>
ショート・ショート
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ショート・ショート

このテーマに投稿された記事:1534件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/681/
ショート・ショート
このテーマについて
掌編。超短編。など、名前は様々。
一瞬を切り取って、読んでくれる人に届けたい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「silbe」さんのブログ
その他のテーマ:「silbe」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

SECHS1短篇ーさざ波ー後篇。

 レッチェと涼は、拠点近くのビーチへと釣り道具を持ってやってきた。 「真っ暗ー!」 涼は、暗くて先も見通せない暗い海を見渡した。 ビーチの右側には、小さな桟橋があり、2人はそこから釣りをするつもりだ。 「涼ちゃん、はい」 レッチェは、涼に今日はルアー釣りをしようと、ルアーを差し出した。 「これでよし」 涼は、ライン(釣り糸)にルアーを取り付けた。 「先にするね?」 「おう」 涼は桟橋からルアーを投げ込んだ。 レッチェはというと、何やら黒い袋の中からキラキラ光るものを取り出した。 「あ...

チームSECHS! | 2018.11.19 Mon 08:15

一角獣と空飛ぶ蛇

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「貴婦人と一角獣って知ってます?」  PCモニタを見つめ過ぎてこめかみが痛み出した午後三時、ササちゃんが隣の席から声を掛けてきた。目を向けると、大きく伸びをして激しく瞬きを繰り返している。 「貴婦人と一角獣って、フランスのタペストリーのあれ?」 「タペストリーって何です?」 「え? 壁に掛ける織物だと思うけど」 「ふーん、タペストリーとかフランスとかはよく解らないですね。私、貴婦人と一角獣はガンダムで見たので」 「あ、そう」  ササ...

pale asymmetry | 2018.11.12 Mon 21:02

SECHS1短篇ー今朝もー。

     「おはよう」 「……おはよう」 今朝も朝日が眩しい。部屋のカーテンを開けて彼女はベッドに腰かけた。   「今日は調子がよさそうね。ぐっすり眠ってた」 「………そうか」   「もうお掃除すませちゃった。みんなも起きてるわ」 (もうそんな時間か………)   彼はまだ眠そうな目をこすり、身体を起こした。   「今日はいい天気になりそう」 「………」 彼は彼女の朝から...

チームSECHS! | 2018.11.11 Sun 06:02

フラミンゴと地球の距離感

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「フラミンゴって、片脚で立つじゃないですか」  ササちゃんが唐突にそう言う。  昼休み、部屋には私とササちゃんだけが残っていた。他のスタッフたちはいくつかのグループに分かれて、外へ昼食に出かけていった。私はいつものように職場で昼食。ササちゃんは今日の電話番だった。 「クウさんのそれ、何パンですか?」  話が急旋回した。 「ジャムパン」 「クウさんいつもジャムパンですね。飽きません?」 「全然大丈夫。ササちゃんのそれは」  ササち...

pale asymmetry | 2018.10.23 Tue 21:47

美しき人

JUGEMテーマ:ショート・ショート JUGEMテーマ:ショートストーリー       『美しき人』 ※PC版はこちら   美しき人は私の母である。   物心ついた頃から、私の周りには着物があふれていた。   和裁学院を営んでいた母は、何人もの生徒を教え導いていて、選ばれた反物から徐々に着物が出来上がっていく姿は、子供の私にとってまるで魔法のようで楽しかった。   そんな私が、初めて着物に袖を通したのは七五三の時。  ...

The Blog of Azuma | 2018.10.23 Tue 11:42

空想:過去からの嘲笑

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「――あと、はんぺんと卵も……あ、ツユ多めにお願いします」   会計を済ませて家路へと向かう。今日は、いまコンビニで買ったおでんを肴に熱燗を飲もう。徳利に酒を注いで、水を張った鍋に置いて火にかける。沸騰するまでの間にシャワーや着替えを済ませる。熱燗にするのだから、酒は安いやつでいい。この間買ったやつがまだ結構残っているはずだ。   おでんが冷めないようにと足早になる。しかし走ってしまうとツユがこぼれてしまう。ツユは食べ...

ねじまき鳥よ、おれの幸運を願え | 2018.10.17 Wed 08:38

マーサ・Wの仄かな恋

JUGEMテーマ:ショート・ショート    七十三歳の誕生日を迎えた翌々日から、マーサ・Wは奇妙な幻覚を見るようになった。彼女は自宅のサンルームでたくさんの植物を育てることを趣味とし、そこで午後のティータイムを過ごすことを日課としていた。その日も植物に囲まれた小さな丸テーブルにティーセットを並べようとしたという。しかしテーブルの上は既に彼女の見たこともないものたちで占拠されていて、ティーカップもポットもクッキーも置くことはできなかったという。 「それはもう不思議な状態でしたのよ、先生...

pale asymmetry | 2018.08.26 Sun 21:07

空想:はじめてのビーフシチュー

JUGEMテーマ:ショート・ショート   どうやら俺は結婚をするらしい。 「らしい」と言ってしまうくらい、実感がない。おまけに妻のお腹には子どもがいる。 俺には、いや、俺たちにはなにもない。カネもなければ食事を囲むテーブルすらもない。だけど、未来だけはある。 仕事が終わり、アパートへと帰る。「おかえりなさい」という妻の言葉が妙な気持ちにさせる。 こんな俺が、妻を、そして子どもを幸せにできるのだろうか。   俺の家は平屋のボロい一軒家で、そこで兄貴と姉ちゃんと両親の5人で...

ねじまき鳥よ、おれの幸運を願え | 2018.08.14 Tue 14:59

居場所を探して3

JUGEMテーマ:ショート・ショート 「ここは風が抜けないんだなあ」 窓硝子に手を伸ばした先輩の腕の中に尚史が包まれる形になった。 「尚史、喉悪いんだからもう少し環境のいい所住めたらなあ」 背中に先輩の体温を感じながら尚史は戸惑った。   「早くプロになっていいとこ住もうな。あ‥そうだ、俺のアパートに来れば?」 大きな瞳を見開いて尚史が振り返る。 「え、‥先輩?」 「ちょっと広すぎるし一緒ならいつでも勉強出来るし、環境もいいから尚史の体にもいいと思う。どうかな?」 答に窮している尚...

青白き月に薄墨の雲 | 2018.07.19 Thu 20:59

居場所を探して2

JUGEMテーマ:ショート・ショート 「まだ、帰ってないかと思ってたよ」 "え‥" 「大家さんに何度も電話したけど、ずっと留守だって言うし」   嘘だ。 今日はどこにも行ってない。 わざと電話を取り次いでくれないのだ。 そんなことはしょっちゅうだった。 謂れのない嫌がらせだった。 けど、先輩には知られたくない。 尚史はただ微笑むしかなかった。   「今度の土曜日に一門で食事会しようって。 尚史も来るよね」 「でも、僕‥」 ためらっている尚史に先輩が答えた。...

青白き月に薄墨の雲 | 2018.07.19 Thu 20:58

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!