>
ものがたり
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ものがたり

このテーマに投稿された記事:828件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/6497/
ものがたり
このテーマについて
「小説」はなんとなく堅苦しい。
もっと気軽に、じゆうな感性で楽しんでほしい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「okitarinka」さんのブログ
その他のテーマ:「okitarinka」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

不機嫌な君主は捧げられる

JUGEMテーマ:ものがたり    その少女は、不機嫌な君主と呼ばれていた。常に不機嫌であったし、少女がその都市の君主であることも事実だったので、都市の住人たちはその少女を畏怖した。そもそもは、パンキッシュ・マニューバの翌日に始まった。前夜、パンキッシュ・マニューバによって世界が一変し、無数の都市国家が生まれた最初の日に、この都市に少女は現れたのだ。彼女はカヌーに乗って都市にやってきた。そのカヌーは十九人の男女によって担がれていた。そして六人の男女によって先導されていた。この六人は本当...

pale asymmetry | 2019.09.28 Sat 21:28

釦と銃口

JUGEMテーマ:ものがたり    朝晩が肌寒くなってきたので、Tシャツの上にシャツを羽織る。釦をはめていくと真ん中辺りのが一つ足りない。いつの間に取れてしまったのだろう。最後に着たときには確かについていたと記憶している。では最後に洗濯したときか、その後クローゼットに仕舞うときか、仕舞っている間にかに取れてしまったのだろう。そんなことを考えながらシャツをよく見る。何か違和感を感じる。何というか、足りないその場所に、そもそも釦が着いていた形跡がないのだ。私には、もともとそこに釦がなかった...

pale asymmetry | 2019.09.24 Tue 22:12

優美な怪物は神を知らない

JUGEMテーマ:ものがたり   「これは大陸の西、砂漠の王国の物語」  大陸東端の港町、その裏路地の奥にある妖しい酒場でチタラ弾きが語り出す。異境の扉を開く弦を掻き鳴らして。  その砂漠の王国の王子は、何者をも恐れぬ英雄だった。近隣のどんな大国に攻め入られても怯むことなく、常に国軍の先頭に立って獅子奮迅の働きで敵を退けた。厄災にも立ち向かい、知恵を絞り汗を流して民を導いた。当然王子は民に敬愛された。その王国で王子を憎む者などいなかった。たとえ王子と意見が対立する政治家であっても、...

pale asymmetry | 2019.09.08 Sun 19:33

灯火を握る

JUGEMテーマ:ものがたり    ときどき、私は灯火を握る。私の左手の人差し指の、その指先に現れる灯火を。少し朱色がかった、黄金色にも見える橙色の灯火を。それは炎のように揺らぐけれど、熱くはない。そしてもちろん何かを燃やしたりは出来ない。それは映し出すのだ。世界のどこかを、そこにいる誰かを。  私の平熱は低い。大抵三十五度台の半ばくらい。三十七度などは、私にとっては相当な高熱だ。頭はひたすらぼんやりして、ひどい寒気がして、身体中の関節が痛んだりする。心も体も重すぎて動けず、ベッドに...

pale asymmetry | 2019.09.07 Sat 21:50

盗人梟

JUGEMテーマ:ものがたり    俺は邪悪なフクロウに抱き締められている。背中から強く。そしてフクロウは、半ば俺に溶け込んでいる。重なり、織り込まれるように。いや、織り込まれているのは俺の方かもしれない。もはやどこまでが俺で、どこからがフクロウなのか、その境界は曖昧だ。白夜の流星のように曖昧だ。  俺に出会う者たちに俺の姿がどう見えているのかを、俺は知っている。背中に翼を持つ人間に見えているはずだ。フクロウは翼以外は透明なのだ。その透明な部分が俺と重なり絡み合っているのだ。フクロウ...

pale asymmetry | 2019.09.06 Fri 21:23

その身体を操縦しなさい、風として

JUGEMテーマ:ものがたり    その海域に、何かの特徴があるわけではなかった。特別なエナジーが集まっているとか、リリカルな光景が広がっているとか、スピリチュアルな空気が漂っているとか、そういうことは一切なかった。何処にでもあるような日差しが降り注ぐ風景、何処にでもあるような波が煌めく風景、何処にでもあるような湿った風が翻る風景だった。ハワイ沖だと言われても、インドネシア沖だと言われても、トリニダード・トバゴ近海だと言われても頷けるような場所だった。実際にはそこは、ポリネシアとメラネ...

pale asymmetry | 2019.09.05 Thu 21:16

雨の子供たちは槍振りはしゃぐ

JUGEMテーマ:ものがたり    嵐が近づいている。巨大な渦が、腹を空かした熊のように無邪気に両腕を振り上げている。それは必ず振り下ろされるだろう。構えられた銃からは、必ず弾丸が発射されるように。例外はない。想定外もない。埒外もない。だから闘牛場の地面に渦が描かれる。何重にもぐるぐるととぐろを巻く渦が描かれる。そこに、雨の子供たちを迎え入れるために。  雨の子供たちは専用の衣装に身を包み、渦によって開かれ閉じられた闘牛場にやって来る。その衣装は色彩豊かで煌びやかで、異世界的だ。異世...

pale asymmetry | 2019.09.04 Wed 22:01

キツコ

JUGEMテーマ:ものがたり    私がまだ小学生の低学年の頃だったと思います。家のすぐ裏の里山の中で、私は迷子になってしまいました。小さな里山で、迷うはずなどなく、道だって一本しかなくて、どちらの方向に歩いても、子どもだった私が歩いても、10分もすれば出られるはずの里山だったのに。今はもうこの里山はありません。取り除かれ、整地され、住宅が建ち並んでいます。だからもう、今の子どもたちは迷ったりはしないでしょうね。  学校から帰ってきてから里山に入ったので、程なく日が傾いているのが解りま...

pale asymmetry | 2019.09.02 Mon 22:18

Pseudanthiasの誤算

JUGEMテーマ:ものがたり    彼女はフリーダイバーだ。フリーライダーではない。まあ、正直に言うと若干そういうところもあるけれど。いやそうじゃなくて、フリーダイバーだ。いくつかの大会にも出場して、それなりの成績も残している。あくまでもそれなりの、だけど。普段も時間があれば海に出かけて、フリーダイビングをしている。大抵は30mから40mくらいの水深まで潜るらしい。地上でなら何階建てくらいの建物に相当するのかはよく解らないけれど、彼女にとっては余裕を持って行き来できる水深なのだそうだ。  ...

pale asymmetry | 2019.08.30 Fri 21:04

無敵と恐れ

JUGEMテーマ:ものがたり    私は岬に立っている。岬の先端に立ち尽くしている。一歩踏み出せば、数十メートルの距離を落下することになるだろう。海面は固い岩盤となって私を砕くだろうか。それとも遙かな深みに速やかに引きずり込むだろうか。風が正面から吹いている。だから私は踏み出すことはしない。もし風が背後から吹いていれば、それを私は啓示と考えたかもしれない。そして宙を舞っていたかもしれない。藻屑となるために。  鳥が浮遊している。見たことのない鳥だ。胴や頭の大きさに比べて、両翼の大きさ...

pale asymmetry | 2019.08.29 Thu 21:58

このテーマに記事を投稿する"

< 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20 >

全828件中 141 - 150 件表示 (15/83 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!