• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

小説/詩

このテーマに投稿された記事:65161件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c279/32/
小説/詩
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

満ちる

ぼんやりと した、 ぼんやりと まるく、 少しの零れる、 少しの ただぼんやりと 輪郭が曖昧 というより、 全く無く、 ただ少し色を帯びた、 それは光りの 集まる 虫のような 私たち 光が消えれば 誰もいなくなる   ただ、 今は、 ぼんやりとした 何となく、 ぼんやりとした、 何となく、 その光源は、 外にあるものではない ただ、 何となく ここにあって、 あそこにはない   あそこにあるのは ここにあるもの   ...

誰でもないものの「区域」 | 2021.08.17 Tue 02:58

 メスを握る。切る。溢れる血液を綿が吸う。看護士が私の汗を拭く。切り開く。刺す。固定する。腫瘍が覗く。それは唇のような形で、かすかに笑みを浮かべている。切除、摘出する。傷口を縫う。  白い部屋から患者の乗った担架が倍速再生で出ていき、私だけが取り残される。業者が清掃するなか、私は立ち尽くしている。次のオペの準備がなされ、次の患者の乗った担架が運びこまれる。そこで再生速度が戻る。手を消毒する。  ナイフを握る。切る。血液は手術衣を赤く染めてなお溢れ出す。看護士を見る。彼女は大きく口を開いて私に...

水平線上の雨 | 2021.08.16 Mon 01:00

詩『憑きもの:The Possessed』

Eに

with a kiss, passing the key | 2021.08.15 Sun 00:00

詩『ジェニーの肖像:Portrait Of A Jennie』

Hに

with a kiss, passing the key | 2021.08.08 Sun 00:00

#負社員 第24話 カワイゲってどこに生えてる毛ですか

JUGEMテーマ:小説/詩   「吸収能が最高だって」鯰が言った。「この空洞放射にアルベドはあり得ないって言ってる」 「んな?」結城が言葉にならぬ問い返しをした。 「シュテファンとボルツマンが踊り狂うのが見えるって」鯰は容赦なく続ける。 「はは」天津だけが笑う。「なるほど、弾けるぐらい楽しいわけだ」 「いや、なるほど?」結城が天津を振り向いて叫ぶ。「何がなるほどなんすか?」 「要するに、この空間内の電磁波が平衡状態に到っているということだろう」時中が説明する。 「それのどこが楽しいので...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2021.08.07 Sat 12:05

飴色

透明な飴色の空。濃い、詰まったかのような解像度、が増す。何かの達するものか、その前か。白さを増し光りは八方に引き裂かれ、ただ妖怪の様な恐竜の様な巨大なる空白。地上は熱を持ち、網戸は虹色に拡散す。   ソファーに移る。 広島 テレビから放送。   外はオレンジ。部屋の壁の影。満ちたところから零れる輪郭。不動。 ヘリコプター、大通りのオリンピック放映。 風は未だ吹かない 道路は熱を持ち疾走、その描く直線。   光りが揺らぐ、瞳孔のフォーカス。 あなたの家の時...

誰でもないものの「区域」 | 2021.08.06 Fri 18:11

負社員 第23話 今、何かがこの辺りを歩き回っている

JUGEMテーマ:小説/詩    ず  ず  ずず  ずずずず……    岩は、目に見えないほどほんの僅かずつ動きながらも、自身ではなにか、自分が今にもぱちんと音を立てて弾け飛んでしまいそうな“感じ”が、していた。  ――こういうのを、なんというのだろう――  なにか、こういう“感じ”がする時に、人間たちが口にする言葉があったはずだ。  ――何だったか――    ず  ずず  ず  ……  ずずず    それを思い出すまでに、...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2021.08.01 Sun 20:44

苦情物件

JUGEMテーマ:小説/詩   「ふう。やっと終わった」202のAは一息ついて、缶ビールをぷしゅっと開けた。引越しの荷物がなんとか片付いたところだ。時刻は夕方六時を回っていた。  一人暮らしの1Kアパートとはいえ、思った以上に細々したモノはあるもので、この週末は引越し作業に文字通り没頭する二日間だった。  ビールをちびちびやりながら、スマホで友人たちに引越し完了報告をしていった。とはいえほぼネットやゲームつながりの友人たちなので、皆を呼んでホームパーティーを開こうなどという次元のもので...

葵むらさき言語凝塊展示室 | 2021.08.01 Sun 11:03

詩『百貨店にて:At A Department Store』

Lに

with a kiss, passing the key | 2021.08.01 Sun 00:00

表面が触れるもの

緊張、弛緩。緊張、眼球、何を見てるのだろう、空では無い。部屋でも無い。何処だろう。何処だろう。眼球の触れる、ちょっと先。そこが恐ければ、ここも怖くなる。それは緊張。誰だろうか、私を、。誰もいない。喜びと楽しさと、日々があり。弛緩の時、何を見ているのだろうか、何も未だ、いや、もう、見えない。移動、空間。交通、人、自転車。何とも不安になる。落ちた先には何があった?自己憐憫。それで良い様な、。誰が許さない?誰が。 夜が来る。畳の部屋の灯りを消す。外の灯りもコンビニと、他。車は何処へ向かう。な...

誰でもないものの「区域」 | 2021.07.31 Sat 22:45

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!