[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] チャロと英語のブログ記事をまとめ読み! 全1,296件の9ページ目 | JUGEMブログ

>
チャロと英語
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

チャロと英語

このテーマに投稿された記事:1296件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c297/4670/
チャロと英語
このテーマについて
英語の勉強をNHKのリトルチャロと一緒にしましょう。テレビとラジオ、そしてインターネットを使う新しい勉強で「体にしみこむ英語」がマスターできますよ。チャロの冒険物語が抜群に面白く、ホロリとする内容。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lapas」さんのブログ
その他のテーマ:「lapas」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

チャロ2間(あい)の国 37話キーフレーズ3

魂がさまよう島って、チャロが彼らにヒントを与える?それとも… ■ The villagers here are the souls of those who cannot remember how they died. ここの村人たちはみな、どうして死んだか覚えていない者たちの魂だ。 those who 〜 で 「〜する人々」(= those people who)という意味です。 Those who try hard will succeed.(一生懸命頑張る人は成功するでしょう) ■ If something reminded her, she might remember what she has left undone. 何かのきっかけさえ見つければ、彼女は心残りを思い出せるかもしれぬ。...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.15 Thu 10:39

チャロ2間(あい)の国 37話キーフレーズ2

ひと目でチャロが生きていることを見抜いたゲンブ。さすが長老!チャロの味方になってくれる? ■ You must be alive. お前は生きているに違いない。 must be 〜 で 「〜に違いない」の意味。チャロのライフグローブが光り輝くのを見て、ゲンブが言ったセリフ。 エピソード6で、カノンがチャロにソーセージを持って来てくれたときのセリフは、You must be hungry. Eat. (きっとお腹が空いているんでしょう? お食べなさい)でした。 ■ Genbu smiles with satisfaction. ゲンブは、満足そうに笑う。 with 〜 は「〜と...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.15 Thu 10:36

チャロ2間(あい)の国 37話キーフレーズ1

奇妙な島ですね?「忘れ島」って。そして、そこは「記憶のない魂の住む場所」? ■ Further down the road, Charo hears the sound of a harp. さらに進むと、竪琴(たてごと)の音が聞こえてきた。 further down the road は 「さらに道を進むと」の意味。 down は、「下り」の意味でも使われますが、以下の例のように「ずっと」の意味で使われます。 Further down the hallway on the left, you will find my office.(廊下をずっと行った左側に、私のオフィスがあります) ■ Oh, I can never remember how it goes. ...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.13 Tue 13:36

チャロ2間(あい)の国 37話:記憶のない島

チャロは、翔太を探して森の奥深く進んでいました。すると大きな池に浮かぶ島に! 小屋が見え、そこで野菜を洗っているおばあさんに声をかけ、 「あの、翔太という日本の少年を知りませんか?サッカーボールを持ってお花畑に行ったとか…。」 「お花畑だって?アワワ!」 あわてて小屋の中へ入ってしまいました。 「どうしたんだろう・・・奇妙な島。」 さらに進むと、竪琴(たてごと)の音が聞こえてきた。 「わぁ、なんて素敵な音だろう。」 ある小屋で、少女が竪琴を弾いて歌っていました。 でも、なぜか少女は弾くのを急...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.12 Mon 12:21

チャロ2間(あい)の国 36話キーフレーズ2

どうして将太とランダが一緒にいるの?そしてチャロをおびき出すなんて、許せないゾ! ■ She starts to run again as if released from a spell. 魔法が解けたように、彼女(ガチョウ)はまた走りだす。 as if 〜 は 「まるで〜であるかのように」、spell はここでは 「魔法、呪文(じゅもん)」の意味の名詞。 as if she were released from a spell (まるで彼女は魔法から開放されたかのように)の she were が省略されている。 ■ Let's take a break. ひと休みしよう。 take a break で 「ひと休みする、休憩する...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.07 Wed 11:35

チャロ2間(あい)の国 36話キーフレーズ1

突然のガチョウ登場?ですが、急いでいたと思ったら10秒きっかり止まる。そして再び走り出す…。 ■ Out of my way! どいて! Get out of my way! とも言います。「自分の進む道からどいてくれ」という意味。 ニューフェイスのガチョウさん、急いでどこへ? ■ The goose stands still for ten seconds. ガチョウは10秒ほど止まっている。 stand still は 「止まったままでいる」、「動かないでいる」という意味。 Time seemed to stand still as I stood in the middle of the snow-covered village.(雪でおおわれ...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.06 Tue 13:40

チャロ2間(あい)の国 36話:分かれ道

うっそうと茂る迷いの森、チャロは 「ここでどうやって将太を探したらいいんだろ…」 突然、茶色のガチョウのオバサンがやってきました。 「どいて!どいて!急がなくちゃ!」 「あのすいません…」邪魔にならないように声をかけるチャロ。 「質問に答える暇はないわ」 と、再び走り出すのです。 しかし、ガチョウは突然10秒ピタリと止まり、 「ねぇ、ニューフェイスのガチョウさん、急いでどこへ?」 と問いかけると、魔法が解けたようにガチョウはまた走りだすのでした。 「ねぇランダ、本当にチャロはここにいるの?...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.05 Mon 12:32

チャロ2間(あい)の国 35話のボキャブラリー

今週はボキャブラリーがちょっとだけ多いけど、知っている単語が多いから大丈夫だよね? wedding 結婚式 racetrack 競馬場 donkey ロバ be lined up with … …と一列に並んでいる sstarting gate 出走ゲート Hee-haw! ロバの鳴き声 from time to time ときどき slip 足を滑らす shortcut 近道 maze 迷路 with a bang パタンと、バタンと ring 響き clearing (森の中の)木の生えていない場所 be overwhelmed 圧倒される in a daze ぼう然として TOEIC(R)TEST攻略! ...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.04 Sun 13:23

チャロ2間(あい)の国 35話キーフレーズ4

ラジオのストーリー聞いたことありますか?ついつい物語の展開に気を取られちゃうんですよね。それ位、物語にふくらみが出ていますからぜひ聞いてみてください。 ■ A donkey is lined up with the horses in the starting gate. ロバが出走ゲートに馬たちと並んでいる。 < be lined up (with 〜)> で 「(〜と)一列に並んでいる」の意味。 The students were lined up for their yearbook photos.(学生たちは学生アルバム用の個人写真を撮るために並んでいた) ■ Lahk and Charo run into each other in the castl...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.02 Fri 21:02

チャロ2間(あい)の国 35話キーフレーズ3

ラークが、チャロのために翔太の居場所を教えた!いい男だね! ■ I don't want you to go through what I went through. 君に同じ思いをしてほしくないんだ。 go through 〜 で「〜を経験する」(=experience 〜)の意味。「私が経験したことを君に経験してほしくない」というのが文字通りの意味。 ■ It has a nice ring to it. いい響きだね。 ring は「鳴る」「〜を鳴らす」という動詞としても使われますが、ここでは、「響き」「聞いた印象」の意味の名詞で使われています。耳にした表現などに対してプラスの印象...

リトルチャロ子犬のチャロの冒険 | 2011.12.02 Fri 12:50

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全1000件中 81 - 90 件表示 (9/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!