>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:691件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

水晶の馬を撃つ

JUGEMテーマ:ものがたり    巨大な宮殿の裾に広がる薔薇の庭園は、迷路だった。フラワーウォールが私を迷わせながら、私を導く。この迷路は、実はある地点に進行させるためだけのもなのだということに、私は直ぐに気づく。行く先を迷わせるのではなく、ここまでの道程の、その振る舞いを迷わせるための庭なのだとも気づく。きっとだから、飾られた薔薇の全てが病的な青色をしているのだろう。  重すぎる身体を引きずりながら、私は歩く。額の汗を拭いたかったけれど、シールドバイザーを開くことが怖くて出来なか...

pale asymmetry | 2019.03.03 Sun 20:57

7.5センチのアクリル

JUGEMテーマ:ものがたり    たぶんクリスのダイナーくらいに大きい水槽だ。その水槽の真ん中で君は笑っている。僕はアクリルに両手をつき、じっと君を見上げる。君は両脚になりきらなかった鰭を緩やかにくねらせ、水槽の真ん中から僕を見下ろしている。君は閉じ込められているのに、世界を支配しているようだ。この銀河と隣の銀河と、あと周辺のいくつかの銀河も支配しているようだ。少なくとも僕は完全に支配されているよ。完璧に、感動的に。  アクリル面に鼻先がつくくらいに、僕は顔を寄せる。ゆっくりと大き...

pale asymmetry | 2019.02.28 Thu 21:01

瓜の月を蹴って跳ぶ

JUGEMテーマ:ものがたり    低木の狭間に横たわる少女は、人と獣の合いの子だった。スカートから伸び出た両脚が、鹿のそれのようだったのだ。月光にその毛皮は艶やかに輝いている。その脚が、森を疾走する姿を想像すると後頭葉がぞくりとした。美しい躍動を感じて、シナプスが過剰に発火してしまったのだろう。  しかし今、その脚の片方が断続的に痙攣し、流れ出た鮮血に染められていた。猟師に撃たれたのだ。先程私が殺した猟師に。 「大丈夫だよ。おまえを食らうものは、もう事切れたから」  私は少女に...

pale asymmetry | 2019.02.27 Wed 20:57

角兎が漂い弾ける

JUGEMテーマ:ものがたり     彼は、細長い手足を行儀よく畳んで、大樹の根本に腰を下ろしていた。わたくしはとても簡素で些細な存在なのですよ、と控えめに訴えているような佇まいだった。立ち上がると3mを超える身長だったから、実際にはかなりの存在感があったのだけど。  彼は特に何もない遠くの空に目を向けている。でも見つめているのは、彼自身の内宇宙、あるいは彼自身の記憶の紋様、あるいは彼自身の過去の躍動のように思えた。  彼が私に目を向ける。けれど彼は私を認識しない。彼は、人間を見...

pale asymmetry | 2019.02.20 Wed 22:44

私の白い花

JUGEMテーマ:ものがたり    深夜、研究室ソファーで仮眠から目覚めると、床に小人が立っていて、私を見つめていた。睡眠不足で、とうとう私の脳回路もいかれ始めたのか。とは思わなかった。この研究室には時々小人が現れるということを、私は知っていたから。この研究室の助教になってから私はまだ1年足らずだけれど、先輩助教からいずれは君も小人に出会うことになるだろうよと教えられていたのだ。  小人に出会っても慌てることはない。怖がることもない。無視していればいい。小人は構って欲しそうにじっと見...

pale asymmetry | 2019.02.13 Wed 20:07

天使的にたなびく

JUGEMテーマ:ものがたり    その風の主成分は土だ。細かな粒子は貴石の幼子たちかも知れないが、どんなに口を固く閉じていても侵入し、じゃりじゃりとした感触が不快この上ない。いや、本当は固く口を閉じていることが出来ないのだ。険しい道を歩き続けて、多くの酸素を身体が要求するためにどうしても気づけば口が開いているのだ。土は全ての岩に被さっている。その岩が折り重なり、山を形成している。きっとそんな単純な構造ではないだろうけど、呼吸の乱れが脳回路の働きを鈍らせ、複雑な思考など出来そうにない...

pale asymmetry | 2019.02.07 Thu 20:12

かえるがかさでかえる

JUGEMテーマ:ものがたり    ケータイに友人からテキストが届く。ひどい風邪でベッドから動けないので、食料と薬を頼む。それと郵便受けから郵便も回収してきて、とのこと。仕事を早めに切り上げて、私は友人宅を訪れた。ケータイのマップを見ながら。その友人宅に行くのは初めてだったのだ。今まで彼女がやって来るばかりで、私がお邪魔することは一度もなかった。というか、何となく彼女が来て欲しくない雰囲気を醸し出していたのだ。  友人宅は平屋の一軒家だった。鍵は開けてあるとのことだったので、私はチャ...

pale asymmetry | 2019.01.28 Mon 21:06

lyrical fisheye

JUGEMテーマ:ものがたり    防波堤で釣りをしていたら、奇妙な魚を釣り上げた。硝子のような質感で、輝く体色を橙から黄色へ、黄色から緑へ、緑から水色へ、そしてまた橙へと緩やかに変化させる。背鰭、胸鰭、腹鰭、臀鰭、尾鰭の全てが身体よりも大きく、その全ての鰭には細かな幾何学模様があって、それが万華鏡のように可憐に蠢いている。棘のようなものは見当たらなかったので、手に取ってみる。マシュマロのように軽く、宝石のように冷たかった。 「やあ、これは面白い魚を釣り上げられましたね」  長身の...

pale asymmetry | 2019.01.26 Sat 20:53

telephonic weather

JUGEMテーマ:ものがたり    この大陸に立ち尽くす少年の左目は青い。サファイアのように。青いのは左目だけだ。その瞳は、隠された風に繋がっている。  海を挟んだ向こうの大陸、そこに腰掛ける少年の左目は緑。エメラルドのような。緑なのは左目だけ。その瞳は、隠された雲に繋がっている。  大陸と大陸の真ん中、群島の一つに寝そべる少年の左目は金色。トパーズのような。金色なのは左目だけ。その瞳は、隠された雨に繋がっている。  三人の少年の目の前には、パラボラアンテナが建っている。そんなに...

pale asymmetry | 2019.01.22 Tue 20:48

貢ぎ物が渦を巻く

JUGEMテーマ:ものがたり    僕は首の長い鳥で流れていた。巨大な鳥だ。絨毯みたいに。透明な瑠璃色をした、翼の小さな鳥だった。空間には歯がある。まあ、見えないけれど。その鳥の長い首にも歯があり、それが噛み合って僕と鳥は流れていたのだった。つまり世界はそういう歯車の連動で上手にやっていることが実に多くて、そういう意味では、僕らは流れていたというより、転がっていたという方が良いのかもしれない。それでもあえて流れていたといっているのは、その鳥が液体だったからだ。液体は、やっぱり流れるもの...

pale asymmetry | 2019.01.16 Wed 19:01

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全691件中 61 - 70 件表示 (7/70 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!