[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ものがたりのブログ記事をまとめ読み! 全980件の8ページ目 | JUGEMブログ

>
ものがたり
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:980件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

Icon photographer

JUGEMテーマ:ものがたり    取り敢えずのど飴を口に放り込む。グレープ味ののど飴。それが私の仕事の始まりの合図。スイッチと言ってもいいし、ファンファーレと言ってもいい。それもまた、わたしにとってのイコンだ。もちろん狭義のイコンの意味とは大きくかけ離れているけれど、ここで私が言うイコンとは広義の事象。象徴的な因子、あるいはコミュニティーのハブとして機能する事象。そういう事象とレンズ越しに対峙することが私の仕事だ。デジタルな記録としてそういう事象を固定することにどういう意味があるのか...

pale asymmetry | 2021.12.16 Thu 21:22

Water moon

JUGEMテーマ:ものがたり    無性に腹が減っていたので、水面に映る月を食した。清涼感の強い、貞淑な味がした。それなりに満足出来たけれど、俺が求めていた満腹感は得られなかった。それなら空の方の月も頂こうかとも思ったけれど、それはさすがに摂理を歪めることになる。そうしてしまえば世界は俺を許さないだろうと思ったからひとまず我慢することにした。しかし、瓜の形をした空の月は、美味な熱を放っている。風景の隅々にまで放っているけれど、あれはきっと第一に俺に放っているのだ。俺にはよく解る。掴み取...

pale asymmetry | 2021.12.15 Wed 21:38

First rite of passage

JUGEMテーマ:ものがたり    彼女は走っていた。全力で風を掻き分け走っていた。ゆるやかな上り下りを繰り返す、うねりのような大通りを疾走していた。真っ白なドレス。でもその丈は極短い。だからこれ以上ないほどに躍動する両脚の様子が詳細に見て取れた。それは歯車として彼女が世界の顔路の一端を担うことを象徴しているのだろうか。それとも、赤い女王のような存在との競争がすでに始まっていることを意味しているのだろうか。どちらにしても、彼女の疾走は綺麗だった。路面を蹴り、風景を後方へと置き去りにする...

pale asymmetry | 2021.12.13 Mon 21:12

Twelve-colored roses

JUGEMテーマ:ものがたり    そこは架空の街だ。実在しない街という意味ではない。実在している架空の街なのだ。この街は永遠に黄昏時で、朝も昼も夜もない。陽光は常にか弱く、すれ違う誰かの姿は薄暗い。その表情は読み取れず、その心持ちなどなおさら解らない。あるいは、心などないのかもしれない。朝がなければ覚醒はなく、昼がなければ躍動がなく、夜がなければ知性がないのだから。そういう意味で、この街は架空の街なのだった。  半透明の蝶に導かれ、私は暗い路地に足を踏み入れる。小さな黄金色の灯火が...

pale asymmetry | 2021.12.12 Sun 21:29

惑い蛾

JUGEMテーマ:ものがたり    六つの三角屋根が複雑に融合した奇天烈な形の屋敷だった。屋敷と言うには大きすぎたから、城と言っても大げさではないように思えた。その城が、真っ直ぐに私に近づいてくる。急峻な谷間の道を、その城は歩いてくるのだった。いや、歩くという表現は違うかもしれない。その城には脚が一本しかなかったから。その脚で跳ねるように前進しているのだった。巨大な構造物が跳ねて移動しているにしては、その稼働音は酷く小さく、それは雫が水面に落下するような音に感じられた。  城は私...

pale asymmetry | 2021.12.09 Thu 21:27

ガナンラの模倣

JUGEMテーマ:ものがたり    湖の真ん中辺りに小さな舟が浮かんでいる。その舟には三本の角を生やした黒い獣が乗っている。光沢の強い毛並みが傾いた茜の陽光を鋭く弾いている。あるいは無慈悲に切り裂いている。水面は鏡のような凪を纏っていて、その一点に最初の星が移し取られたとき、湖の周囲に設置された照明の全てに火が灯された。燃え上がる炎は、黒い獣を捕らえただろうか。いやむしろその炎は獣のもので、放射された獣の闘牙のように思われた。触れた人間は一瞬で塵と消えてしまうような。  湖の岸辺に一...

pale asymmetry | 2021.12.08 Wed 20:46

Ore tea break

JUGEMテーマ:ものがたり    旅の途中の無人駅で電車を待っているとき、ふとホームの端にある建物が気になった。三角屋根の小さな木造の建物。全体が灰青色に塗り上げられている。屋根の天辺は私の頭より少し高いくらい。窓はなく、私の背丈とほぼ同じくらいの扉が一つ。扉の脇には『cafe』と書かれたプレートが取り付けられている。ホーム内にあるのだから、鉄道会社が運営しているのだろうか。私が乗車する電車が到着するまでまだかなりの時間があったから、私はその扉を開いた。リズミカルなベルの音が響いた。 ...

pale asymmetry | 2021.12.04 Sat 21:26

Black fox and gray fox

JUGEMテーマ:ものがたり    ゆっくりと、黒い狐は山を下った。夜は風の裏側に溶け込むように消え始めていて、でもまだ朝は深い場所から上昇していなかったから、世界は何とも中途半端な影を帯びていた。それはつまり中途半端な光が漂っているということだった。夜を内部に閉じ込めて艶を放つ北西風が、黒い狐の背中を押す。それは黒い狐を勇気づけるわけでもなく叱咤するわけでもなかったが、黒い狐が心臓内部に抱えている黒い炎のその勢いを強める効果はあった。だからことさらゆっくりと、黒い狐は山を下った。強く...

pale asymmetry | 2021.11.29 Mon 21:42

Predictive computer element

JUGEMテーマ:ものがたり    小さな湖の真ん中に、正六面体が浮かんでいた。それは水面に浮かんでいたわけではなく、水面から数センチ上の空中に浮かんでいた。そしてそこに固定されていた。湿った風がそよ吹いていたけれど、その正六面体は微動だにしない。どのような仕組みで浮かんでいて、固定されているのかを私は知らされていない。それは透明な何者かによってしっかりと抱えられているのかもしれない。生娘が支えているのかもしれないなと思った。その正六面体が生娘のようなブルーに色づいていたから。  そ...

pale asymmetry | 2021.11.25 Thu 20:47

Transportation system

JUGEMテーマ:ものがたり    鱗の雨は、フワフワと降っている。今日の色彩は淡いエメラルドだったから、僕はとても気分が良かった。空の色はメタリックシルバー。それは防壁の色だ。きっと異性知性体がそのすぐ向こう側を偵察しているのだろう。僕らのこんなちっぽけな世界を覗いて何が面白いのだろう。彼らの世界の方がもっとずっと魅力的なはずだと思える。でも本当のところは知らない。僕は彼らの世界どころか、彼らの姿を見たこともないのだから。  でも掌のデバイスが告げているのだから間違いない。僕らは異...

pale asymmetry | 2021.11.22 Mon 21:27

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全980件中 71 - 80 件表示 (8/98 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!