[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ものがたりのブログ記事をまとめ読み! 全981件の6ページ目 | JUGEMブログ

>
ものがたり
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:981件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

卵か果実か涙の雫

JUGEMテーマ:ものがたり    鋭利すぎる頭痛で目が覚めた。部屋は暗い。世界は昏い。枕元のデジタル数字だけがエメラルドグリーンの色彩を放っている。密やかに流れを放っている。世界が停止していないことに、世界が終わっていないことに少しほっとする。その数字は4:49だった。素数だ。でももちろん意味はない。  部屋の明かりをつけると頭痛が劇的にひどくなり、慌てて消す。闇に目が慣れるのを待って、部屋のカーテンを開く。月光を迎え入れたかったのに、今夜は新月だった。それでも遠くの街の明かりが控え...

pale asymmetry | 2022.03.05 Sat 21:57

100万の波と狼の死

JUGEMテーマ:ものがたり    フクロウが鳴いている。暗い森の奥深くから。その姿は見えない。虹を砕いて散らしても、その翼を捉えることは出来ないだろう。フクロウは闇なのかもしれない。闇が結晶化した翼なのかもしれない。闇ならば失われることはないだろう。だから大きな声で告げているのだろうか。声を辿っても居場所を見つけられることがないと承知の上で。 「シルバーウルフが死んだ」  フクロウはそう告げている。抑揚のないフラットな囀りで。悲しみも虚しさも悔しさも憤りも、全てがない交ぜになって...

pale asymmetry | 2022.03.03 Thu 21:15

Blind star maker

JUGEMテーマ:ものがたり    窓のない部屋で少女が膝を抱えているのは、世界が歪んでしまったからだ。照明はか弱い金色で、部屋は幻想の陰りに満ちていたけれど、少女の瞳はそういう些細な黄金を捉えることはできない。今はただ、彼女の核の奥深くに、裏返るように沈むことしかできないのだった。 「ご機嫌よう、欠片の人」  僕は舞い降り、少女に声をかける。彼女になら僕の姿が見えるはずだと思えたから。 「誰?」  少女は周囲を見回す。その瞳は僕を見つけることが出来なかった。彼女は盲目ではなか...

pale asymmetry | 2022.02.25 Fri 21:03

未承認の翼

JUGEMテーマ:ものがたり    湖は赤を纏ってはいなかった。深い翡翠の揺らぎを湛え、乏しい光を増幅するように弾き、輝いていた。それは礼節に満ちた輝きで、何者もその湖水に触れることが許されないのではないかという、幻想を抱かせた。実際にはもちろんそんなことはなく、汚れた兵士がその手を浸して、他者の血と自身の血を湖水に織り込むのだ。それでも湖水が赤を纏うことはない。それがこの世界の摂理ならば、私は基本的に綺麗な世界で暮らしているのだと思えた。  横たわり重なる人たちの血は、どこに運ばれ...

pale asymmetry | 2022.02.24 Thu 20:30

Eastman in the lunar wilderness

JUGEMテーマ:ものがたり    淑やかなアイボリーのロレスを纏った少女が、タイルを月面に並べている。それは色とりどりのタイルで、形も様々。大きさもまちまちだけど、大きなものでも少女の掌くらいだ。少女の背後にはドラム缶に手足が生え出たようなロボットが控えていて、少女が一枚タイルを並べるたびに、背負っているボックスからタイルを一枚取り出して少女に手渡す。少女とロボットはその作業を延々と繰り返していた。  月の荒野は寒そうだったけれど、彼らの向こうに見える地球の青が、その寒さをほんの少...

pale asymmetry | 2022.02.16 Wed 21:32

鹿の呪文

JUGEMテーマ:ものがたり    六人の猟師が、鹿を求めて山に入った。最近、その山では巨大な鹿が何度も目撃されていた。雄々しい巨体を優雅に翻して駆け回る金赤の毛を纏った鹿。世界樹のような角を振り回し、天界に挑むように跳ね、この世の理の何もかもを熟知しているような眼差しをしているという。それは伝説の鹿に違いないと、猟師たちは考えた。その肉を喰らうと叡智を手に入れることができるという伝説の鹿だと。しかしその鹿はまた、不可侵の存在でもある。その鹿に挑むことは禁忌になるだろう。それで、多くの...

pale asymmetry | 2022.02.13 Sun 21:50

The pure golden bottle

JUGEMテーマ:ものがたり    巨大樹には葉は一枚もなかった。瑠璃色の幹が葉のない那由他の枝をあらゆる方向に伸ばしていた。それは複雑な幾何学模様を描き、何かの立体的な呪文が構築されているように思えた。つまりこれは魔法なのだ。魔法の組成が記述されていると、私は理解した。するとボトルには、何が集められているというのだろう。  そう、ボトルだ。那由他の枝の至る所にボトルがぶら下げられていた。ボトルは極薄い黄金色を纏っていた。たぶん透明なボトルに、そういう彩色を施したのだろう。ということ...

pale asymmetry | 2022.02.02 Wed 22:09

年速3.8センチメートル

JUGEMテーマ:ものがたり    まだ細身の上弦の月だった。けれど、その輝きはもの凄くて、星々は全て月光に飲み込まれ、瞬きは一つも見えなかった。その月光のせいで、僕は河川敷で目が覚めた。夜風が冷たく手足の先が少し痛い。いつの間に眠ってしまったのだろう。というかここはどこだろう。見覚えのない河だ。月光を受けて、何故かその川面は紫色に輝いている。どうしてだろう。この河はそんなに高貴なのだろうか。  そして少年たちが飛んでいる。  愉しそうに飛び回っている。  彼らの手には、小さなラ...

pale asymmetry | 2022.01.25 Tue 21:46

求愛される子ら

JUGEMテーマ:ものがたり    子供たちは、十四人いました。全て男の子でした。それはいつものことで、子供たちに女の子が混じることはありませんでした。どうして女の子が混じることがないのか、私はずっと不思議に思っていました。だって、神様に性別はありません。どこかの神様にはあるのかもしれませんが、少なくともこの地の神様には性別はありません。男でも女でもない、両性具有というわけでもなく、性を超越した存在なのです。なのに、神様はいつも男の子しか選ばない。私はこのことを姉に尋ねたことがありまし...

pale asymmetry | 2022.01.18 Tue 21:32

月兎を飲む

JUGEMテーマ:ものがたり    目が覚めると、海辺の遊歩道を歩いていた。まただ。こういう目覚めを、今までに何度も経験した。つまり眠っている間に歩き回っているのだ。そして目覚めたときに、見知らぬ場所にいる。もちろん、今いるこの場所も私には心当たりがない。  夜だ。それは解る。淑やかな夜だ。それも解る。  卑猥な満月が、中天にある。それは嘘かもしれない。  仄かに輝くウサギが、波打ち際で転がっている。それも嘘かもしれない。  目覚めているはずだけど、過剰に覚醒しているようで、嘘...

pale asymmetry | 2022.01.16 Sun 20:50

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全981件中 51 - 60 件表示 (6/99 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!