>
スポーツの名言
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

スポーツの名言

このテーマに投稿された記事:577件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c20/2120/
スポーツの名言
このテーマについて
名アスリートたちの言葉、
あるいは名アスリートたちを見つめた人たちの言葉。
あらゆるスポーツをテーマに、その激しさのなかに
生まれた名言を綴っていきましょう。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「present-inc」さんのブログ
その他のテーマ:「present-inc」さんが作成したテーマ一覧(22件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

苦しまない先には何もない。

そう語ったのは、三浦知良さんです (2月3日の『日本経済新聞』朝刊/サッカー人として)。 カズのグアムキャンプの模様が毎年、紹介されますが、 50歳にして過酷なトレーニングに挑む情熱にいつも刺激されます。 「理論的に正しい“楽”ならいつでもできる」という発言には、 科学的な理論を超越した何かが「苦しみ」にあると思わせます。 理論が基本のアスリートの練習法において「苦しみ」とは何か。 「そこ(楽)には成長もない気がしてね」。だからこその「苦しみ」か。 JUGEMテーマ:スポーツの名...

いいコトバ | 2017.04.30 Sun 11:19

走った距離は裏切らない。

気温30度を超える酷暑のアテネオリンピック・女子マラソンで 金メダルを獲得した野口みずきさんの座右の銘です (2月1日の『賢者の名言』)。 距離が減る若手の練習法に、自分の故障が長距離練習にマイナスの 印象を与えたかもしれない、と語る野口さん。この言葉は、そんな 日本長距離界への提言も含まれています。しかし「裏切らない」のは、 切った野菜、奨めた人数、打った釘など他の職業にもつながるのでは。   こなした仕事は裏切らない。世の中のあらゆる場所で。 JUGEMテーマ:スポーツの名言 &n...

いいコトバ | 2017.04.26 Wed 06:10

無理だと思ったら、チャンス。

J1即昇格を目指す名古屋グランパスエイトの監督、 風間八宏さんの言葉です (2月4日の『FOOT×BRAIN』)。 「ダメなパスを直すんじゃなくて、もっととんでもないプレイに 変えられないか」。この言葉に、常にポジティブに前向きに 考える風間さんの思いが伝わってきます。辛うじていま、 首位に立つグランパスですが、J2はまだまだ分かりません。 「無理だと」思う展開があたっとき、果たしてどう出るか。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2017.04.20 Thu 06:22

剛毅木訥。

「ごうきぼくとつ」と読むこの言葉を掲げたのは、昨日の柔道 全日本女子選手権で優勝した78キロ超級の朝比奈沙羅選手です (4月15日の『サタデースポーツ』)。 「自分を信じ、何事にも動じない」と意味が紹介されていました。 全日本選抜体重別選手権での1回戦敗退を受けてのこの大会、 朝比奈選手は、まさにこの言葉を胸に戦いに挑んだのです。15年の 世界選手権同級銀メダルの田知本選手に勝った決勝は見事でした。 自分を信じ、何事にも動じない。私も目指したい。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2017.04.17 Mon 07:56

力必達。

講道館柔道の創始者、嘉納治五郎の訓言として知られる言葉で、 「力(つとむ)れば必ず達す」と読みます。意味は、 「最善の努力は、必ず結実する」 (1月28日の『yes!〜明日への便り〜』)。 この「最善」であるかどうかが、凡人と偉人の分岐点かも しれませんが、いずれにしても目標に向かって努力をする しか私も術がありません。   何ものかに結実する日を願って。 JUGEMテーマ:スポーツの名言  

いいコトバ | 2017.04.16 Sun 07:17

競争の世界。1番でないと、だめ。

国際大会の目標に「入賞」を掲げる後輩たちにそう語ったのは アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんです (2016年12月13日の『日本経済新聞』朝刊)。 そして「何を目指しているんだろう。今の選手は恵まれ過ぎて いる」と、第一人者からの苦言を呈します。若手時代、自炊を しながら失業保険で暮らした野口さん。男子が世界と離される なか、彼女の日本記録はいまだに世界歴代5位に君臨します。 指導者になるつもりはない、という考えを変えて指導してほしい。 JUGEMテーマ:スポーツの名言 &...

いいコトバ | 2017.03.11 Sat 22:38

ズバ抜けろ!

J2時代に清水エスパルスのチョン・テセ選手が、ゴールした日、 LINEで「俺のゴールハイライト見てくれましたか」と送った際、 受けた川崎フロンターレの中村憲剛選手が返した言葉です (2月22日の『デイリーサッカーニュース Foot!』)。 「お前なぁ、J2にとまるなよ!お前そこにいる選手じゃねぇだろ!」 テセ選手はそれ以来、ゴールしても笑わないようにしたと言います。 Jリーガーの全てが、より高みへ、ズバ抜けようとしている。   2017年2月25日、Jリーグ開幕! JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2017.02.25 Sat 08:02

オレは魂込めてボールを蹴るから、            マツは魂込めてシューズを磨くように。

名古屋グランパスエイトを今季限りで退団したホペイロ (ポルトガル語でスパイクの意で全ての用具を選手毎に準備する 専門職)の松浦紀典さんに、三浦知良選手がかけた言葉です (9月17日の『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』)。 スパイク足裏のポイント(突起)を選手の好みに合わせて 調整し、調子の悪い選手にはハイチュウを用意、楢?選手には 目薬を入れるなど細かさを超越した管理術を実践してきました。 今日、天皇杯準決勝、ホペイロの方にもスポットライトを。 JUGEMテーマ:スポーツの名言

いいコトバ | 2016.12.29 Thu 08:24

イブラヒモビッチをあげると言われても、         私は要らない。

そう言い放ったのは、年間勝ち点1位で、Jリーグチャンピオン シップに臨む、浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ監督です (11月21日の『日本経済新聞』朝刊)。 出入りが激しい外国人頼みでは、成績は安定しない。だからこそ 各チームのユース出身者の若手を鍛え上げてきたとか。世界の 名門4リーグで5度の得点王となったイブラヒモビッチは、 大金を積めば獲得できるかもしれない。しかし監督は言います。   私は、得点するまでの過程をつくれる。つまり、成長の過程です。 JUGEMテーマ:スポーツの名言 ...

いいコトバ | 2016.11.29 Tue 07:25

目に見えない千分の1ミリか万分の1ミリか知らないけど、目に見えない積み重ねで、やがて取れなかったボールが取れるようになり、打てなかったトスが打てるようになる。

“東洋の魔女”と言われ、金メダルを獲得した東京五輪女子バレー ボールチームのキャプテン、河西昌枝さんの言葉です (6月4日の『あの人に会いたい』)。 そんな努力の大切さを教えてくれたのが“鬼の大松”と恐れ られた大松博文監督でした。この言葉は、わずかでも継続する ことの力を語っています。そして、努力を後押ししてくれます。 「千分の1ミリか万分の1ミリか」という絶望的な進歩の先へ。 努力の成果は、まず姿を隠してやってくる、ということでしょうか。 JUGEMテーマ:スポーツ...

いいコトバ | 2016.11.09 Wed 22:49

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全577件中 1 - 10 件表示 (1/58 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!