[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ショート・ショートのブログ記事をまとめ読み! 全1,849件の7ページ目 | JUGEMブログ

>
ショート・ショート
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ショート・ショート

このテーマに投稿された記事:1849件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/681/
ショート・ショート
このテーマについて
掌編。超短編。など、名前は様々。
一瞬を切り取って、読んでくれる人に届けたい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「silbe」さんのブログ
その他のテーマ:「silbe」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

あや

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「あなた、綺麗という言葉が好きよね?」  彼女が唐突に言う。濡れた髪をタオルで掻き混ぜながら、ベッドに歩いてくる。僕は読んでいた文庫本から顔を上げる。 「そうかな?」  彼女は僕の傍らに滑り込み、僕の方に顔を向けて横たわる。シトラスの香りがした。 「そうよ。美しいという言葉よりも、綺麗という形容詞を使うわ。むしろ美しいという形容詞は全く使わないんじゃないかな」  僕は文庫本を閉じ、考えてみる。 「どうだろう。そうかもね」 「どうし...

pale asymmetry | 2021.11.28 Sun 21:37

Various inputs

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「そういえば今日一緒に仕事したスタッフの一人がね、ユニークな子だったの」  夕食の後、僕と彼女はアイスミルクティーを飲んでいた。食器洗いを効率化するために一つのカップに交互に口を付けて飲むことにしようと提案した彼女に、僕がユニークなアイデアだねと言ったら、それが彼女の記憶を刺激したらしかった。 「どんな風に?」 「その子はね、世界が三角で出来ているように感じるんだって」 「三角? 三角だけでってこと? どんなイメージなの?」 「何とい...

pale asymmetry | 2021.11.24 Wed 21:21

The invader\'s garden

JUGEMテーマ:ショート・ショート    小さな庭だった。卓球台をなんとか置くことができるくらいのサイズ。でもそれを入れてしまえば人が入る余裕はもうない。だから卓球は出来ないな。とそんなことを考えながら、私は庭を見つめていた。 「手首を痛めてしまってね」  隣に座る祖父が右手を翳す。手首に包帯が巻かれていた。 「それで困ってしまって、君を呼んでしまったんだ」  祖父の加えている煙草から紫煙が真っ直ぐに昇っていく。甘い香りのする煙だった。庭に面した縁側に、私と祖父は並んで座って...

pale asymmetry | 2021.11.20 Sat 18:31

Wave stone

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「これがそうだよ」  甥っ子が見せてくれたのは彼の掌よりも二回りほど小さい楕円の石だった。少し青みがかった表面が滑らかな石で、上品な印象の石だった。 「どうやって解るんだい?」  僕が問うと、甥っ子は川原を走り出す。複雑にジグザグに走り、ときどき跳躍する。両手を飛行機のように伸ばしているから、彼は走っているのではなく飛んでいるのかもしれない。 「まあ、こんな感じかな」  戻ってきた甥っ子は息を弾ませている。汗はかいていないけれど、午後...

pale asymmetry | 2021.11.14 Sun 20:35

non-Intelligent moon

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「ストーリーか、ストリートか、あるいは両方が私には足りないのかもしれないわ」  呟いた妹の表情は真剣だったから、それは言葉遊びではなく、彼女の正確な思考だったのだろう。 「でもこういうのって、補えるものではないと思うの。足りないのなら、その状況は変えられなくて、そのままで進むしかないと思うの」  私は寒かった。午後の風は北から吹いていた。歩道に面したテーブルはその風の硬い頬ずりにずっと晒されていた。暖かなラテでは、その頬ずりをはねのけるこ...

pale asymmetry | 2021.11.12 Fri 21:10

厭う者、厭わぬ者

JUGEMテーマ:ショート・ショート    ダイニングテーブルで彼女が鏡を見つめている。その左頬に赤いサインペンで斜めに直線が引かれている。そのラインを、彼女はじっと見つめている。 「ただいま」 「おかえり」  僕に返事をするときも、鏡を見つめたままだった。泣いているような気がした。涙は流れていなかったけれど。 「どうしたの?」  彼女はようやく顔を上げ、隣の椅子を指差す。僕はその椅子に腰を下ろした。 「今日ね、仕事帰りの駅のホームで女の子が顔を切られたの。セーラー服の女の...

pale asymmetry | 2021.11.10 Wed 21:14

Sacrifice and bouquet

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「フフフ」  背後のソファーから微かな笑い声が聞こえてきて、僕は文庫本から顔を上げる。背中をだらしなくソファーに預けて、両脚はラグに投げ出して読書していたのだ。振り返ったソファーの上には彼女が横たわっている。微笑みながら、やわらかな寝息を立ている。次の瞬間、全身を鋭く歪ませて目を開けた。 「お帰り。笑っていたよ」 「そう。夢を見ていたの」 「どんな夢?」 「私は生け贄だった」 「生け贄? では君は夢の中で死んでしまったの?」 「い...

pale asymmetry | 2021.11.04 Thu 21:28

Lonely flower

JUGEMテーマ:ショート・ショート    朝はまだ走り出したばかりで、空気も眠気を完全に振り払えていないように思えた。空は薄曇り。でも日中は気持ち良く晴れる予報だ。ベランダにテーブルと椅子を出して、僕と彼女は卵かけご飯を食べる。大きなカップでカフェオレを飲みながら。冷たい風が微かに吹いていて、それがこの時間が空回りしていないことを証明しているように思えた。 「ねえ、誰もいない場所で花が咲くの。その花は満足かしら?」  彼女は空を見つめていた。眩しさはどこにもない空だったから、真っ...

pale asymmetry | 2021.10.30 Sat 20:52

招き鬼

JUGEMテーマ:ショート・ショート    パラシュートを開いて降下していた。眼下は一面海だった。少しだけ赤みがかった緑の水面が果てしなく広がっていた。その端っこは丸かったから、僕は孤独を感じた。その丸みが遠すぎて、僕はスタンドアローンなのだなという想いを強く感じたのだった。風がパラシュートを揺らす。音のない風が、音がないのに鋭く激しい風がパラシュートを揺らし、繋がる僕も揺らした。音がしないわけがないと思って、僕は耳を傾ける。すると微かに声が聞こえた。よく見知った声。呼んでいるようだ。...

pale asymmetry | 2021.10.22 Fri 21:25

Winter coming from …

JUGEMテーマ:ショート・ショート    季節の急勾配に耐えきれず、ダイニングにダルマストーブを出した。といってレプリカで、石炭ではなく電気で稼働するタイプ。だから煙突はない。代わりに小さなファンが付いていて、温風を吐き出して部屋を暖めてくれる。 「ねえ、冬ってどこから来ると思う?」  夕食の後、ダイニングテーブルの脇で、僕と彼女はレプリカストーブに椅子を寄せ、それぞれタブレット端末を見つめていた。 「大陸からじゃない? この寒さは大陸から南下してきた寒気の影響らしいから」 ...

pale asymmetry | 2021.10.17 Sun 21:30

このテーマに記事を投稿する"

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 >

全1000件中 61 - 70 件表示 (7/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!