>
スポーツの名言
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

スポーツの名言

このテーマに投稿された記事:619件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c20/2120/
スポーツの名言
このテーマについて
名アスリートたちの言葉、
あるいは名アスリートたちを見つめた人たちの言葉。
あらゆるスポーツをテーマに、その激しさのなかに
生まれた名言を綴っていきましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

何年、何百年に一人というレベルではない、          怪物です。

井上尚弥選手のプロ入り記者会見の際、所属ジムの 大橋秀行会長は、こう紹介しました (本日の『日本経済新聞』朝刊)。 所属ジムに求めた条件は「強い相手としか戦わない」。 自分のために自営の会社を人に任せた父の会社名「明成塗装」を トランクスのベルトラインに入れて戦う。それは、父を 後悔させるわけにはいかない、という思いの表れなのです。   怪物であることを証明し続ける過酷な試合を生き抜く「怪物」。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2018.10.08 Mon 06:58

カズ、ここは日本だよ。お前がスターだ。            他のやつじゃない。

Jリーグ草創期に、ラモス瑠偉さんが三浦知良さんに 言った言葉です (8月31日の『日本経済新聞』朝刊/サッカー人として_三浦知良 )。 ジーコ、リトバルスキー、スキラッチと、世界のスーパースターが 入団してきた状況に、日本人としての誇りを伝えたのです。 いまもなお、ワールドカップでは「日本人」という言葉を 繰り返し使う、ラモスさんの根源を見た思いでした。   イニエスタやトーレスを、驚かせてくれJリーグ。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2018.09.27 Thu 07:32

一生が大事。一瞬のことよりもな。

強豪ひしめく神奈川県で2009年には夏の全国大会にも 出場した水谷哲也・横浜隼人高校野球部監督の言葉です (8月9日の『ノーナレ』〜遥(はる)かなる甲子園  Diaries of youth)。 部員129人で3年生も48人を数えますが、夏のメンバー入りは 20人。この言葉、そのメンバー発表の後に球児たちに向けて 発せられました。「全員選びたい」と言いながら監督は続けます。   「人として成長することが、野球部の目的」。   それは一生続く。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2018.09.03 Mon 22:25

選手の心を預かる仕事だと思っている。

サッカー日本代表監督に就任した森保 一監督が、2年前に 監督という仕事について語った言葉です (8月17日の『プロフェッショナル〜仕事の流儀』』再)。 「駒として選手を動かす仕事ですが、みんな心がある。 ロボットではない」と語ります。選手の発言を聞いていると 「試合に出られないときでも見てくれていた」という言葉に よく出合います。選ばなかった理由を伝える監督も多いです。   みんな、選手の心を放置しないように心をくだいている。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2018.08.31 Fri 23:55

きれいな花より、きれいな花を咲かせる土になれ。

松井秀喜さんの恩師でもある山下智茂・星稜高校野球部 名誉監督のこの言葉が紹介されていました (8月5日の『S-PARK』)。 指導者の理想を表した言葉だそうですが、普通の人間にも 通じるメッセージを含んでいます。きれいな花だけを 追うのではなく、きれいな花を咲かせるための土壌に 心をくだけ、という教えと解釈できますでしょうか。   究極の「利他」とも取れる、言葉です。他者のために。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2018.08.28 Tue 07:44

ミスは、自分の強さに、美しさにつながる。

と、必要以上にミスを怖れる悩みを打ち明けた新体操の 皆川夏穂選手に、吉田沙保里さんが送った言葉です (7月14日の『アスリートの魂〜悩める妖精の大変身 新体操・皆川夏穂選手』)。 番組では「人に見られるのは好きじゃない」と言う自身と 闘う皆川さんの姿が紹介されていました。全てのアスリートが こんな風に、自分自身の弱さと闘っているのでしょうね。   世界の舞台で、“強い”皆川さんに期待します。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2018.08.15 Wed 11:57

目の前に壁があったら、それは成功のためのチャンス。

難聴の障がい者リポーターとして活動する後藤佑季さんが、 仙台大学で活躍する聴覚障がい者ランナーの佐々木琢磨さんの 姿を見て発した言葉です (7月8日の『サンデースポーツ』)。 一般の陸上部員たちに手話を覚えてもらい、助言を受ける関係を 築く佐々木さんは、聴覚障害者スポーツの祭典「デフリンピック」 4×100mリレーで、日本を史上初の金メダルに導きました。   ハンディキャップを乗り越える力の凄さ。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2018.07.30 Mon 06:41

学ぶことをやめれば、そこで成長は止まる。

左腕歴代最多のサイ・ヤング賞5度受賞、歴代2位の通算 4875奪三振を記録したランディ・ジョンソンさんが、リトル・ シニア関東連盟から選ばれた10人の投手たちに言った言葉です (6月2日の『奇跡のレッスン 野球 ランディ・ジョンソン』)。 「君たちはピッチャーを続ける限り、学び続けなければ ならないんだ」という言葉は、「ピッチャー」を人間に変えても 通じるような気がしてしまいます。でも、普通に生きても   日々、学ぶことは多い。だから生きられるのかもしれない。 JUGEMテーマ:スポーツの名言 ...

いいコトバ | 2018.06.29 Fri 00:24

考えた人だけが一流になる。

アトランタ五輪男子サッカーでブラジルを破った「マイアミの 奇跡」を、コーチとして補佐した山本昌邦さんの言葉です (6月2日の『スポーツ酒場 語り亭』)。 「教えられた人は、それだけをやろうとする」という指摘は、 日本代表に向けられていた気もしますが、土田晃之さんの 「養成所で教えることはない」というジョークが印象的でした。 お笑いは、教えてできないのに養成所があるという矛盾。   確かに、一流のアスリートは皆、“考える人”です。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2018.06.19 Tue 08:14

人生は勝つより負けることの方が多い。        だからその中に価値を見出す。

サッカーワールドカップのペルー代表監督で、元はライバルの アルゼンチン代表だったリカルド・ガレカの言葉です (6月17日の『2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会』)。 1985年、いま自ら率いるペルーとのメキシコワールドカップ出場を かけた一戦で決勝ゴールを決めながら、結局はワールドカップの 代表の座から漏れた日のことが、彼の脳裏をよぎったでしょうか。 それはペルーを36年ぶりの出場に導いた後の会見での言葉でした。   正負の法則。負けた後には、勝つ機会がやってくる。 JUGEMテーマ:スポー...

いいコトバ | 2018.06.17 Sun 01:29

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全619件中 1 - 10 件表示 (1/62 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!