• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

JUNE/BL/ML

このテーマに投稿された記事:8177件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/5180/
JUNE/BL/ML
このテーマについて
JUNE/BL/MLなど言われる、男×男などの同性愛要素を含む創作小説テーマです。
※ R-18作品には必ず分かるように明記しましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「yamiebi」さんのブログ
その他のテーマ:「yamiebi」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

円い夜空 ? [完結]

   翌日、本条が先に僕の家に来ていた慎一と河野と、僕を迎えに来た。  車寄せに停められたのは、黒のリムジン。慎一がちょっと嫌そうな顔をした。  車から降りてきた本条が、見送りに出てきた母たちに丁寧に挨拶をする。  いつもより少し気合の入った髪型で、ふんわりした可愛らしいワンピース姿の麗は、朝から、おかしくない? 可愛い?と賑やかだったけど、今は借りてきた猫状態。でも、先に来ていた二人を見た時より絶対テンション上がってるよね。  本条は白いボタンダウンのシャツに、薄手のジャケ...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.31 Thu 09:15

円い夜空 ?

   今年のGWはあまり良いカレンダーではなく、連休は2つに分かれる形になった。  前半の連休に帰省する予定だった僕に合わせて、本条はその3連休の中日に鎌倉の別荘へ連れていってくれると約束してくれた。  そのことを廉に話すのは躊躇われた。だけど誰にも言わずに内緒で行くというのも、なんだか気が重くて、僕は慎一にはその話を打ち明けた。放課後、茶道部の部活が終わってからこっそりと。    「本条を勧めたのは僕だけど、いきなり彼の家に行くのはどうなんだろうね…。それも一人で」  ...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.30 Wed 09:03

円い夜空 ?

   それ以来僕は、毎夜、朝まで眠り続けた。  夜半に目覚めることもなく、泥のように、深く沈み込むように。  そうして、劣化した8?フィルムのような映像を見せられ続ける。音のないその映像を、ただ延々と途切れることなく。  音はないのに、その映像の中の人物が何をしゃべっているのかも、どんな音がしてるのかも、匂いも、味も、何もかもわかった。  そうやって、意識の中に流れ込んでくる、カヲルの記憶。  頭の中の奥にある記憶の引出しから、勝手に溢れ出して、僕の記憶を押しやってしまいそう...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.29 Tue 12:45

円い夜空 ?

   「おはよう」  次の日の朝。僕は初めて2年3組の教室に入った。  「おはよう、茨木。もう大丈夫なのか?」  新しいクラスメイト達が、集まってきた。  「うん。心配かけてごめんね。ただの寝不足だよ。いっぱい寝たから大丈夫」  笑って答える僕に、それでも、無理するなよ。とみんな心配してくれる。  「おはよう、馨」  奥にいた、慎一が声を掛けてくる。  「おはよう、慎一。昨日はごめんね」  「謝らなくていいよ。それより、こっち」  慎一は僕の手を引いた。  「馨...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.28 Mon 08:40

円い夜空 ?

     遠い――。遠くに、月が見える。  ああ、月は遠いところにあるものだ。それは分かってる。  円い夜空に、円い月が浮かんでる。  淡い光は、青く、冷たくて、吐く息が白く揺らめくその向こう。  遠い、月が見える。      ――…る、…。    昏い奥底に沈み込んだ意識に、かすかに届く、声。  この声は――、…さん――?    「馨、…馨」  目を開けると、見慣れた、顏。  「廉…?」  「おはよう、馨。&he...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.27 Sun 11:49

J庭47★お疲れ様でした!

お久しぶりです! Rinkです、みなさま元気におすごしでしょうか?   事後報告になってしまいましたが 2019年10月6日(日)秋のJ・GARDEN参加してきました。 当日のお品書きはこんな感じでした。   相変らずのデッド入稿でとうとう前日の土曜日に入稿して、日曜日会場納品でした(汗)   ですのでお知らせも無く、終わったよ報告大変失礼いたします。   隣接はいつもの相方 BL風味のさくらんぼ 柚子季さん!   彼女といっしょだと一人スペースも安心していられ...

時の過ぎ行くまま(Rink's Cafe別館) | 2019.10.08 Tue 08:46

BPM190 ?

   反対側の袖には創がいて、お疲れ〜!と抱きしめられて、頭をぐりぐりされた。  「なんだ、心配して損した。すげー良かった。練習した?」  「してる訳ないじゃん! なんなの、この騙し討ち! おまえら知ってたの?」  真っ赤になって怒る僕に、しぃーと指を口の前に持ってくる。  「聞こえるぞ、まだこれからアンコールやるんだから、静かに見てようね」  創が宥めるように、笑って云う。舞台の上では、中央に戻ってきた新庄がなんかしゃべってて、わぁっと歓声が上がったかと思うと、演奏が始ま...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.07 Mon 11:22

BPM190 ?

   学祭当日は、好天に恵まれて、9月にしては涼しい秋晴れの日。  麓の街から上がってきたバスが停まり、校門前で次々と人が溢れだす。公式サイトと自治体へのお知らせだけで、ほとんど広報してないんだけど、みんなよく知ってるなと思う。  今日の生徒会役員のお仕事は、もう特にない。  一応僕たちは、夏服だけどネクタイ着用、執行部の腕章をつけて校内を見まわり、なんかトラブルや困ったことがあったら駆けつける。って感じなので、何もなければ、特にすることはない。  取りあえず呼び出しがかかっ...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.07 Mon 11:22

BPM190 ?

     日曜日の午後――。  うたた寝から目が覚めた僕は、食べそびれた昼食を買いにコンビニへ行こうと、部屋を出た。  広くて明るい寄宿舎の廊下。階段へ向かいかけて、小さく流れてくる音色に気付く。  反対側の一番奥の部屋。少し開いた扉の向こうから聞こえるギターの音。僕は方向転換をして、その部屋に向かう。  「廉?」  一応軽くノックをしてから、そっと扉を押す。音が流れてきたのは、廉の部屋からだった。  「馨、起きたのか」  部屋の奥、壁際のベッドをソファ替わりに、...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.07 Mon 11:21

トロイメライ[10] 完結

   「なにしてるんだ?」  「掃除」  その夜遅く広瀬が戻ると、陽深はごしごしと台所の流し台を擦っていた。  「こんなに夜遅くしなくても、昼間やればいいのに」  「ええ、でも――暇だったし、きれいにしていきたかったから」  陽深は水を流しながらそう言うと、広瀬の隣に腰を下ろす。  「お風呂に行くでしょう?」  「え?」  「銭湯。早く行かないとしまっちゃいますよ。そこに、着替え置いてますから」  部屋の隅に新しい下着と、Yシャツが置いてあった。靴下も。そういえば今朝は、前日のままの格好...

サバクノバラトウミノホシ。 | 2019.10.05 Sat 11:14

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!