>
花の記憶
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

花の記憶

このテーマに投稿された記事:441件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c82/20206/
花の記憶
このテーマについて
ふとした記憶が、まぶしく蘇る瞬間はありませんか・・・?
このテーマの作成者
作者のブログへ:「fukuu-haiku」さんのブログ
その他のテーマ:「fukuu-haiku」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

曇天の向かうに透けし今朝の冬

  曇天の向かうに透けし今朝の冬   どんてんの むかうにすけし けさのふゆ     富士山は 曇り空に溶けるような、雪化粧   俳誌「炎環」2017年1月   原句:曇天の向かふに透ける今朝の冬 を添削 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.11.10 Thu 10:52

扉無き雑踏にゐし梅二月

  扉無き雑踏にゐし梅二月   とびらなき ざつたふにゐし うめにぐわつ   渋谷の雑踏の中で、 二人だけで どこにも繋がらない空間に 浮かんでいるようだった。   未来への約束は無く、 扉の鍵穴が消えていく…     話せば、仲の良いような…     Among the hustle and bustle There was no door February of Plum blossom   俳誌「炎環」2016年5月 JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.11.02 Wed 18:02

台風の尖りの下

台風の尖りの下にをりにけり 空深く雲の走れる残暑かな 手を当てしガラスの壁や空高し 新涼を拾ふ真夜の窓辺かな 虫の音を飲み干してゐし午前二時   俳誌「炎環」2016年11月 一句目、三句目;寒太推薦   JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.11.01 Tue 14:01

秋の日差しがまぶしい

  日差しがまぶしくて 目を閉じる   秋の朝って、 こんなに日差しが強かったっけ?   太陽が傾いて 奥へ奥へ 光を送り込む   おでこが熱い まぶたの裏が紅い     風が吹いている     JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.10.28 Fri 18:32

秋草や夏の名残の香りたつ

  秋草や夏の名残の香りたつ   あきくさや なつのなごりの かをりたつ   朝の冷ややかさに 草の香りがにじむ 草は夏の名残のグリーン まだ枯れてはいない   俳誌「銀漢」2017年2月 -星雲集- JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.10.17 Mon 10:10

鰯雲背骨をなぞる飛行機よ

  鰯雲背骨をなぞる飛行機よ   いわしぐも せぼねをなぞる ひかうきよ       JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.10.14 Fri 19:01

片道切符 〜夢の香り展

  4年前の今日は 初めて、掛け軸作品を発表するために 自分の作品のハガキや作品集を作っていました。   ほんとうに初めての一歩でした。   まだ、あれから4年しか経っていないのか、という想いと 人生の大切な時を使ったなぁ、という想いと。。。     FUKUU作品集 for 夢の香り展     THANK YOU! from 夢の香り展   時は、どんどん無くなっていく片道切符のようなもので 今と何かを引き換えている。   ほんとう...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.10.09 Sun 00:07

蝶の影

  梅雨明けや真白き雲と駅にをり   夏の日や我を追ひ越す蝶の影   母を待つ風は夜風の夏となり   冷房に縛られてゐるオフィスかな   アルコールは加水分解熱帯夜   つゆあけやましろきくもとえきにをり なつのひやわれをおひこすてふのかげ ははをまつかぜはよかぜのなつとなり れいばうにしばられてゐるおふぃすかな あるこーるはかすいぶんかいねつたいや     俳誌「炎環」の炎環集に、毎月五句、投句しています。 寒太...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.10.06 Thu 18:18

彼岸花

JUGEMテーマ:花の記憶  

娑婆以来 | 2016.10.03 Mon 20:58

ガラスの壁を越えるべき時に

  もっと仲良くなるか、距離をおくか 分かれ道の上にいる 私の人生だから、 私が決める部分と 流れに乗る部分と 曇天の切れ目から 青空が青い目のように覗く 青き目やガラスの壁をすり抜けぬ 手を当てしガラスの壁や空高し 鳥は鳴きて対話せり   JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.09.12 Mon 16:22

このテーマに記事を投稿する"

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

全441件中 111 - 120 件表示 (12/45 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!