>
興味深い話題・出来事など
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

興味深い話題・出来事など

このテーマに投稿された記事:11922件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c281/8712/
興味深い話題・出来事など
このテーマについて
興味をそそられた話題、関心ごとなど教えてください。(^^)
このテーマの作成者
作者のブログへ:「diegoro」さんのブログ
その他のテーマ:「diegoro」さんが作成したテーマ一覧(8件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

大食 正岡子規

本棚を見ていたら正岡子規『仰臥漫録』が目に留まりました。何十年と読むことがなかった本です。   肺結核にかかった子規は併発した病気のため、動くどころがあおむけに寝ているだけの毎日でした。35歳で亡くなる前の1年ほどの間に書かれたのが『仰臥漫録』と『病牀六尺』でした。   これは少しの感傷も暗い影もなく、死に臨んだ自身の肉体と精神を客観視し写生した優れた人生記録と、現在まで読まれているという解説があります。   ここには日々の日記形式で、その日その日のことが詳しく書かれ...

行人 | 2018.05.17 Thu 15:19

金沢駅前から中継します

この時間は金沢駅からお送りします。   今日(17日)は朝から雨が降ったりやんだりのお天気で、いまは止んでいます。   金沢駅ドームに立ちますと、天井からは百万石まつりのPRタペストリーが下がっています。 地下道から上がってくる階段の両側には、高校相撲金沢大会ののぼりが見えます。大会は20日に開催され、全国から78校が参加するということです。     ひところは100校を超える高校が参加していましたが、考えてみると高校で相撲部がある学校というのは、相当限られてい...

行人 | 2018.05.17 Thu 13:35

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:22

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:22

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:22

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:22

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:21

漱石 「心」の散歩コース

しばらく前に漱石の「心」を読み終えた。先月書いたが「心」は人気小説ではあるが、昔から何となく敬遠してきた。だがここ数年の間には、去年の4月に読んだのをはじめ3回は読了している。     「心」で出てくる「私」は、章54までの手記の書き手で、それ以降の「先生」遺書を紹介するために、主として生前の先生や、「奥さん」との交渉、郷里の自己の父母らについて回想的に語る(漱石全集注解より)。   「先生」といわれる人が下宿していたのが小石川伝通院のあたりだが、先生は悩んだり...

行人 | 2018.05.17 Thu 08:20

全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”

 5月8日に放送された杉咲花主演のテレビドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(TBS系)第4話の視聴率が、9.0%だったことがわかった。同ドラマは、前回からわずかに数字を下げた。「第1話が視聴率7.4%という低空飛行でスタートした同ドラマですが、放送後は関連ワードがツイッターのトレンドを席巻し、回を追うごとに数字も上昇。前作の人気キャラ、小栗旬演じる花沢類が登場した第3話は、9.6%を記録しました。ですが今回は、懐かしのキャラが登場しなかったことが影響したのか、0.6ポイント下げています」(テレビ誌記者) ...

エンタメ速報 | 2018.05.17 Thu 00:29

横山大観展にがっかり:文化資本欠落の美術館

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など   大観展に期待を込めて行ったが、「生々流転」が圧巻のメインであるだけで、大観の全貌とはほど遠い、中途半端な展示である。 近代美術館には、いつもがっかりさせられるが、カンジンスキーの時もひどかった記憶がある。 展覧会で、充足させられたのは、ロンドンで観たカンディンスキー展、パリでのモネ展だ。どちらも、3回観て回った、出口を出ても、また入れてくれる。ほぼ全貌に近い圧巻の展示であった。   日本の美術館の未熟さには、いつも愕然とさせら...

web place university[山本哲士のパブリックブログ講義] | 2018.05.16 Wed 13:45

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!