>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:768件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

捧げる花

JUGEMテーマ:ものがたり    岬の先端には、一本の柱がある。私が幼少の頃から、ずっと岬の先端に立っている。いや私が生まれる前から、柱はそこに立っている。私の母が、私の祖母が、私の曾祖母が生まれる前から、柱はそこに立っている。岬は真南に突き出ていて、その岬では風は真南からか、それとも真北からか、そのどちらかの方向から吹く。それ以外の方向からは吹かない。それは獣神の力なのだ。獣神がそれを望んでいるのだ。何故そんなことを獣神が望んでいるのかは、誰も知らない。獣神を理解することなど、誰に...

pale asymmetry | 2020.07.11 Sat 21:49

イロタマ

JUGEMテーマ:ものがたり    一年ほど、仕事の忙しさのせいにして庭の手入れを一切やっていなかった。もちろん庭はすっかり荒れてしまい。文字通りジャングルになってしまっていた。二メートル×四メートルくらいで決して広い庭ではないけれど、植物は軒並み私の背丈を超える高さにまで生長していて、庭の入り口から奥の様子をうかがうことは全く出来ない。庭の奥にはヨモツヒラサカへの口があるかもしれなし、あるいはアマノイワトがあるかもしれない。庭を前にするとそんな風に思えて、なかなか手を着ける気に...

pale asymmetry | 2020.07.10 Fri 20:43

Moonlight predator

JUGEMテーマ:ものがたり    十八夜の月だった。貞淑な極薄の橙色を纏った月だった。その色彩は沈んだ心持ちを放っていた。だから、ある種の匂いも発していただろう。風に織り込まれて漂うそれは、この世の全てのもののうつろいを嘆かずにはいられなくなるような、そんな想いにさせる匂いだったろう。  その月は丸かったろうか。一見それは丸く見える。どのような定義を採用するかによってもちろん違ってしまうけれど、広義を重んじる感性に従うのならば、丸いと言って差し支えなかったはずだ。しかし当然ながら丸...

pale asymmetry | 2020.07.09 Thu 20:04

闇月美人

JUGEMテーマ:ものがたり    耐えがたい寒さで、ジエイは目覚めた。硬い床に直接横たわっていたから、背中と首が凝り固まっていた。しかしそのことはさほど苦痛ではなかった。ジエイは普段から薄っぺらいせんべい布団を板間に敷いて眠っていたので、背中や首が凝り固まることには慣れていたのだ。だからいつものように肩を回してほぐしながら、堂の内部を見回した。  障子の向こう側から滲んでくる月光で、堂の内部は十分に明るかった。今夜は満月か十六夜か、ジエイははっきりと憶えてはいなかったけれど、どちら...

pale asymmetry | 2020.07.06 Mon 21:44

ナカシトチ

JUGEMテーマ:ものがたり    こんなご時世だから、全国の祭事が開催中止となっているケースが実に多い。毎年大規模に開催されるメジャーなものはもちろんのこと、何年かに一度しか開催されないいわゆる奇祭のようなものまで、開催が見送られている。こういう奇祭は一度見送られると、その後祭りそのものが失われてしまうことも少なくない。ただでさえ奇祭の類いは失われていく傾向にあるのに、それが加速されてしまうかもしれない。実に哀しいことだ。長年様々な奇祭について調査研究してきた私にとって、厳しい現実だ...

pale asymmetry | 2020.07.04 Sat 21:43

騎士の未帰還

JUGEMテーマ:ものがたり    門はどこかにあったのだろう。知らぬ間に通過してしまったのだろう。例えばそれは巨大すぎて、認識できなかったのかもしれないし、何かありふれた現象のようなものに擬態していたのかもしれない。それともただ単に透明だったのか。透明な上に質量も持っていなかったのかもしれない。つまりそれは最早実存する門ではなく、かつて門であったものの亡霊であったのかもしれない。そういえば、どこかで冷気を通過したような気がする。あるいはあれがそうだったのだろうか。と、そんなことを考え...

pale asymmetry | 2020.07.03 Fri 21:20

The flower that hugging the universe

JUGEMテーマ:ものがたり    海と空の境界線の内側に、その森は広がっている。折り畳まれたまま広がっている。それは深い藍色で、深すぎるために抑鬱を纏い、痛みを伴う翠の色彩を溢れさせていたりする。それは痛みで、けれど恍惚でもある。どのような世界でも、痛みと恍惚はいつも表裏一体なものだ。綺麗と汚いが表裏一体であるのと同じように。そういう所に、得てして翼が発生したりするものだ。ただ翼だけが。風を攪拌し、境界線を閉じたまま維持するために。それは残酷な風だ。だから常に攪拌し続けなければ、大量...

pale asymmetry | 2020.07.02 Thu 21:37

環回廊

JUGEMテーマ:ものがたり    その回廊は、閉じられているはずだ。境界路として機能しているはずだ。あるいは、結界として断固とした姿勢を維持しているはずだ。しかし、確かにその回廊は開かれている。回廊の内側と回廊の外側は攪拌され、しっちゃかめっちゃかにない交ぜにされている。嘲笑っているのだ。誰かが。あなたでもなく私でもない誰かが。とても小さな獣で、聖なる獣で、無垢でありながら、いや無垢であるがために残忍な想いを、残忍であるが故に純粋な想いを止めどなく撒き散らす獣だ。そいつが嘲笑う。密や...

pale asymmetry | 2020.06.29 Mon 22:16

Unrolling tower

JUGEMテーマ:ものがたり    遙かな遠い場所、漆黒と星々の煌めきが混ざり合う狭間から、その塔はやって来たのだという。この惑星に飛来したことに何かの意味があるのかと問えば、おそらく塔は「否」と答えただろう。実際には塔は答えない。塔は言語を有しない。言語のような原始的なコードを必要としないからだ。もっともそんな質問を塔に対して発する者は誰もいない。この惑星には言語を操れる者がもういない。言語のような複雑すぎるコードを操れる者は。  塔は巨大な響きと衝撃を大地に喰らわせ、この惑星に降...

pale asymmetry | 2020.06.28 Sun 22:04

界儀祭

JUGEMテーマ:ものがたり    飛翔する花は、求愛の色彩で風を踊らせている。表現しがたいその色は、便宜上求愛色とだけ呼ばれている。その色合いが微妙だとか、中間色過ぎるとかいうわけではない。とにかく目まぐるしく変化するのだ。だから誰も、本来のその花の色を知らない。本来の色というものをその花が有しているのかも知らない。花が風を踊らせるのは、求愛の恍惚を風に織り込んで伝播させるためだ。それと同時にこの期間は花が空を支配することを宣言するためだ。この期間とは鋭月の最初の銀曜日、その日の出か...

pale asymmetry | 2020.06.27 Sat 21:32

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全768件中 11 - 20 件表示 (2/77 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!