>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:754件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

研究棟の漂着者 act 04

JUGEMテーマ:ものがたり   「ニャニャーゴ、ニャー」  錦に輝きながら、漂着者は鳴き続ける。けれどタクソンの方は直ぐに鳴かなくなり、何度か首を傾げ、さらにはその仕草さえしなくなって、ただじっと漂着者を見つめるだけになった。漂着者の方はその反応に慌てるように、鳴くことよりも身振り手振りのジェスチャーが多くなり、激しく手足を動かし出した。それでも、タクソンの反応は薄かった。時折首を傾げ、戸惑っているように見えた。 「これ、会話が成立しなくなっているような気がするけど」  撮影を...

pale asymmetry | 2019.06.09 Sun 22:06

研究棟の漂着者 act 03

JUGEMテーマ:ものがたり   「黒猫のタクソン♪ タクソン、タクソン♪ 僕の恋人は黒い猫♪」  丸丸と太った黒猫を胸に抱き、ウルシハラ君は適当に歌いながら解剖室を覗きこんでいる。銀縁メガネの奥の瞳は、愉しそうに笑っている。 「土偶だ。確かに土偶だね」  呟きながら、硝子扉越しにミクリヤ君はスマートフォンでずっと撮影している。黒縁メガネ奥は、とても真剣な眼差し。 「取りあえず入って捕獲しようぜ」  硝子面におでこを付け、ジョウガサキ君は扉を開きたくてウズウズしている様子。メタ...

pale asymmetry | 2019.06.08 Sat 20:32

研究棟の漂着者 act 02

JUGEMテーマ:ものがたり   「最初に言っておくが、先程イタチザメと言ったけどあれは実は正確ではない。形態はイタチザメと非常に似ているが、細かな部分に相違点がいくつかある。イタチザメと同定するためにはDNAを解析するしかないから、今のところはイタチザメ近似種と訂正しておく。もっとも解析の結果イタチザメではないとなるかもしれない。つまり新種のサメの可能性もあるということだ」  解剖室の硝子扉の前で、ワタヤ博士は立ち止まる。扉を開くことなく、室内を指差す。 「しかしながら、そんなこと...

pale asymmetry | 2019.06.07 Fri 21:11

研究棟の漂着者 act 01

JUGEMテーマ:ものがたり    セミナー用の資料を取りに、研究棟まで足を運ぶ。本館からは徒歩約十五分。全て昇りの道なので、皆は車かモーターサイクルを使うけれど、私は歩いていくのが好きだった。確かに日差しの強い日はきついけれど、帰りは当然のことながら全て下り坂で、正面に海が広がる風景が、空の青と海の青が鬩ぎ合っている風景が、私は大好きなのだ。熱くゆるい風が時間を沈めるような感じや、空と海の煌めきが妖精のようにはしゃぐ感じを眺めて歩くのが気持ちよかったから。  研究棟に着くと、入口の...

pale asymmetry | 2019.06.06 Thu 21:16

みしょうする猿大師

JUGEMテーマ:ものがたり    五感は絡まり合い、最早匂いが見え、音に触れられ、光景を嗅ぎ取り、気流の味を食せるようになっているような気さえしていた。いったいどのくらい歩いたのか、憶えてはいなかった。若き僧侶は僧正から口頭で伝えられた道筋を、長く複雑な道筋を、なくさないように何度も何度も唱えながら、歩みを進めてきたのだった。そうして道が確かになればなるほど、自身の心持ちがどんどん不確かになっていった。自分は大切な何かを踏み外したのではないだろうか。とそんなことを思い始めたときに、よ...

pale asymmetry | 2019.06.05 Wed 22:07

drop dip doll

JUGEMテーマ:ものがたり    心が疲れてしまったときには、縁側で昼寝することにしている。ふかふかのクッションに上半身を沈めて、庭をぼんやりと眺めながら。風が南から吹いている。南からの風は、縁側には流れ込まない。庭の端々の葉を揺らすだけだ。それでもその南風が心地よかった。その風は庭と縁側を取り囲んで大きな渦を形成し、おおらかに上昇している。昇華しているのかもしれない。並行世界を跨いで旅をする蝙蝠のようなものに。  スパイシーで甘味もある香が、私を抱きしめるように漂ってくる。南風が...

pale asymmetry | 2019.05.17 Fri 21:10

絢爛たる椅子

JUGEMテーマ:ものがたり    椅子を作るのが趣味だ。暇さえあれば作っている。いや、暇がなくても、眠る時間を削ってでも作っている。あるいはある種の依存症かもしれない、と思えるほどに私は椅子を作っている。もうどれくらい作っただろうか。正確に数えたことはないが、100個は越えているだろう。椅子だから100脚と言いたい所だが、脚があるとは限らない。同じ意味で台という数え方も使えない。そういうヘンテコな形の椅子を作り続けている。  形だけではない。大きさも様々だ。小さいものは米粒大位で、大きな...

pale asymmetry | 2019.05.16 Thu 20:27

紙依

JUGEMテーマ:ものがたり    十畳の和室が四つ縦に並んでいる。本来は襖で区切られているのだろう、その敷居が見受けられたから。けれど今は襖は一枚もなく、縦に長い空間が私の目に前に広がっていた。つまり、私は端の部屋のさらに端っこにいて、そこに正座して四つの和室を眺めていた。壁は、私の背後と一番奥の床の間にしかない。左右もまた敷居で区切られていたけど、そこにあるべきもの、それが板戸なのか硝子戸なのか障子なのかは解らないけれど、そういったものは全て取り払われていた。  その左右両方の外...

pale asymmetry | 2019.05.12 Sun 20:43

Moon tiger butter

JUGEMテーマ:ものがたり    パンキッシュ・マニューバよってその王国も甚大な被害を受け、ある意味溺死状態になったけれど、溺れなかった王宮を中心に偉大なる王の真摯な力によって王宮市国として何とか生き残った。臣民の数よりも王族の数の方が多いという歪な都市国家ではあったけれど、それによって都市としての機能が損なわれることはなかった。なんといっても王を筆頭に王族たちの全員が、都市の歯車として働くことに歓びを感じていたから。  第十六王子のイオルクは独楽回しの職業を得て、都市のために日々...

pale asymmetry | 2019.05.11 Sat 21:24

偶発の聖域

JUGEMテーマ:ものがたり    急な階段を上がったその場所には、左右と正面に三つの扉がある。正面の扉はベランダに繋がる扉だ。広いベランダからは細い川と田畑と老齢そうな桜の樹が展望できた。左の扉を開けると長い廊下があり、手前から寝室と書斎が並んでいた。もちろん廊下はベランダに面している。大開放の窓からたっぷりと光が注ぎ込んでいた。そして右側の扉は、物置部屋の入口だった。もともと何の部屋だったのかはよく解らない。フローリングの床で、四方の壁は天上まで届く棚に隠されていて、当然窓も遮られ...

pale asymmetry | 2019.05.10 Fri 21:13

このテーマに記事を投稿する"

< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 >

全754件中 91 - 100 件表示 (10/76 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!