>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:818件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

Drink with the venusian

JUGEMテーマ:ものがたり    金星人はいつだって陽気だ。底抜けに陽気だと言えるだろう。それは金星人の気質なのだそうだ。金星人本人から聞いたことだから間違いないだろう。それは金星の公転軌道に起因しているのだという。つまり太陽系で最も真円に近い公転軌道が、その陽気な気質を生み出しているのだそうだ。何故真円の軌道が陽気さに繋がるのか、もちろん僕は尋ねたさ。その返事はさっぱり解らなかった。ざっくりと説明することも出来ないくらいに。そして複雑すぎた。内容を反復することさえ出来ないくらいに。...

pale asymmetry | 2021.01.17 Sun 21:33

Rolling temple

JUGEMテーマ:ものがたり    岬の先端に寺院が到達したのは、都からその寺院が転がり出してちょうど千日後のことだった。その寺院は文字通り転がってここまで来たのだ。都のちょうど真ん中の王宮の隣から、ぐるんぐるんと休むことなく転がり続けて。赤銅色の寺院は色々と尖った装飾を纏っていたので、それが通り道にあった家やその他の人工物をことごとく破壊していった。人が一人も死なかったのが不幸中の幸いだったろう。家を完全に破壊された者にとっては、その事実を手放しで喜べなかったかもしれないが。 「あ...

pale asymmetry | 2021.01.14 Thu 22:01

六花

JUGEMテーマ:ものがたり    トーチの炎は氷の水色。けれどとても暖かそうに揺れる。笑っているようだ。私に笑いかけて、ねえ触れてごらんよと言っているようだ。私はその炎に触れるべきなのだろうか。そしてその炎に焼かれるべきなのだろうか。そのような贖罪を、私は抱えているだろうか。記憶の海に静かに身を浸しても、そこにはただ闇があるだけで、どんな記述も読み取ることは出来ない。そこにはきっと、不可思議なほどに過剰なインフォメーションが記述されているはずなのに。それは何層ものレイヤー構造で、一部...

pale asymmetry | 2021.01.11 Mon 21:37

Empress and the star

JUGEMテーマ:ものがたり    風は、脈動のリズムで強弱を繰り返していた。風が強まると、カミオンは激しく揺れた。六本のワイヤーとアンカーで地面にしっかりと固定してあったからカミオンが横転することはないはずだったけど、それでも揺れるたびに不安になった。その度に、ジェネレータが正常に作動していることを確認し、その可動を支える燃料の残量が十分であることも確認する。全て問題ない。問題ないからこそ、私一人に留守番が任されたのだ。特に高度なスキルを持っているわけでもなく、豊富な知識や経験を持っ...

pale asymmetry | 2021.01.09 Sat 22:12

涼遮那院の鐘

JUGEMテーマ:ものがたり    涼遮那院の鐘が、独りでに鳴り出した。本来は院の担当者が正午と深夜に鳴らす鐘であったのに。しかも、その音色がすっかり違うものになってしまった。年が明けて初めての半月の深夜から。涼遮那院の鐘は、院の尖塔の天辺にある。外からはその姿は見えないので、鐘そのものがどんな形態をしているのかはごく一部の限られた者しか知らない。だから音が変わったとき、まず疑われたのは、何者かの手によって鐘が別の物にすり替えらてしまったのではないかということだった。だからその深夜に鐘...

pale asymmetry | 2021.01.07 Thu 22:24

Dual D

JUGEMテーマ:ものがたり    座り心地の良い椅子だった。折りたたみの椅子で、嵩張るような大きさでもないのに、背もたれの角度もちょうど良い椅子だった。設置力もとても高くて、デコボコな地面に広げてもぐらぐらすることはなかった。それでそこに腰掛けている私は、だんだんと眠くなっていた。目の前では、息を飲む美しい光景が繰り広げられているはずなのに。 「こういうのを見て、何を思えば良いのでしょう?」  私の隣で、同じ椅子に身を沈めている博士に、問いかけてみた。 「あんたは、何も思わなく...

pale asymmetry | 2021.01.06 Wed 22:05

魚人の宴

JUGEMテーマ:ものがたり    ようやく魚人の宴に招待された。十数年間、数え切れないほど島に通って島の人々と交流し、ようやく信頼されたようだ。連絡を受けてすぐに私は旅立ち、電車と船を乗り継ぎ三日後の夕刻に島に到着した。その日の夜、魚人の宴が開かれるという。私を待っていてくれたのだ。移動の疲れなど吹っ飛び、私は喜び勇んで島の一族の長の館を訪れた。この島には一つの姓しかない。つまり島の住人は皆、どこかで血が繋がっている。時々島の外から嫁いでくる女性もいるそうだが、それは数十年に一度くら...

pale asymmetry | 2021.01.05 Tue 22:07

Beyond the castle

JUGEMテーマ:ものがたり    旅の途中で、私は巨大な城の前に立っている。朝日が背後で、ちょうど地平線から顔を出したばかりの時刻。だから私は西を向いていて、城はその城門を東に向けている。足下には太っちょの黒猫が、私のふくらはぎに何度も背中をこすりつけている。城に入れと促しているようにも、城は危険だと警告しているようにも思えた。 「その黒猫は、プレパラシオンだね」  背後からの声に振り返ると、いつの間にか見知らぬ人物が一人立っていた。光沢の強い銀色の衣装を纏っていて、顔は仮面で隠...

pale asymmetry | 2021.01.01 Fri 21:57

Preparation S

JUGEMテーマ:ものがたり    駅のホームだった。ぽつんと、駅にホームだけがあった。線路は単線で、ホームも一つしかなかった。ホームには屋根はなく、駅舎のような建物もない。くすんだ朱色のホームがあるだけだった。ホームの周りは、カルスト地形がどこまでもどこまでも広がっていた。世界にはその風景しか存在しないような、そんな感じで広がっていた。陽光は真上から鋭く激しく降り注いでいる。けれど、その光景はとても寒そうに見えた。ホームも、そこにいる二人の少女も。  金色の幾何学模様が描かれた白い...

pale asymmetry | 2020.12.31 Thu 21:29

Meridians

JUGEMテーマ:ものがたり    中央の櫓の上の四角舞台は、三畳ほどの広さだった。高さは四メートルほど。四辺には柵がなかったので、舞台上の御子の姿はよく見えたけれど、御子は危険ではないのだろうか。激しく動くのだと聞いているけれど。私は、舞台を囲むようにいくつも並ぶ櫓の一つから、御子を見つめていた。日はすっかり傾き、提灯にはすでに火が灯されている。櫓の群を張り巡らされた組紐に、無数の提灯がぶら下げられていたのだ。いや、もちろん無数ではない。私が面倒でその数を数えなかっただけだ。  御...

pale asymmetry | 2020.12.27 Sun 21:03

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全818件中 1 - 10 件表示 (1/82 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!