• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:64913件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

詩『頭重:Dull Headache』

いがいとくらい 時計はまだここだ おきる時間ではまだない いましばらくはここにいていい うごくものとうごかせぬものがちぐはぐだ 指先ばかりが鋭敏でそれについていけないものがある やるべきことはたんまりとある でもまだいい とこにつくとどうじにあの世に直行するのがいちばんらくなはずなのだ でもめざめる しかもぶざまに 時計をまたみる さほどたっていない おこされるほうがまだましだ おきねばならぬ理由がそこにあるから なぜまだくらいのだろう あさじゃない まだ そう 執行猶予中なのだ いまは そしていち...

with a kiss, passing the key | 2020.07.05 Sun 00:00

葵マガジン 2020年07月04日号

JUGEMテーマ:小説/詩   ◇◆◇◆多重人格の急須2 〜肉じゃがは時空を越えて〜◆◇◆◇ 第7話 築山、怒る 前編(全40話)    少年は、膝を抱えて座っていた。  いつもよりも、今日はおじいさんの来るのが遅い。  といっても、何も彼と毎日決まった時刻に会うという契約を交わしたわけではないのだが──もしかして、何か来られない事情ができたのかも知れない。  仕事で忙しいとか──しかしその程度のことならいいけれど、まさかおじいさんが怪我をしてしまったとか、急な病に倒れたとか──少年は少し悲...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2020.07.04 Sat 15:03

7無しの日4

おはようございます 夢は見たような気もしますが 忘れました   ……あ、足に虫這うてるのかな? と思いましたが這うてないな   よかった   むずむずしたから   んなこといちいち書かんでよろしい って、感じですかね   ははは   ……這う、はう   はうあーゆー   …… 地面を苦しそうに這う鮎。 残りの力を振り絞り跳ねて、 自力で川へ帰ろうとする。 釣り人は鮎を見てため息...

かきなぐり日記 | 2020.07.04 Sat 07:55

詩集『つづれおり』電子書籍発売! 本文はもちろん、表紙のデザインも作家の丸昨 今氏のご希望どおりに仕上げました。

詩集『つづれおり』電子書籍発売! 本文はもちろん、表紙のデザインも作家の丸昨 今氏のご希望どおりに仕上げました。     ◆はじまり   私は、秋の季節に誕生日を迎えることもあって 秋に、なんとなく思い入れがあります。 最近は、暑い日がずっと続いたと思うと、急にひんやりしたりで、 秋らしい秋を感じられる日も少なくなってきました。 が、冬になって、春が来て、夏、そしてまた秋 その時どきの 美しい瞬間は やっぱり あるものですね。   時はあっという間に過...

表現者として、私だからできることを | 2020.07.02 Thu 07:54

魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女 79

JUGEMテーマ:小説/詩    私は寝る前、ツィックル便でヨンベに、菜園界へもどってきたことの報告と、明日学校でね、というメッセージを送った。 するとすぐに返事がきて、そこには 「ポピー、お帰り! 無事でよかった! 明日も学校はお休みだから、また二日後に会おうね。ゆっくり休んでね。」 と書かれてあった。  あ。そうか。  明日は、今回地母神界へ行くことになった人たちのため、特別にもうけられた休みなんだ――忘れてた。  私は肩をすくめながらすぐに 「忘れてた! また二日後にね。ありがとう...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2020.06.30 Tue 11:41

詩『すがたみ:On A Full-length Mirror』

うとましきもの わたしをとらえてはなさない ねたましきもの かわりにわたしからはじゆうだ かつて詩人はおのれをうたった 齢はたちのうつくしさを そのとき彼女はなにをみていたのか ひにひにわたしは老いてゆく わすれてしまったことをそこでおもいださせる 破壊するのはかんたんだ 逃避するのはもっと でもそこから? 一瞥し、事実をそこでつきつけられ 敵意をこめてにらみかえす そうして今日がまたはじまる

with a kiss, passing the key | 2020.06.28 Sun 00:00

簡単にでも

JUGEMテーマ:小説/詩 めちゃくちゃ凝りたい でも隠したいだから簡単に見える 詩の技術が不可欠  

かきなぐり日記 | 2020.06.27 Sat 20:17

葵マガジン 2020年06月27日号

JUGEMテーマ:小説/詩   ◇◆◇◆多重人格の急須2 〜肉じゃがは時空を越えて〜◆◇◆◇ 第6話 優美、凄む 後編(全40話)    しかし急須が音を立てて吐き出したのは、優美だった。気抜けする舞子の目の前で彼女は室内をぐるりと見回した。 「ふむ──なるほど」そういった後、優美はくるりと振り向いて舞子の肩をつかんだ。「舞子、ワームホールへのプランク数的マイナスエネルギー注入による時空間ループ化及びレーザービーム照射による物体移送理論について、聞く気がある?」 「──」舞子は魚類が乗り物...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2020.06.27 Sat 11:56

魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女 78

JUGEMテーマ:小説/詩    ばさばさばさ    とつぜん、鳥の翼のはばたく音が聞こえ、私たちはそちらを見た。 すると。 「まあ」最初に声をあげたのは、祖母だった。「なんて美しいの」  私たちが見たのは、一羽の鳥――小柄な、ふくろうだった。  けれどそれは今まで見たこともない、色合いをしていた。  頭から尾にかけて、緑から黄色、そして金色とグラデーションのように変わってゆき、翼と嘴もベージュがかった金色、そして目が赤かった。  そのふくろうは屋根の上に降り立ってすぐ、人の形に...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2020.06.23 Tue 07:46

泥棒の夢

JUGEMテーマ:小説/詩   泥棒3人(うち2人子ども) が堂々と家にやって来る夢を見た 堂々と色々持って帰ろうとする   やっぱり高いものを持ち出そうとする 安いもので妥協してもらおうと 交渉したりで闘うも、しつこくて 隠れて警察に電話する (ドキドキした) でもなかなか来なくて も一度かけたら 「あと7分で着きます」   泥棒増える 仲間2人(大人)来る 来てすぐ、なんだかんだで 5人は何も盗らず帰ろうとする わたしは7分後に来た警察に 嘘...

かきなぐり日記 | 2020.06.22 Mon 15:21

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!