>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:767件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

Moon tiger butter

JUGEMテーマ:ものがたり    パンキッシュ・マニューバよってその王国も甚大な被害を受け、ある意味溺死状態になったけれど、溺れなかった王宮を中心に偉大なる王の真摯な力によって王宮市国として何とか生き残った。臣民の数よりも王族の数の方が多いという歪な都市国家ではあったけれど、それによって都市としての機能が損なわれることはなかった。なんといっても王を筆頭に王族たちの全員が、都市の歯車として働くことに歓びを感じていたから。  第十六王子のイオルクは独楽回しの職業を得て、都市のために日々...

pale asymmetry | 2019.05.11 Sat 21:24

偶発の聖域

JUGEMテーマ:ものがたり    急な階段を上がったその場所には、左右と正面に三つの扉がある。正面の扉はベランダに繋がる扉だ。広いベランダからは細い川と田畑と老齢そうな桜の樹が展望できた。左の扉を開けると長い廊下があり、手前から寝室と書斎が並んでいた。もちろん廊下はベランダに面している。大開放の窓からたっぷりと光が注ぎ込んでいた。そして右側の扉は、物置部屋の入口だった。もともと何の部屋だったのかはよく解らない。フローリングの床で、四方の壁は天上まで届く棚に隠されていて、当然窓も遮られ...

pale asymmetry | 2019.05.10 Fri 21:13

Dragon's orb

JUGEMテーマ:ものがたり    少年が最初に龍を見たのは、ビルディングの屋上だった。湖畔に建つ6階建てのビルディングで、管理が甘く誰でも屋上に忍び込むことが出来ビルディングだった。屋上から眺めた湖面は緑色に濁った仮面のようで、その顔面を持ち上げて今にも巨大な怪物が立ち上がりそうに思えた。そしてその拳でこのビルディングを打壊してくれそうに思えた。少年は別にそれを望んでいたわけではないけれど、そうなれば面白いのになと考えたりしていたのだ。  もちろんどんなに時間が過ぎても怪物は現れず...

pale asymmetry | 2019.05.09 Thu 21:19

黄金の流れ

JUGEMテーマ:ものがたり    パンキッシュ・マニューバの夜からの一週間を、この地域では水銀の一週間と呼んでいる。水と銀がこの地域の生命と非生命をごちゃ混ぜにして、世界の理を奔放に覆してしまったからだ。もっともこの惑星上のどの地域も概ね似たような状態で、だからパンキッシュ・マニューバの後、この惑星上から国家が事実上消滅し、明確ではないが決して多くはない都市が地域の最も大きなカテゴリーになった。それまでは惑星中を縦横無尽に疾駆していたネットワークもずたずたに破壊され、都市と都市の繋が...

pale asymmetry | 2019.05.05 Sun 19:57

Rabbit hunter

JUGEMテーマ:ものがたり    巨人には様々なタイプがいる。ふさふさしたのや、つるつるしたのや、いがいがしたのや、ねばねばしたのなどなど。それはつまり見た目なのだけど、見た目だけの話ではない。動きや印象や叫び声も、見た目と同じ感じなのだ。ふさふさしたのはふさふさと歩くし、つるつるしたのはつるつると笑う。いがいがしたのはいがいがと叫ぶし、ねばねばしたのはねばねばと跳ねる。それぞれの巨人を目の前にすると、それに合わせた気分になったりもする。つまりふさふさの巨人の前ではふさふさした気分に...

pale asymmetry | 2019.05.03 Fri 21:33

Monster maker

JUGEMテーマ:ものがたり   「本当にいいの?」  全裸で横たわる少女に、私は尋ねる。少女は黙ったまま頷いた。微かだったけれど、真っ直ぐな意思が込められた頷きだった。私もまた全ての衣服を脱ぎ、少女の傍らに片膝をつく。じっと少女を見つめる。観察し、観賞する。広い額、狭い肩幅、胸の膨らみはまだ熟していず、肌はどこに目を向けても瑞々しかった。  紅、紫、翠に碧。それに金と銀と黒を少量。  私は少女の身体を、その少女という身体をしっかりと捕捉し、細かく分解し、精密に再構築し、さらに私...

pale asymmetry | 2019.05.02 Thu 21:14

傾いで浮かぶ

JUGEMテーマ:ものがたり    私の家は岬の先端にある。いや、岬の先端にあった、という方が正確だろう。今はもう、岬の先端にあるわけではないから。しかし私の家は壊れてしまったわけでも、どこか遠くへ旅立ってしまったわけではない。岬に止めた車の脇に立つ私の目の前に、家は確かに見えている。問題は、先端にないのだ。先端の地面から2メートルほど浮き上がっているのだ。そして右斜め前に約45度傾いていた。  宙に浮かぶ私の家が、時折僅かに揺れる。とても気持ちよさそうに。あるいは、とても思慮深そうに...

pale asymmetry | 2019.04.27 Sat 21:44

白百合の円舞と虹の種

JUGEMテーマ:ものがたり    激しい雨の後、涼風に誘われて庭に出る。真上には洗いざらしの青空が、遠くには黒灰色の雲塊が見えた。乾いた風は貞淑だった。私にはそう感じられた。その風が軒先に吊した珊瑚片を揺らす。珊瑚片がぶつかり合い、音が鳴ったような気がした。そんな気がしたのにその音は私の耳に届かない。不思議に思いじっと珊瑚片を見つめると、煌めきが風に吹かれている。珊瑚片がぶつかり合うたびに煌めきが弾けて、それが風に乗って庭の隅へと流れていく。煌めきはそこから浜へと通じる石段を下ってい...

pale asymmetry | 2019.04.25 Thu 21:39

箱庭のコヨーテ

JUGEMテーマ:ものがたり    1メートル四方の浅い箱、その真ん中に一匹のコヨーテが佇んでいた。凛々しい顔つきで、少しだけ斜め上方に鼻先を傾けている。遠い場所を見つめているようだった。その場所には、コヨーテの求める風が吹き、コヨーテの求める光が降り注いでいるのかも知れない。つまりこの箱庭は、コヨーテにとっても寂しい場所なのだろう。見えない雨が降っているのかも知れない。冷たく尖った悪意の雨が。あるいは未熟で愚かな雨が。  少年がコヨーテを見つめている。箱庭の真ん中の孤独なコヨーテを...

pale asymmetry | 2019.04.24 Wed 21:38

Dance with apes

JUGEMテーマ:ものがたり    風が急激に冷えた。けれど陽光は殺人的に鋭かった。頬に微少な何かが落ちた。次々と落ちてくる。それは雪だった。こんな南の島に、しかも真夏に雪が降るなんて、世界は終わろうとしているのだろうか。ふとそう考えたけど、まあ違うだろうとすぐに思い直した。条件さえ揃えば南の島でも雪は降る。条件さえ整えば、どんな事象でも起こりうるものだ。 「風が心地いいね」  妹が私の肩に頬を乗せて言う。見えないけれど、きっと私と同じ表情をしているだろう。もともと相似の顔を持って...

pale asymmetry | 2019.04.22 Mon 21:03

このテーマに記事を投稿する"

< 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 >

全767件中 111 - 120 件表示 (12/77 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!