[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ファンタジー小説のブログ記事をまとめ読み! 全443件の16ページ目 | JUGEMブログ

>
ファンタジー小説
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ファンタジー小説

このテーマに投稿された記事:443件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/21166/
ファンタジー小説
このテーマについて
自作ファンタジー小説(二次創作不可)投稿所です♪
ご自由にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kagesawa-a」さんのブログ
その他のテーマ:「kagesawa-a」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 >

迷いの森の騎士さま  第4話 決意-3-

「えっえぇ。そうですね。では、俺は用事があるのでこれで失礼します!」 ルークさんは、少し顔を赤くして、ぎくしゃくしながら、部屋を凄い速さで出て行った。「ほぉっほぉっほぉっ。ルークも相変わらず、照られ屋さんですね」 部屋に残された私は、ヴァーン様と顔を見合わせて笑った。      つづく。。。    JUGEMテーマ:ファンタジー小説 

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:22

迷いの森の騎士さま  第4話 決意-2-

「闇はびこる時、魔導の姫現われ、五つの力を使いて、世界に光をもたらす……こちらの世界での伝説です。この伝説に出てくる姫こそ、はづき貴方なのです」 突然のヴァーン様の告白に、私は戸惑って出てこない声を振り絞った。「でっ……でも、私にはそんな力なんて!」「我の力を扱えるのは姫だけ。そして、闇を滅ぼす力は、我ら五大魔導具にあり。今こそ姫と我らの力で、世界を守る時」 アルキオンはそう言いながら、私の目の前までふわふわと飛んできた。「……いきなり、そのようなことを言われても、納得できませんよね」 ヴァーン様...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:21

迷いの森の騎士さま  第4話 決意-1-

      第4話 決意        私たちは、城の奥にある凄く静かな場所にある、一つの扉の前まで来た。「ここがヴァーン様の部屋だ。この国唯一の預言者様だから、失礼のないように」「はい」 私のルークさんの説明で、何となくヴァーンという預言者さんが、とても偉くて凄い人だと分かった。「ヴァーン様、失礼します。ルークです。異世界の少女を連れて参りました」 ルークさんは、扉を何度か叩くと、そう言った。「ルークですか。さぁ、どうぞお入りなさい」 中に入るであろうヴァーン様の声が聞こえてき...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:20

迷いの森の騎士さま 第3話 異世界ベール-2-

 私が周りを見るのに夢中になっていると、ルークさんが私の襟を掴んでそう言った。「わっ分かりました!」 人さらいなんかにさらわれたら、それでも知らない世界だっていうのに、私生きてけないよ!  私は、必死にルークさんの背中を追った。        宝石や、きらきらと光る見たこともない金属で出来た貴金属が壁に飾られ、金の王座の後ろには王様と思われるおじさんの肖像画が飾られている部屋に、私はルークさんといた。 どうやら、王様が私に会ってくれるらしい。  ルークさんと私は、王座に続く...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:18

迷いの森の騎士さま 第3話 異世界ベール-1-

        第3話 異世界ベール        「……ここどこ?」 私は、呆然としていた。  果てしなく広がる野原、澄み切った空、見たこともない知らない生き物が歩き回る、知らない場所に私は座り込んでいた。  確か私は、本の光に包まれて……そこまでは覚えてる。でも、そこからの記憶がない。  いつの間にか、この場所に倒れていた。 そして、手の中にはあの「アルキオン」とかいう本がいつの間にはあった。「なんなのよ、この本?」「我はアルキ...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:17

迷いの森の騎士さま 第2話 魔導書 アルキオン-2-

  私は、その箱を見て首を傾げた。  千両箱みたいな箱なら何となく頷けたが、その箱は、西洋作りのちょっと不思議な飾りのついたものだった。  でも私は、古い歴史ある家だったせいもあって、こんな物があっても不思議じゃないかと、どこか納得した。「……くっ! なんだ、この箱は!? 結界が張ってある!」 えっ、何今の?  私は、箱の周りに何もないのに、ルークさんの手が勢いよく弾かれるのを見て、目を見開いた。  ――っと、その時だった。  私の頭の中にキーンっという金属のような音が響くと、...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:14

迷いの森の騎士さま 第2話 魔導書 アルキオン-1-

  第2話 魔導書 アルキオン             ルークさんの話は、まるで小説や絵本の中のような不思議な話だった。  ルークさんの話によると、彼は今私のいる世界とは別の異世界ベールというところにいたらしい。  ベールにはいろいろな国があるらしいけど、その中の「オルディアル王国」という国出身で、騎士団で王族を守るお仕事をしていたらしい。  ある日、カールさんは預言者のおじいさんに呼び出され予言を聞いたらしい。  近い内に過去に封印され...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:13

迷いの森の騎士さま 第1話 出会い-2-

 私がぽけぇっと女の人を見ていると、ルークさんがいきなりその場から飛びのき、腰に下げてあった剣を抜いた!「でたな魔女めっ!」「やだわぁ、ルークちゃんそんなに殺気だっちゃって。せっかく異世界に連れてきてあげたのに」 魔女と呼ばれた女の人は、わざとらしく両手を上げため息をついた。「異世界だと!? どーゆうことだ!」「ふふっ。貴方にはこの世界で大切な何かを探して貰わないといけないの。だから、そこのカワイイ子と仲良く探してねん」 魔女さんは、投げキッスをすると空へと登っていく。「待てっ! 大切な何か...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:12

迷いの森の騎士さま 第1話 出会い-1-

   迷いの森の騎士さま               第1話 出会い  田んぼがほとんどの土地を占め、その間にちょこちょこ民家が立ち並ぶ……そう他人に田舎と呼ばれる地域に私の家はある。 そんな田舎から、1時間もかけてちょっと都会の高校へ通う私。 さすがに1時間もかかるから、今日は近道をしようと森の中を通ったのが間違いだった。「ちょっちょっと来ないでよ……」「がぁ……」 私の目の前には、よだれを垂らしながら、牙をむき出しにしてこちらに近づいて来る熊。そして...

イルシオン | 2013.05.26 Sun 20:08

青い月 第五話 謎の二人組み-2-

「なるほど……貴方もですか」 ガゼルは、静かに両方の腰にある二つの剣を抜いた。「おー、怖い怖い。リース、相手してやれよ?」 オルグが、後ろを振り返って言うと、背後から深い緑のローブを被った男が飛び出ていた。  そのリースと呼ばれた緑のローブの男は勢いをつけ、長く大きな剣でガゼルに斬りかかってきた!  ガゼルは、その重い攻撃をどうにか片手の剣で防ぐと、もう片方の剣で斬りつける! だが、リースはそれを交わし、間合いを取った。「なかなかやるな……」 リースは、小さな声で呟くと、またガゼルに斬りか...

イルシオン | 2013.05.23 Thu 10:10

このテーマに記事を投稿する"

< 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 >

全443件中 151 - 160 件表示 (16/45 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!