[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] No Music, No Lifeのブログ記事をまとめ読み! 全12,032件の2ページ目 | JUGEMブログ

>
No Music, No Life
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

No Music, No Life

このテーマに投稿された記事:12032件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c283/3575/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

『民族音楽シリーズ/トルコの神秘主義音楽』

 1月に出かけたトルコの想い出がだんだん薄れてきたところですが、今日、DU北浦和店で見つけたレコード『民族音楽シリーズ/トルコの神秘主義音楽』(73年)を聴いて、トルコを思い出しています。  このレコードには、イスラム神秘主義の一派メヴレヴィー教団の儀式に用いれらる音楽が収録されています。  声楽と器楽が用いられ、器楽合奏も独奏も楽器伴奏の歌もあり、トルコの古典音楽と共通する音楽様式で行われています。  縦笛や撥弦楽器、太鼓などが用いられ、ゆっくりと静かにはじまった音楽が次第に激しくなり、や...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2024.06.12 Wed 22:12

加藤和彦

『トノバン 音楽家加藤和彦とその時代』(2024年 監督:相原裕美) 劇場で観てきました。フォークル時代は注目していましたが、その後、関心が薄れて聞き逃していましたが、サディスティック・ミカ・バンドの素晴らしさと天才加藤和彦を改めて実感しています。トノバン愛に溢れた素敵なドキュメント映画です。 JUGEMテーマ:No Music, No Life  

ビニール・ジャンキー行状記 | 2024.06.08 Sat 23:36

Chinese Rocks Live Information

JUGEMテーマ:No Music, No Life     Chinese Rocks ライブのお知らせ。 6月21日に荻窪クラブドクターで 鳥井賀句プレゼンツ「地下室のメロディ」詳細こちら→ に出演するチャイニーズ・ロックス(4バンド中3番目?) は7月にもライブが決まっているのでした。   7月といえば、クラブセンセーション企画、 「Tribute to Johnny Thunders」 ジョニーサンダース追悼企画です。 思い起こせば、去年の7月23日、 ドラムが元アシッド・ヘッド・ラブのケンジに代わって、 ケンジ、チャイニー...

Nobody\'s fault but mine | 2024.06.07 Fri 14:35

アニサKISS Is Back…

"アニサKISS Is Back"ってゆう曲を音楽チャンネルに投稿いたしました〜〜!! オリジナル版は48thアルバムに入ってたやつね。良かったら聴き比べてみてよ。 オリジナル版

循環KEY | 2024.06.05 Wed 18:50

クローザーのCD探しだな。ジョイ・ディビジョン

JUGEMテーマ:No Music, No Life そう、整理しすぎでなんだか果たしての状態が続く。 いきなり何気に聞きたくなってきても対応不能状態。 整理しすぎもあるわけだが・・・・・・ クローザーをいきなり聞きたくなる=脳みそが大復活しているわけだ。 くたばりかけから復活して14年 ようやく戻ってきたようだ。 で、スージー・スーが歌い始めるの巻。 なんだか今日はお仕事が楽しい日になってきた。 働け俺!

アンクルマツのCDガイドのブログ | 2024.06.04 Tue 10:00

なつかしのブルーマンデイ

JUGEMテーマ:No Music, No Life いきなり頭の中がブルーマンディ状態。 ここ2日間延々となり続けている状態だ。 HOW DOES IT FEEL・・・まあそんな感じ。 延々の下手なギターが鳴り響く。 しかしまあ慣れ親しんだ音がのんきに戻ってくると体調が結構いいわけだ。 さわやかな朝!っておいおいの歌だが。 うーむ、自殺はダメだぜ! そんな感じだね さあてお仕事お仕事

アンクルマツのCDガイドのブログ | 2024.06.04 Tue 09:44

Chinese Rocks LIVE Information

JUGEMテーマ:No Music, No Life       Chinese Rocks ライブのお知らせ。 さて、今回も 鳥井賀句プレゼンツ地下室のメロディ に呼んでいただきました。 賀句さん、ありがとうございます。 場所は荻窪クラブ・ドクター チャイニーズ・ロックス2度目の出演。 今回は、チャイニーズロックスの前身、CRYのギターだった、 たっちゃんのバンドピラニア・ガールズと対バンです。 ピラニアはメンバーチェンジがあったようで、 ドラムにこれまたクライ、チャイニーズ・ロックスで 一緒だ...

Nobody\'s fault but mine | 2024.06.03 Mon 13:28

シド・バレット

『シド・バレット 独りぼっちの狂気』(2023年イギリス映画) 監督:ストーム・トーガソン、ロディ・ボガワ  ピンク・フロイド創設期のリーダーで、カリスマ性存在だったシド・バレットのドキュメンタリー映画が公開されています。  フロイドのメンバーや親族、シドのガールフレンドたちが登場して、圧倒的な存在感で輝きをはなっていたシドについて語る証言や当時の記録映像でつくられた作品です。シドが次第に輝きを失い、狂気の世界へと堕ちていくようすには胸が痛くなります。マスコミのゴシップ記事では、成功したピ...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2024.05.28 Tue 21:50

ボブ・マーリー

『ボブ・マーリーONE LOVE』 (2024年アメリカ映画 監督:レイナルド・マーカス・グリーン)  ボブ・マーリーの伝記映画が公開されており、早速、観にいってきました。  カリブ海の小国ジャマイカで生まれた音楽、レゲエを世界中に広めた唯一無二の存在、ボブ・マーリー、その36年の生涯を、ボブの子どもたちや妻のリタが映画化しました。  政情不安定なジャマイカで、政治的対立に巻き込まれ銃撃されたボブは、その後もステージに立ち続け、祖国の平和のために歌い続けました。  国民的英雄ボブ・マーリーのために、...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2024.05.26 Sun 22:07

今年の夏の演奏会は

去る5月12日。 NHK交響楽団のローマ三部作の演奏 を聴きに行ってきた。     イタリアの新人気鋭の作曲家 パンフィリの「戦いに生きて」 日本初演から始まり、ローマの松、 噴水、祭りという曲順。   休憩前の"松"のフィナーレも圧巻 だったが休憩後の"祭り"のフィナ ーレに至っては心底圧倒し尽くさ れた。。!   終演後にホールから外に出る下り 階段で思わず、バランス感覚を無く してしまい、よろよろと倒れこんで しまった位である。   ...

uchiDays? | 2024.05.19 Sun 14:38

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 11 - 20 件表示 (2/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!