[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] No Music, No Lifeのブログ記事をまとめ読み! 全11,761件の1ページ目 | JUGEMブログ

>
No Music, No Life
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

No Music, No Life

このテーマに投稿された記事:11761件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c283/3575/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

今更、知ったベートーヴェンの魅力

ベートーヴェン作曲の音楽というと どこか厳めしい印象があるらしい。     というか、この顔の印象が厳めしい。。   我が家の娘も市原市のアマチュアオケに 所属しており、(コントラバス担当) クラシック音楽に興味が無い事も無い、、 ものの、 ベートーヴェンの曲だけには気が向かない という。   普段、通勤時の自家用車の中では専ら 「うただ・ひかる」を聴くらしい。   #趣向が良くわからんが、、  まぁいいか  "うただ"、...

uchiDays? | 2022.05.15 Sun 12:54

五月新緑茶会

    もう2週間も経ってしまいましたが 短大時代からの友人3人で企画したお茶会が無事に終わりました🍵   会場は浜松の桂子のご実家の樹庵。 桂子の集客努力でなんと50名近いご予約が! 茶道家のお母様や御弟子さん、ご家族の方にもご協力頂いて 盛大なお茶会になりました。     浜松一日目   妙子と新幹線で午前中に浜松入りして、 台詞の声の大きさや音のタイミングなどを何度もリハーサル。   休憩の時に今の時期しか食べられない、...

まさみゅーじっく♪ | 2022.05.15 Sun 03:14

ザ・ジョンストンズ

 ジョンストンズはアイルランド東部のミース州出身のエイドリアン&ルーシー姉妹と兄弟のマイケル・ジョンストンの3人組のグループとしてスタートしました。その後マイケルがミック・モロニーと交代、さらにポール・ブレディが加わり4人組となり英国のトランスアトランティックと契約し、68年の『THE JOHNSTONS』でアルバム・デビュー、74年に解散するまで活動を続けました。  彼らの音楽は基本的にはギターなどの伴奏で全員がコーラスを聴かせるバンドです。初期にはトラッド・ナンバーを中心に歌っていましたが、だんだんとコン...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.05.14 Sat 23:00

イアン・キャンベル・フォーク・グループ

 バーミンガムをベースに活動したイアン・キャンベル・フォーク・グループは、英国フォーク・リバイバルを代表するバンドで、イアンと妹のローナンの歌を中心に若き日のディブ・スワーブリック(フィドル、マンドリン)が参加したことでも注目しています。  シンプルなフォークソングをメインに米国SSWのカバー曲や後のフェアポートを彷彿させるサウンドを聴かせるナンバーもありドキッとさせられます。  ディブ・ペグも一時バンドに参加していましたが、レコード、CD共に国内盤は出ていないようです。 ?『THE IAN CAMPB...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.05.12 Thu 22:24

ディザイア ボブ・デュラン、ハリケーン・カーターの歌  

JUGEMテーマ:No Music, No Life 何気に頭に響いている状態。 思わず頭の中で音が流れている曲を聞きつつのブログ投稿。 そう、仕事中に何気にかけっぱなしにしておいたことがあり、それが延々と残っているわけだ。 子供の頃の大きな話題の一つだったボクサー、ハリケーン・カーターのお話の歌。 中身とその後はここでは関係がないから沈黙だが・・・ このアルバムのパワーはすごい。 ボブ・デュランの社会派の意地的な音の強さと迫力が本気ですごい。 アコースティックで作っているはずなのだが、音の力はヘヴィーメタルよ...

アンクルマツのCDガイドのブログ | 2022.05.05 Thu 08:58

小坂一也

 レコード棚の小坂忠さんのひとつ前にあるのが小坂一也さんです。2年前にも投稿しましたが、改めてレコードを聴いています。  日本のカントリー・ミュージック界のアイドル的存在だった小坂一也さん。小坂さんは、外国のナンバーをカバーする時は、必ず日本語の訳詞を付けて歌っています。歌もうまいし、まるで西部劇の中に迷い込んだような錯覚に陥ります。  レコード・デビューしたのは、私が生まれた1954年でした。レコードやCDを見つけると、必ず買ってしまいます。 ?『小坂一也/ワゴン・マスター』(68年) ?...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.05.02 Mon 22:42

ハイレゾwalkmanの上を行くモデル

ハイレゾwalkmanを購入して2、3年後 には早々に壊れて、、   お線香の名前のような安物中華DAPと ICレコーダーが手元に残り、 "たま"の外出時に携行する日々。   コロナ禍も過ぎてくれた(?)感もするが、 在宅での勤務形態が続き外出する機会は ほぼ訪れない。   「walkmanが欲しいかって???  今更、DAPを買って何に使う?」   そう思いつつも、、 機会があればwalkmanの中古モデルを ネット上で見て回っていた。   「今更、2万も3...

uchiDays? | 2022.05.01 Sun 16:52

ヘティ・クース・エンダン

 エルフィ・スカエシと肩を並べるインドネシアの歌姫ヘティ・クース・エンダンのアルバム『ハティ・ヤン・ルカ』(89年)が、カセット、CD、レコードと揃いました。  いろんなジャンルの歌を歌いこなすヘティですが、『ハティ・ヤン・ルカ』は、ポップ・クロンチョン・スタイルのアルバムで、優雅に歌うヘティの歌声は至福の時間へと誘ってくれます。以前、近所に住むインネシア人のご夫妻が、このアルバムを喜んでくれたことは忘れられません。  CDには、ボーナス・トラックとして、90年にリリースされたアルバムから4曲が収...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.04.21 Thu 21:32

フリー・デザイン

ソフト・ロックを聴くーその1、フリー・デザイン  ポップ・ミュージックを聴きはじめた中学時代、ソフト・ロックが大好きでした。  アソシエーションやタートルズ、レターメン、サンド・パイパーズ、ヴォーグスなど、今聴いても胸キュンします。  フリー・デザインも60年代後期から活動していましたが、その存在は全く知りませんでした。その名前を知ったのは、ムック本『SOFT ROCK』での紹介記事でした。  フリー・デザインは、ニューヨーク出身のデドリック兄弟からなるファミリー・バンドです。曲づくりを行って...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.04.20 Wed 21:03

春 🌸 ハル🌸 はる

    このところお天気の良い日が続いてコートが要らなくて嬉しいな😊   真間川沿いの桜並木はすっかり葉桜になってしまいました 今年も美しい姿でたくさんの癒しを与えてくれてありがとう また来年会えますように     今日はレッスンの前にAFF2の申請に必要な手続きの為に税務署に行ってきました。       AFFが果たして通るかどうか…💦 事務作業が大の苦手で手こずるのは目に見えていますが 計画しているイ...

まさみゅーじっく♪ | 2022.04.12 Tue 22:00

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!