[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ファンタジー小説のブログ記事をまとめ読み! 全443件の18ページ目 | JUGEMブログ

>
ファンタジー小説
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ファンタジー小説

このテーマに投稿された記事:443件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/21166/
ファンタジー小説
このテーマについて
自作ファンタジー小説(二次創作不可)投稿所です♪
ご自由にどうぞ。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「kagesawa-a」さんのブログ
その他のテーマ:「kagesawa-a」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

青い月 第二話  大きな旅立ち-1-

   第二話  大きな旅立ち      木々が生い茂る森の中を、二人と一匹は無言で進んでいた。「クウォードさん、聞いてもいいですか?」 無言に耐え切れなくなったエルナは、ふと疑問に思ったことを聞くことにした。「なんだ?」 エルナの前を歩きながら、少しだけ振り返り、クウォードは聞いた。「お師匠さんは、どんな方なんですか?」 聞いてはみたが、少し考え込み黙ってしまったクウォードに、不安がつのるエルナ。  だが、クウォードはエルナの不安など吹き飛ばすように、話し始めた。「……師...

イルシオン | 2013.05.23 Thu 09:54

青い月 第1話 悪夢と出会い-3-

「まさか……獣人か」 クウォードのその呟くような一言に、女はビクッと肩を震わせた。「あっ大丈夫ですにゃ。ボク達は貴方に何もしないですにゃ」 ティルは、怯えるように震える女を見て、安心させるかのように優しく言った。「俺たちは、獣人狩りはしていない。お前に危害を加えるつもりはない」 クウォードは、そっと女のフードを元通りに直してやり、「かぶっていろ」と続けた。  ――獣人狩り。  それは、獣族と他の種族との間に生まれた「獣人」と呼ばれる者たちを、人身売買のために、賞金稼ぎなどが行っている人狩り...

イルシオン | 2013.05.23 Thu 09:52

青い月 第1話 悪夢と出会い-2-

  クウォードは両親がおらず、小さい時は両親の知り合いの家に住んでいた。しかし彼は、迷惑をかけられないと、大人になるとその家を離れ、今住んでいる家へと移り住んだ。「クウォード様。狩りに行きたいにゃ」 ティルが、扉の影からひょっこりと顔を覗かせ、かわいい大きな緑の瞳でクウォードを見た。 クウォードは軽く笑うと、「あぁ、行こうと」微笑んだ。  ティルはその言葉を聞くと、嬉しそうに笑い、家の中へと入って行った。「俺も準備をするか」 クウォードは、顔を布でふき、家の中へと入っていった。  &n...

イルシオン | 2013.05.23 Thu 09:51

青い月 第1話 悪夢と出会い-1-

 第1話 悪夢と出会い        小さな小さな、木々に囲まれた村。  その村の中に、必死に逃げ惑う少年の姿があった。『お前は、我々エルフ族の恥さらしだ!!』 少年は、そう叫びながら追ってくる、鬼のような表情の大人達から逃げる。「はっはっ……」  額から流れる汗、荒くなった息が、彼の必死さを物語る。  だが、その必死さをあざ笑うかのように、鬼のような表情の大人達は、少年の周りを取り囲み、彼は逃げ場を失った。「っ!」『お前は、エルフでも魔族でもない……化け物だ!!』 一人の大...

イルシオン | 2013.05.23 Thu 09:45

マジカルパン エピローグ-5-

「違うんだ。一生懸命怒って、幸せになって良いって言ってくれて嬉しかったんだよ。……ありがとうルナ」 ウィルは、満面の笑みで微笑む。そんな彼を、ルナはぽけーっと見入っていた。  ウィルは、顔は悪くも良すぎることもないが、その笑顔は丁度いい具合に月の光に照らされ、ルナにはかっこよく見えていた。「ルナ?」 ウィルの声に、はっと我に返ったルナは赤くなった自分の顔を見られまいと、俯いた。「どうした、ルナ?」「なっなんでもない! じゃあ、おやすみ!」 ルナは、ウィルに顔を覗き込まれそうになり、慌てて彼か...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:30

マジカルパン エピローグ-4-

 ルナは、自分を助けてくれた精霊は彼等ですと言う様に、レンとラックスの方に掌を向けた。「私が言える立場じゃないことは十分分かっています――でもっ! でも、この子達みたいな優しい、私達人と共存できる精霊もいることだけでも、分かってほしいのです!!」 ルナは、強く手を手すりの所についた。そんな彼女の瞳は、強い光に満ちていた。「2人とももういい」 親方は、2人の背中を軽く叩くと、自分が2人の前に出た。「皆、オレ達からしたら、不思議な力を使う精霊は確かに怖い存在だ。だが、ワシ達は自然の中で生き、精霊は...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:29

マジカルパン エピローグ-3-

「オレも、皆の気持ちを分からないわけじゃない。しかし、こいつらを人殺しと言うのなら、オレ達の同胞がアデリナの民を殺しても、人殺しにはならないのか?」(……っ!) ウィルは、親方の予想だにしない言葉に、目を開き、親方を見た。  ラックス達も、驚きの表情を浮かべながら、親方に視線を向けた。「そっそれは……」 一方親方の問いかけに、町の人々は黙ったまま、苦い顔や、ショックを受けた顔など、それぞれの思いを表情に出していた。  だが誰も、親方の言葉に言い返す者はいなかった。  親方は、黙ったままの...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:28

マジカルパン エピローグ-2-

(よし! やるぞ) ウィルは、最初あまり話かけてもくれなかった、町の人達が徐々に話かけてきてれくるようになって嬉しかった。        日も傾き始め、あちらこちらから「完成だ!」っという声も聞こえ、皆片付けをしていた頃だった。  ウィル達はというと、親方に呼ばれ、時計台の上へきていた。「俺達、片付け手伝わずに、サボっててもいいんですか?」 ウィルは、時計台の下で、せっせと片付けに励む人々を上から見て、親方に振り返り聞いた。「これは、サボりに入らない。これから、大事なことをする...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:27

マジカルパン エピローグ-1-

    エピローグ  審議が終わり、何日たっただろう。  ウィル達は、審議の判決どおり、奉仕活動として、アラルネに破壊された町の片付けと、建物の再建を手伝っていた。  町の人達は始め、レンやラックスを怖がっていた。だが、町の人々は、子供とあまり変わらない姿の精霊達が、自分達の町の再建を一生懸命手伝ってくれている姿を見て、次第に打ち解けていっていた。「今日のところは、ここまでだ!」 親方がそう叫びながら、時計台の鐘を鳴らす。  すると作業していた町の人々は作業の手を止め、それぞれ背伸び...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:26

マジカルパン 第六話 審議-11-

 腕の太い男も、腕を組みながら、少し考えてはいたが、真面目な表情でそう言った。そして、続けて「わしは議長の意見に賛成だ」と、付け加えた。  マグダールも、皆が賛成し、これ以上反論するのは無駄と思ったのか、渋々といった感じで賛同した。「そして、ルナの裁きだが……」 議長は、そこで言葉を切ると、一呼吸置いて口を開いた。「ルナは、ウィルの精霊達と共に、町の奉仕に努めることにしたいと思う」 議長の裁きに、ルナに軽い裁きを下してほしいと思っていたカーナやザックまでもが、驚いていた。「ウィル、ルナ、そし...

イルシオン | 2013.05.22 Wed 23:24

このテーマに記事を投稿する"

< 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 >

全443件中 171 - 180 件表示 (18/45 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!