった。だが、今迄感じていた気まずさは、何故だか全く感じなかった。 「一昨日はありがとう」」  小さく礼を言うと、設楽は「何が...

真昼の月 | 2020.05.23 Sat 08:19

初恋 act.10

マンションまで、走れば2分とかからないはずのバス停からの道が、こんなにも長く感じたのは初めてだ。 電話をして確かめようにも、肝心の鳴海の携帯番号を聞いていなかったし、一人暮らしをしている為、携帯さえ所持していれば自宅の電話を使う事もないだろうと、家に電話をひいていなかったのが災いした。 要するに、鳴海がまだ家に居てくれているかどうかは、本当に帰ってみないと確かめようもないわけで。 「ち、っくしょ…」 バス停から二分とかからないとはいえ、そのほとんどが上り坂とくれば、残業続きで只でさえ疲れて...

駄文倉庫 | 2020.05.22 Fri 21:22

薔薇の盛りの頃に 27

「愛しているよ、僕の花嫁」 「またそういう臭いことを……」  わざとからかいながら体を起こすと、すぐに唇が追いかけてきた。 「良い匂いがしますね」 「ああ。そろそろ朝食だろう。下に行けるかい?」 「ええ」  裸のままベッドから降り、着替えを取ろうとしていると、是枝が自分を凝視しているのが見えて、妙に落ち着かなくなる。是枝はもう既に、しっかりと着替えを済ませているのだ。そんな是枝が、宮嶋の裸体を、まるで素晴らしい宝石でも見るように見つめていた。さすがの宮嶋だって、恥ずかしいと...

真昼の月 | 2020.05.22 Fri 08:03

薔薇の盛りの頃に 26(R−18)

(R18)です。このblogは18歳未満の方は読んでいらっしゃらないはずですが、苦手な方が間違えて読まないように、一応たたみます。大丈夫おっけーどんとこい!という方だけ「続きを読む」を押すか、もしくは下にスクロールしてお読み下さい。 -----------------------------

真昼の月 | 2020.05.21 Thu 08:02

薔薇の盛りの頃に 25(R−18)

(R18)です。このblogは18歳未満の方は読んでいらっしゃらないはずですが、苦手な方が間違えて読まないように、一応たたみます。大丈夫おっけーどんとこい!という方だけ「続きを読む」を押すか、もしくは下にスクロールしてお読み下さい。 -----------------------------

真昼の月 | 2020.05.20 Wed 08:04

初恋 act.9

夜、仕事が終わって部屋に帰った時、まだ鳴海はいてくれるだろうか──…? 朝見せてくれたのと同じ笑顔で、俺を迎えてくれるだろうか──…? 12年振りに会えて、聞きたい事は山ほどあったはずなのに、何ひとつ聞けてはいない。 昨夜の突然の鳴海からのキスに、俺の理性はいとも容易く崩れ去り、気付いた時にはあの細い身体を欲望のままに組み敷き突き上げていた。 何故、突然訪ねてきたのか。 何故、今の俺の家を知っていたのか。 そして何故、あんな事になり鳴海はそれを受け入れたのか。 「十代のガキじゃあるまいし、何...

駄文倉庫 | 2020.05.19 Tue 23:35

薔薇の盛りの頃に 24(R−18)

 (R18)です。このblogは18歳未満の方は読んでいらっしゃらないはずですが、苦手な方が間違えて読まないように、一応たたみます。大丈夫おっけーどんとこい!という方だけ「続きを読む」を押すか、もしくは下にスクロールしてお読み下さい。 -----------------------------  

真昼の月 | 2020.05.19 Tue 08:02

薔薇の盛りの頃に 23(R−18)

 (R18)です。このblogは18歳未満の方は読んでいらっしゃらないはずですが、苦手な方が間違えて読まないように、一応たたみます。大丈夫おっけーどんとこい!という方だけ「続きを読む」を押すか、もしくは下にスクロールしてお読み下さい。 -----------------------------  

真昼の月 | 2020.05.18 Mon 08:13

薔薇の盛りの頃に 22

  ◇◇◇ ◇◇◇  ダーチャに着くと、前庭のそこここには美しいランプが灯されていた。 「うわぁ、すごい綺麗だな……」  木の枝に掛けられたふんわりと光る球体のランプや、地面に置かれた円錐形の色ガラスのランプに照らされた美しい花々は、夢の中の世界のようだった。  そっと、大竹が玄関のドアを開けて、2人に先に入るように促す。ダーチャの中も電気は消されていて、足下に小さな間接照明がポツポツと灯り、2階の2人の部屋まで道案内しているようだった。 「すごい演出だな……...

真昼の月 | 2020.05.17 Sun 08:05

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!