[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] ショート・ショートのブログ記事をまとめ読み! 全1,849件の9ページ目 | JUGEMブログ

>
ショート・ショート
  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

ショート・ショート

このテーマに投稿された記事:1849件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c231/681/
ショート・ショート
このテーマについて
掌編。超短編。など、名前は様々。
一瞬を切り取って、読んでくれる人に届けたい。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「silbe」さんのブログ
その他のテーマ:「silbe」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

Sheep, fire and giants

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「大きな羊が掲げられていたの」  彼女はエスプレッソを一口飲んで、澄まし顔で言う。 「捧げられていたのかもしれない」 「誰に、いや何者に」  僕もエスプレッソを一口飲み、その苦みを身体に行き渡らせる。 「さあ、何かしら。神に似たもの、神的なものかな」 「神様そのものじゃなくて?」 「そうね、そのものじゃないわ。神的な事象、神的な装置、神的なルーブ・ゴールド・バーグ・マシン。そんな感じね」  僕らはエアコンのフル稼働するダイニング...

pale asymmetry | 2021.08.25 Wed 19:59

孤独な首長竜の午後

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「首長竜の夢を見ましたのよ」  カウチで眠っていた祖母が、目覚めてすぐにそう口にした。 「瑠璃色の海で、滑るように泳いでいましたの」  僕はテーブルにカップを並べる。時刻はちょうど三時になるところだった。 「ミルクティーはいかがですか?」  祖母は頷き、カウチに沈んでいた姿勢を正す。 「首長竜は、寂しそうだった。独りぼっちで泳いでいたせいでしょうね」  遠くを見つめる眼差しで、祖母は首を傾げる。 「でもどうしてかしら、孤独を持て...

pale asymmetry | 2021.08.22 Sun 21:20

full for the wind

JUGEMテーマ:ショート・ショート    彼女は無言のままドライブし続けた。海沿いの道は、ゆるやかなカーブが続く。時々トンネルがアクセントのように現れ、それを抜けたときに僕たちは海を再発見する。それはまるで、生命は海から来たのだと何度も教えられているようだった。誰が僕らにそれを教えているのだろう。誰でもない、何者でもない、ただ海があるだけだ。僕らは母から生まれたのであって、海から生まれたわけではない。それでも意味を考えてしまうのは、無闇矢鱈と考えてしまうのは、会話がないからだろう。 ...

pale asymmetry | 2021.08.20 Fri 19:49

小さなボタンを踏んづけないように

JUGEMテーマ:ショート・ショート    雨は、終末を告げるように降っていた。でも、終末なんてないことを僕らは知っている。だから、僕と甥っ子は傘をさして、いつものように散歩に出かけた。雨が苦手な小型のミックス犬は留守番をしている。今頃は夢の中で、獲物と戯れているかもしれない。あの犬は、決してハンターではないから。 「669」  数字をリズミカルに唱えながら、小学生の甥っ子は跳ね歩く。その度に傘が揺れて、僕の下半身に雫がかかる。 「772」  甥っ子は時々立ち止まり、傘を傾けて空を見...

pale asymmetry | 2021.08.18 Wed 21:32

トラと経と送り火

JUGEMテーマ:ショート・ショート    彼は畳の上にだらしなく寝そべり、小さな窓の向こうを見つめている。部屋の明かりは薄暗く、虫除けの線香が不可思議な妖怪の瞳のように、部屋の隅で灯っている。ラジオからはオルタナティブロックが流れている。音量が小さくて、経のように思えたりもした。それが経であったなら、部屋の隅に妖怪が潜むはずはない。いや、妖怪ではなかった。線香だ。だから仄かな清浄を漂わせているのだ。けど全てが裏返る可能性だってある。例えば経はそういう不可思議なものを呼び寄せるために唱...

pale asymmetry | 2021.08.16 Mon 21:08

Feel the numbers

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「6090は?」  僕が訊くと、甥っ子はすぐに答える。 「サメ」  にっこり笑って何度も頷く。 「そういう風に見えるの?」 「ううん、そういう風に感じるの」 「ふーん、そうなんだ」  僕らは日陰から日陰へと最短距離を移動しながら散歩していた。午後の遅くだったけれど、日差しはまだまだ鋭かった。甥っ子は小学生で、だから今は夏休み。僕は先月からずっとテレワーク。午後の遅くは二人とも持て余す時間帯だった。僕らの家は徒歩3分の距離にあったから、...

pale asymmetry | 2021.08.13 Fri 20:33

痛みと変換と口づけ

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「ねえ、とても単純な質問をしてもいい?」  私が話しかけると、彼は文庫本から目を上げて頷く。 「痛いのと痛くないの、どっちが好き?」  彼は天井に目を向けしばらく考える。エアコンディショナーがフル稼働している部屋の真ん中で、私たちは寝そべっていた。優しい感触のラグの上で、まったりとした時間を過ごしていた。漂っている感じで。 「痛いほう、かな」  彼がポツリと言う。海の向こうで、蝶が羽ばたいた感じで。でもその微かな波は何とも連動せず、だ...

pale asymmetry | 2021.08.11 Wed 18:47

私たちは日々渦を巻く

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「許せない。でも許すわ」  私の頬を平手で叩いた後、その子は抑揚のない口調でそう言った。見知らぬ子だった。何のことか解らなかった。私は棺に花を収めたばかりで、まだ涙も流していなかった。といっても、涙は零れそうにはなかった。小夜の顔は眠っているようにしか思えなくて、明日の予定を考えているようにしか思えなくて、薄く笑っているようにしか見えなかったから。 「あなた、小夜と付き合っていたでしょう?」  見知らぬ子は私の手を引いて、強引に歩き出す。...

pale asymmetry | 2021.08.09 Mon 21:02

Traveling blue

JUGEMテーマ:ショート・ショート    ひっくり返して並べた二艇のカヤックの隣で、僕らも並んで腰を下ろしていた。海は冷静な凪を纏っていて、それでも鋭すぎる陽光を乱雑に弾いている。たぶん陽光のデタラメさが強すぎるのだろう。だから冷静な海がそれに振り回されているような、そんな感じに見えた。水面の話。 「空気が、あっという間に暑くなったね」  隣で、頭にタオルを被っているアリカワさんが独り言のように呟いた。 「そうだね」  この分だと、すぐに濡れた身体も乾くだろうと思えた。ついさ...

pale asymmetry | 2021.08.02 Mon 21:28

橋の魔物

JUGEMテーマ:ショート・ショート   「あそこ」  橋の直前で弟が立ち止まり、橋の真ん中辺りを指差した。 「何?」  僕も立ち止まり、弟が指差した辺りに目を凝らす。太陽はすでに沈んでいたけれど、それが残した余韻がまだ漂っていて、だからなのか街灯は灯っていない。でも橋の真ん中辺りは薄闇に霞んでいて、そこに何があるのか、何かがあるのか、よく解らなかった。 「両腕を広げて、通せんぼしてる」  弟はじっと睨んでいる。睨み返しているのかもしれない。だから僕も、見えない何かを睨んでお...

pale asymmetry | 2021.07.27 Tue 21:51

このテーマに記事を投稿する"

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 >

全1000件中 81 - 90 件表示 (9/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!