[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] No Music, No Lifeのブログ記事をまとめ読み! 全12,007件の24ページ目 | JUGEMブログ

>
No Music, No Life
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

No Music, No Life

このテーマに投稿された記事:12007件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c283/3575/
このテーマに投稿された記事
rss

< 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29 >

マシューズ・サザン・コムフォート

フェアポート・コンヴェンションとその周辺を聴くその1MATTHEWS SOUTHERN COMFORT(以下MSCと省略)  75年でフェアポート本体から離れて、バンドを離れていったメンバーの足跡を訪ねるシリーズに突入したいと思います。フェアポートは出入りが激しく、数多くのミュージシャンがフェアポートに在籍しました。離れた順からいえば、ジュディ・ダイブルから始めなければなりませんが、都合で2番目にバンドを離れたイアン・マシューズから始めたいと思 います。  イアンがフェアポートを脱退したのは、69年『アンハーフブリッキ...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.31 Sun 00:09

フェアポート・コンヴェンション

フェアポート・コンヴェンションを聴くその11『LIVE CONVENTION』(74年)、『RISING FOR THE MOON』(75年) 『LIVE CONVENTION』  74年1月、フェアポートの初来日公演に同行したサンディは、ステージにも上がり日本のファンを狂喜させました。その後の豪州ツアーから正式にフェアポートに復帰します。  74年7月にリリースされた『LIVE CONVENTION』は、豪州ツアーのシドニー公演と一部73年末のロンドンとクロイドン公演が収録されています。  サンディを迎えたバンドは、重厚なロック・サウンドでバックを支えます...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.29 Fri 22:43

佐野元春の新譜『今、何処』のアルバムを聴き、映画館に『エルヴィス』を観に行った。

JUGEMテーマ:No Music, No Life   7月になり日々猛暑の日々。 あっという間に梅雨も終わった。そして、あっという間に8月に。 早い?何か季節が変わるのが早く感じてしまう。でもいつもの夏の暑さだけが日々続いている。   梅雨が終わった後、コロナも収束するのではって思った矢先、またまたコロナの感染拡大が?しかも大分県内では過去最高の感染者の数がニュースで毎日報道される。 いったいどうなっているんだ?と嘆きたいが、現実は仕方ないからどうしようもない。 また我慢の日々を過ご...

エーエフエヌブログ | 2022.07.29 Fri 16:45

フェアポート・コンヴェンション

を聴くその10『NINE』(73年)  73年10月にリリースされたフェアポートの9枚目のアルバム『ナイン』の英国盤を私は2か月後の12月に入手しています。当時の私は新譜1枚より中古3枚という主義で、新譜はめったに買いませんでした。ですから『ナイン』の入手は奇跡的な速さでした。  バンド・メンバーは前作の『ロージー』と同じですが、前作がスウォーヴリック-ペグの作品が中心だったのが、スウォーヴリック-ルーカスが中心となっています。ヴォーカルはスウォーヴリックとルーカスが分け合っていますが、アルバムの主体はル...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.28 Thu 21:45

フェアポート・コンヴェンション

フェアポート・コンヴェンションを聴くその8『THE BUNCH / ROCK ON』(72年)  フォザリンゲイを解散させたトレヴァー・ルーカス、サンディ・デニー夫妻を中心に集まった13名のフェアポート・ファミリーが、ロックンロールの古典曲を歌い演奏したセッション・アルバム。  英国のフォーク・ロックを確立したメンバーが、実は米国のロックンロールで育った世代だということを露わにした作品です。  72年12月に宿泊施設付きのスタジオで録音されたこのアルバムは、まるでパーティーのようなレコーディングだったというよう...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.27 Wed 20:28

フェアポート・コンヴェンション

フェアポート・コンヴェンションを聴くその7『“BABBACOMBE”LEE』(71年)  このアルバム、最初に手に入れたのが国内盤で正解でした。19世紀末、英国南西部ババクームで起きた殺人事件の犯人ジョン“ババクーム”リーの半生をモチーフにし、数奇な運命を辿った男のストーリーを一気に聴かせるコンセプト・アルバムは、歌詞の意味を理解してこそその魅力が倍増します。  一時期は毎日のように聴いていて、フェアポートのアルバムの中でも一番好きなアルバムでした。  このアルバムが誕生したきっかけ...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.26 Tue 10:31

コンパイ・セグンド他

非西欧社会の音楽を聴く?  今日みたいな暑い日には『ブエナ・ビスタ』を聴きたくなります。  先日、コンパイ・セグンドのアルバム?をゲット、ブエナ・ビスタのスターたちのアルバムを聴きなおしています。セグンドの「チャン・チャン」を聴き比べるのも楽しいです。 ?『BUENA VISTA SOCIAL CLUB/Ry Cooder & Cuban Musician』(97年) ?『IBRAHIM FERRER』(99年) ?『OMARA PORTUONDO』(2000年) ?『COMPAY SEGUNDO/CALLE SALUD』(99年) ?『COMPAY SEGUNDO/CIEN ANOS DE SON』(99年) ?『COMPAY...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.24 Sun 23:25

暑すぎの朝のお出かけにはアースバウンド、キングクリムゾン!

JUGEMテーマ:No Music, No Life いや、もう暑い。 その上に蒸している。 そういう朝にはクリムゾンのアースバウンドだ。 必殺の元ブートライブ。初めてFMで聞いたときは狂喜乱舞。 それをなんとかLPで入手を。。。。。だが・・・・あああああ で、だが紙ジャケ、クリムゾン一気販売の時に購入。 いやあ、テープが手元でCDで存在している。 夏の暑さにはこれが効果的。 いやあ、すご過ぎ!! それだけです。

アンクルマツのCDガイドのブログ | 2022.07.23 Sat 09:22

ザ・バーズ他

洋楽ロックアルバムベスト20(1960-1999)  『レコード・コレクターズ2022年8月号』のあなたが選ぶ洋楽ロックアルバムベスト20に、今の気分で20枚選び投票しました。60年代から90年代の40年間でリストアップされた800枚から選びますが、私の好きなアルバムが何枚もリスト外なので苦労しました。リスト外の1枚は『ノー・ローゼズ』を選びました。 ?『The Byrds/Sweetheart Of The Rodeo』(68年) ?『The Band/Music From Big Pink』(68年) ?『John Lennon / Plastic Ono Band/Imagine』(71年) ...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.22 Fri 23:54

フェアポート・コンヴェンション

フェアポート・コンヴェンションを聴くその6『ENGEL DELIGHT』(71年)  2度目のアメリカ公演を終えた70年の終わり、リチャードがバンドを離れます。フェアポートはサンディに続きリチャードと、二人のスター・ミュージシャンを失ってしまいます。  けれどもバンドは、残った4人で継続、皆が持てる力を出し合ってより力を発揮します。全員がヴォーカルに加わり、リード・ギターはサイモン・ニコルが担当します。むしろ潜在能力が表出したといえます。  そしてリリースされた『エンジェル・ディライト』は、トラッド・ナン...

ビニール・ジャンキー行状記 | 2022.07.20 Wed 21:58

このテーマに記事を投稿する"

< 19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29 >

全1000件中 231 - 240 件表示 (24/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!