>
花の記憶
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

花の記憶

このテーマに投稿された記事:437件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c82/20206/
花の記憶
このテーマについて
ふとした記憶が、まぶしく蘇る瞬間はありませんか・・・?
このテーマの作成者
作者のブログへ:「fukuu-haiku」さんのブログ
その他のテーマ:「fukuu-haiku」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

手のなかに月はあらねど辛夷の夜

手のなかに月はあらねど辛夷の夜 てのなかに つきはあらねど こぶしのよ 辛夷の花びらは 白い炎 こぶしを開けば 下から上に 燃え上がる   俳誌「銀漢」2016年8月号-星雲集- JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.28 Mon 15:06

筆先に涙を吸はし花の底

筆先に涙を吸はし花の底 ふでさきに なみだをすはし はなのそこ 木簡の臨書に夢中になっている。 古典の臨書にハマりすぎると アートできなくなる、という話を聞く。 古典は何千年の積み重ねの結晶なので、 古典を学ぶには人生は短すぎる、ということなのだろう。 墨を落とすと、紙に滲む。 今の私は、沈んでいて 深いところに潜っていたい。 白い紙に、黒く滲んでいく 墨のことばかり、考えていたい。 周りと遮断していたい。 日々の生活の糧を得るために、しない。 気づいたら、やわらか...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.27 Sun 13:54

創玄展〜東京都美術館 に出展しています

  木簡の臨書です。   紙ではなく木に書かれた書なので、   古い時代の独特の勢いや気分が出るように、   ダンスを踊る気持ちで書きました。   潤滑のメリハリをつける  (墨が多くて滲むところと、少なくなってかすれるところ)      という基本を大事にしようと思って   出だしが滲むようにしてみました。 たくさんの作品の中に並ぶと なんだか、、、子供っぽくてたどたどしい雰囲気もありますが もしかしたらそれが私の個性かもしれませんね^^ 額装は、額屋さんにお任せなのです...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.15 Tue 19:11

雨の夜の終はりて眩し花ゑんど

雨の夜の終はりて眩し 花ゑんど あめのよのをはりてまぶし はなゑんど 「ゑ」というかなが好きです。 るの下に、 くねくねくね、としたつるのような線が絡まって かわいいなぁ 豌豆は、「ゑんど」と書きます。 over the night of rain, dazzling sunshine Vetch flowers いつのまにか、カラスノエンドウが咲いていました。 道端や空き地のちょっとしたところで、 小さいけれど、つるを優雅にカーブさせて 小さいけれど、蘭のような花を咲かせる 子供の頃からとても好きな雑草に 「ゑ」というかなが...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.10 Thu 11:42

パンうまし雀と目のあふ春の昼

パンうまし雀と目のあふ春の昼 ぱんうまし すずめとめのあふ はるのひる Bread is good meet a sparrow's gaze Noon in spring   JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.09 Wed 15:29

和紙に色滲むがごとく春夕焼

和紙に色滲むがごとく春夕焼 わしにいろ にじむがごとく はるゆやけ   俳誌「炎環」2016年5月 -炎環集- JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.03 Thu 11:01

春寒や光は空にあふれたる

春寒や光は空にあふれたる はるさむや ひかりはそらに あふれたる   俳誌「銀漢」2016年6月 -星雲集- 俳誌「銀漢」2016年7月号 -6月号星雲集 十句選 高橋アケミ選- JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.01 Tue 15:31

鍵のあるガラス戸ごしの猫の恋

鍵のあるガラス戸ごしの猫の恋 かぎのある がらすどごしの ねこのこひ 今どきの恋は、 鍵のかかったガラス戸ごしだなぁ、と思った スマホの画面ロックを外して 画面を叩いて、メッセージを送る スマホの画面は どこにでもつながるようでいながら、 きっちりとした透明な壁で 向こう側の世界とは隔てられている 鍵のかかったガラス戸の向こうは 光で満ちていて、 青く輝いている空から 鳥が飛んできた 幸せの青い鳥… there is love of cat over glass door closed with key   ...

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.03.01 Tue 15:30

恋猫や言葉の多き手紙来る

恋猫や言葉の多き手紙来る こひねこや ことばのおほき てがみくる 猫は孤独が好き、とは限らない   俳誌「銀漢」2016年4月 -金星句会- 俳誌「銀漢」2016年6月 -星雲集- 俳誌「銀漢」2016年7月号 -6月号星雲集 十句選 飯田康酔選- JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.02.29 Mon 18:24

傘のなか秋雨の音と君の手と

山口在住の書家 水津しのぶさんの 芸術院展入選作品をご紹介します! 私の句を ステキな書に 仕上げてくださいました(o^^o) 雨の字が 傘の中にあふれる雨音みたいに 広がってきます… 手の字が つないだ指の形のようです。 通り過ぎてしまった時が、 通り過ぎてしまった恋が、 形になりました… 傘のなか秋雨の音と君の手と かさのなか あきさめのねと きみのてと   JUGEMテーマ:花の記憶

FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌 | 2016.02.29 Mon 16:52

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全437件中 141 - 150 件表示 (15/44 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!